大悲閣(千光寺)(駒札)

内容概要

 正しくは、嵐山大悲閣千光寺(せんこうじ)と号する禅宗の寺である。  当寺は、慶長19年(1614)角倉了以(すみのくらりょうい)が、二尊院の僧、道空了椿(どうくうりょうちん)を中興開山に請じて建立した寺院である。了以は、我国民間貿易の創始者として、南方諸国と交易し、海外文化の輸入に功績をたてた人物で、国内においては、保津川、富士川、天龍川、高瀬川等の大小河川を開鑿(かいさく)し、舟運の便益に貢献した。晩年は、この地に隠棲し、開鑿工事に関係した人々の菩提を弔うため、この寺を建てたといわれている。  本堂には、了以の念持仏であった本尊の千手観音像及び法衣姿の木像了以像を安置している。  境内には、了以の子、素庵(そあん)が建立した林羅山(はやしらざん)の撰文による了以の顕彰碑や夢窓国師(むそうこくし)の座禅石と伝える大きな石がある。西京区嵐山中尾下町

【正式名称】
大悲閣(千光寺)
【住所】
嵐山中尾下町
地図表示

周辺情報

落柿舎  ここは、蕉門十哲の一人として名高い向井去来(慶安4年(1651)~宝永元年(1704))の閑居の跡として知られている。当時、庭にあった四十本の柿の実が一夜のうちにほとんど落ちつくし、か...
常寂光寺 日蓮宗の寺院である。慶長元年(1596)、本圀(ほんこく)寺十六世究竟(くきょう)院日禛(にっしん)が、この地に隠棲(いんせい)して開創した。寺域が小倉山の中腹を占め、幽雅閑寂...
常寂光寺 慶長年間に本圀寺の日しん上人の穏退所を寺にした。紅葉の美しい小倉山の中腹にあり、常寂光土に遊ぶような風情があるとこの名がつけられた。高さ12メートル余の多宝塔(重文)が美しい。小...
大悲閣 千光寺 ○嵐山中腹、100m地点。市内一望○豪商 角倉了以創建  了以翁等身坐像安置○芭蕉はじめ時代時代の文人遊行地
京都嵯峨 御髪神社 小倉池のふもと(小倉池の前)に鎮座。日本唯一理容・美容(化粧品・洗髪剤・育毛剤・カツラ等)にたずさわる業の始祖を祭神とする神社で、藤原鎌足の末孫、藤原采女亮政之(うねめのすけま...
大河内山荘庭園 この庭園は昭和初期の映画俳優大河内伝次郎(1898~1962)が百人一首で有名なここ小倉山からの雄大な風光に魅せられ、30年に渡り丹精こめて、こつこつと造りあげた優美な庭園です。桜や楓が...
落柿舎 落柿舎は嵯峨野の臍というべき地にひっそりと佇み、茅葺屋根の閑雅でどこか懐かしい佇まいを慕って、今も昔も訪れる人の絶えない、日本文学の大切な史跡である。芭蕉がその門人の中でも最も...
津崎村岡局の銅像 この銅像は、幕末の勤王家津崎村岡局の像で、昭和3年(1928)建立。村岡局、名は矩(のり)子。天明6年(1786)嵯峨の生まれ。尊王攘夷派の公卿近衛忠ひろ(ただひろ)に仕え、村岡局と名の...
常寂光寺庭園 常寂光寺山門から仁王門、本堂へと続く山道は、秋には約200本の紅葉のトンネルとなる。伏見城の客殿を移した本堂西には細長い小池があり、さらに多宝塔、歌僊詞へと続く。山内には山草園があ...
二尊院庭園 小倉山を背景に建つ二尊院の薬医門をくぐると楓が立ち並ぶ「紅葉の馬場」と呼ばれる広い参道。本堂南、木立の中に茶室御園亭。※本堂改修工事のため、本堂拝観はできません。(平成27年2月~...