西岸寺(油懸地蔵)(駒札)

内容概要

 油懸山(あぶらかけざん)地蔵院西岸寺と号する浄土宗の寺で、天正18年(1590)雲海(うんかい)上人によって創建された。  地蔵堂には、俗に油懸地蔵と呼ばれる石仏の地蔵尊を安置している。寺伝によれば、むかし山崎(乙訓郡)の油商人がこの地蔵尊に油を灌(そそ)いで供養し行商に出たところ、商売が大いに栄えたといわれ、以後、この地蔵尊に油をかけて祈願すれば願いが叶うといわれ、人々からの信仰を集めている。 境内には、「我衣(わがきぬ)にふしみの桃のしづくせよ 芭蕉」と自然石に刻まれた句碑がある。これは、貞享2年(1685)当寺の第3世住職任口(にんく)(宝誉)上人を訪ねた芭蕉が、再会の喜びを当寺の伏見の名物であった桃にことよせて詠じたもので、碑は、文化2年(1805)に建設された。  なお、地蔵堂は、明治維新の鳥羽伏見の戦いで類焼したため、昭和53年(1978)に再建された。伏見区下油掛町

【正式名称】
西岸寺(油懸地蔵)
【住所】
下油掛町898
地図表示

周辺情報

此付近伏見銀座跡  これより北方の銀座町は江戸時代のはじめ、徳川家康によってはじめて銀座がおかれたところである。銀座とは、鋳を加工して一定の品位をもつ丁銀、小玉銀などの銀貨とする独占鋳造所のこと...
宝福寺  久祥山と号し、曹洞宗の寺でむかし三十石船で伏見港に着いた旅人達がよく参詣したといわれる木挽町の金毘羅さんで知られている。

 もとは「伏見久郷」の内の森村にあったが、応仁の乱...
宇治川派流域の歴史 伏見港・宇治川派流は文禄三年(一五九四)豊臣秀吉の伏見城築城にともなう建築資材を運ぶため、宇治川の流路改修工事によりつくられた内陸の河川港です。
伏見城の外堀であった濠川につな...
長建寺  東光山と号し、真言宗醍醐派に属する。八臂弁才天(鎌倉時代後期作)を本尊とし、一般に「島の弁天さん」の名で知られている。

 元禄12年(1699)、伏見奉行建部内匠頭政宇(た...
寺田屋騒動址  文久2年(1862)4月、尊皇攘夷派の先峰であった薩摩藩士9名が殺傷されるという明治維新史上有名な寺田屋騒動が起こった所である。

 当時、薩摩藩には藩主の父、島津久光(ひさ...
京橋  この橋を京橋という。橋下の流れは宇治川に注ぎ、淀川に通じている。

 淀川の水運は、古くは京・大阪を結び、また琵琶湖を経て、遠く東海道・北陸とも連絡する交通上の大動脈であった...
源空寺  宝海山(ほうかいざん)と号する浄土宗の寺で、円光大師(法然)の霊場25ヶ所の一つに数えられている。

 寺伝によれば、建久6年(1195)忍空(にんくう)上人によって、はじめ...
日本最初の市電・中書島 我が国最古の電車路線であった伏見線(塩小路高倉~中書島間)七・一キロメートルと稲荷線(勧進橋~稲荷間)〇・七キロメートルは昭和四十五年三月三十一日限りをもって廃止した。
伏見線...
西岸寺 ある時、山崎の油商人が門前で転び、油をほとんど流してしまった。災難とあきらめ、残りの油を地蔵さんにかけて供養したところ商売繁盛し、大金持ちになったという。1590年(天正18)岸誉雲...
辨財天長建寺 真言宗醍醐派。一般に‘島の弁天さん’と親しまれている。1699年(元禄12)伏見奉行建部内匠頭政宇(たけべたくみのかみまさのき)が中書島開発の際、深草大亀谷の即成就院から塔頭多聞院を分...
伏見大手筋 昔の伏見城の南を東西に貫く、伏見区の代表的な商店街。豊臣秀吉の城下町で、城の大手門に通じる道。かつてこのあたり、南北通がメーンのため家の正面は南北通に面し、従って大手筋は横壁が...
河童資料館 河童(カッパ)をキャラクターとして五十有余年。黄桜といえばカッパ、カッパといえば黄桜の河童資料館。河童の世界をわかりやすくテーマ別に展示し、河童のことなら何でも分かる。興味深く...
伏見銀座跡 伏見区銀座町1・2・3・4丁目。徳川家康が関ケ原合戦に勝利し翌年の1601年(慶長6)5月、伏見に設けた銀貨鋳造発行所。当時伏見は日本最大の城下町であり、中央政治都市。現在、両替町5丁目か...
寺田屋 寺田屋は伏見の船宿。文久2(1862)年4月23日、薩摩藩急進派有馬新七(1825~62)以下35名が関白九条尚忠(1798~1871)と京都所司代の殺害を計画して集結した。薩摩藩は藩士を鎮圧に向かわせたが...
キザクラ・カッパカントリー 懐かしのテレビCM、お酒と河童(カッパ)のことなら何でもわかる黄桜記念館。京都地ビールの魁(さきがけ)となった「黄桜麦酒」、ここでしか購入できない限定清酒の他、魅力の商品を多数取...
月桂冠大倉記念館 酒の博物館「月桂冠大倉記念館」では、酒造りや日本酒の歴史をわかりやすく紹介しており、昔の酒造用具を行程にしたがってご覧いただけます。ロビーで吟醸酒やプラムワインの試飲もできます...
おくつろぎ処・おみやげ処 伏見夢百衆 大正時代に建造された月桂冠株式会社の旧本店社屋を活用した伏見夢百衆。おみやげ処として伏見の清酒約100種をはじめ、様々な伏見名物を販売。また、喫茶ではきき酒やお酒の仕込み水で点てた...
伏見風呂屋町商店街振興組合 昭和23年に風呂屋町の商店が集まり、地域の発展のため商盛会を結成、昭和39年には法人化する。平成4年には大手筋・納屋町・風呂屋町の3商店街振興組合がラジオ活性化事業(がんばっていま...
伏見大手筋商店街振興組合 豊臣秀吉が築城した伏見城の表門にあたる大手門に続く道として誕生した大手筋通りは、大正12年に「すずらん灯」を設置したおしゃれな商店街としてスタートし、時代とともにその姿を変えてき...
納屋町商店街振興組合 伏見城築城とともに大規模な伏見の町が形成され、城下町としての機能を備えていく中、この地も京都と大阪をつなぐ中継地的な役割を担うようになる。明治42年に納屋町進商会が発足、翌43年に...
竜馬通り商店街振興組合 坂本竜馬であまりにも有名な寺田屋のすぐ東に蓬莱橋がある。この橋の北詰から北上する幅約3メートル程の通りが竜馬通り商店街である。竜馬の経済人としての才能にあやかり、それまでの南納...
辨天祭 柴燈(さいとう)大護摩供は19時30分頃。真言宗醍醐派の修験者40名からなる行者が、護摩の修法を行います。