十輪寺(駒札)

内容概要

 小塩山(おしおざん)と号する天台宗の寺院である。  寺伝によれば、嘉祥3年(850)染殿(そめどの)皇后(藤原明子(ふじわらのあきらけいこ))が、安産祈願のため、比叡山の恵亮(えりょう)和尚を開山に請じて創建したものと伝えられている。以後、勅願所として栄えたが、応仁の兵火により堂宇は焼亡してしまった。その後、江戸時代の寛文年間(1661~73)に、公卿の藤原定好(さだよし)により再興され、さらに、藤原常雅(つねまさ)により堂宇が整備され現在に至っている。  鳳輦形(ほうれんがた)をした本堂には、染殿皇后の安産祈願に霊験のあったといわれている本尊の地蔵菩薩(腹帯地蔵)及び、花山天皇が西国巡礼に背負ったと伝える十一面観音(禅衣(おいずる)観音)を安置している。  なお、当寺には、平安時代の六歌仙の一人である在原業平(ありわらなりひら)が、塩焼をした塩竈の跡や業平の墓と伝える宝篋印塔がある。  また、毎年5月28日には、業平忌三弦法要が営まれる。西京区大原野小塩町

【正式名称】
十輪寺
【住所】
大原野小塩町
地図表示

周辺情報

業平忌 5月28日、十輪寺。平安期の六歌仙の一人・在原業平の命日。晩年、好んでこの寺に住んだことから、この日は同寺伝統の三弦で法要を営む。一弦琴、邦舞、声明舞、朗詠等々の奉納がある。(拝観...
十輪寺 天台の古刹。850年(嘉祥3)文徳天皇が染殿皇后の安産祈願のため伝教大師作の延命地蔵を安置したのが起こり。在原業平晩年閑居され、塩焼きの風情を楽しんだと言う、塩がまの旧跡と宝篋印塔...
塩竈清祭 11月23日、十輪寺。塩焼きは平安時代、貴族の野遊びの一種として、その風情を楽しんだと言われる。平安の六歌仙の一人、在原業平が塩焼紫の煙に思いを寄せて二條后におくったという古事にち...
声明と三弦を聞く会 6月第3日曜、十輪寺。仏教音楽の調べ「声明」を聞き、三弦と調和する音の秘密に迫り、日本民謡の源流と法要内容がわかる文化講座的なものである。阪急バス/小塩、徒歩1分。問合先:十輪寺075...