善峯寺(駒札)

内容概要

当山は天台宗単立寺院で、西国三十三所第20番札所であり、本尊千手観音を祀る。 平安中期の長元2年(1029)源算上人により開かれる。長元7年(1034)後一条天皇より鎮護国家の勅願所と定められ、「良峯寺」の寺号が下賜される。建久3年(1192)後鳥羽天皇より現在の「善峯寺」の宸額が下賜される。また白河天皇や後花園天皇により伽藍寄進整備がなされ、後嵯峨天皇や後小松天皇など皇室の御崇敬をうけた。鎌倉時代には慈鎮和尚や証空上人が住職を勤め、また西山宮道覚入道親王や青蓮院門跡より多くの親王が住され、他にも多数の僧の入山により、室町時代には僧坊52に及んだが、応仁の乱により大半の坊が焼失した。その後、江戸時代には徳川5代将軍綱吉の生母である桂昌院を大檀那として、現存の鐘楼・観音堂・護摩堂・鎮守社・薬師堂・経堂が復興されて、幾多の貴重な什物が寄進される。 現在の当山は所有地36万坪、境内地3万坪、多くの堂塔伽藍ならびに数百点にのぼる貴重な什物を受継いでいる。桜・あじさい・秋明菊・紅葉など季節の彩り、京都市内の眺望が特徴である。特に多宝塔前にある、樹齢600年以上の五葉松は国指定天然記念物で「遊龍の松」と呼ばれる。西京区大原野小塩町

【正式名称】
善峯寺
【住所】
大原野小塩町
地図表示

周辺情報

三鈷寺  西山宗の総本山であり、四宗(天台、真言、律、浄土)兼学である。

 平安中期の承保元年(1074)、叡山の源算(げんさん)上人が草庵を建て、往生院と号したのが当寺の起こりである...
三鈷寺 西山宗本山。開山は源算上人で、1074年(承保1)建立の往生院が前身。四祖證空(西山国師)が念仏道場として発展させた。背後の山容が仏具の三鈷に似ていることから三鈷寺と改めた。本堂前...
善峯寺 1029年(長元2)源算上人が創建。西国三十三ヵ所第20番札所で、西山の名刹。境内にある遊龍の松(天然記念物)は、高さ2メートル余だが、横へ37メートル以上も幹を伸ばし、龍の姿に似ている...
善峯寺 文殊寺宝館 重要文化財の大元帥明王軸をはじめ、仏像・絵画工芸品や徳川五代将軍綱吉生母桂昌院ゆかりの品など約1,200点より約120点を(平成29年春期特別公開  4月1日~16日、4、5、6月土日祝 秋期特別...
善峯寺 善峯坐禅石 善峯寺。源算上人が開山する祭に、魔障が現れ、源算上人は、この岩の上で坐禅をして魔障を退散させたという。山麓から仁王門に至る参道の山道中程、南側にある。
善峯寺庭園 善峯寺の境内地は約三万坪あり、四季折々の花を楽しむことができる。春は桜、夏はあじさい、秋は秋明菊。11月からの紅葉が特に美しい。境内からの眺望は京都随一で、開山堂・釈迦堂・薬師堂...