大原野神社(駒札)

内容概要

 祭神として、奈良の春日大社と同じ建甕槌命(たけみかづちのみこと)、経津主命(ふつぬしのみこと)、天児屋根命(あめのこやねのみこと)、比売大神(ひめのおおかみ)の四大明神を祀っている。  当初は桓武天皇の皇后である藤原乙牟漏(おとむろ)の意によって藤原氏の氏神として長岡京に勧請されたが、嘉祥3年(850)藤原冬嗣(ふゆつぐ)の奏請により神殿が建てられ、京都の守護神としてこの地に祀られたものである。  平安時代の中期には藤原氏の隆盛とともにその氏神として大きな地位を占め、天皇や皇后の崇敬も厚く、官祭である大原野祭には勅使が派遣されていた。また、伊勢の斎宮(いつきのみや)や加茂の斎院(いつきのいん)にならって当社にも斎女(いつきめ)がおかれていた。しかし、応仁の乱後は社運が次第に衰え、祭儀も途絶えがちになり、社殿は荒廃した。現在の春日造総檜皮葺の本殿は慶安年間(1648~1652)に再建されたものである。  境内には奈良の猿沢の池を模した「鯉沢(こいざわ)の池」や古歌に多く詠まれた「瀬和井(せがい)の清水」と呼ばれる名水がある。西京区大原野南春日町

【正式名称】
大原野神社
【住所】
大原野南春日町
地図表示

周辺情報

勝持寺(花の寺)  小塩山(おしおざん)と号する天台宗の寺で、通称、花の寺と呼ばれている。

 寺伝によれば、白鳳8年(680)に役小角(えんのおづね)が、天武天皇の勅により創建し、その後の延暦1...
正法寺 真言宗東寺派に属する。寺伝によれば、天平勝宝六年(七五四)鑑真和上とともに唐から来朝した智威大徳の修禅の地で、春日禅坊と称したといい、また、延暦の頃、伝教大使が智威大徳のため、...
宝菩提院 願徳寺  当寺は山号を 仏華林山 宝菩提院 願徳寺とする天台宗の寺院である。
寺伝によると奈良時代の少し前,白鳳八年(六七九年)に持統天皇の願いにより,向日市寺戸に創建された寺院で,当時は...
大原野神社 桓武帝が長岡京遷都のさい皇后の氏神、奈良の春日明神をここに分祀したのが起こり。850年(嘉祥3)には社殿が造営され、春日造りの丹塗りの壮麗な本殿、猿沢池を模した鯉沢池も造られた。方...
正法寺<西京区> 鑑真の高弟智威大徳の修行の地を最澄が寺にした。宝生殿の大黒天は足が動いているようにみえることから‘走り大黒’と呼ばれる。動物の形をした石200トンを集めた庭があり「石の寺」で有名。珍...
大原野神社例祭 4月8日、大原野神社。春の例祭で、大原野産のたけのこの初堀りを神前に供えて国家安泰を祈る祭典が営まれる。この時期は境内にある100本の桜が満開になる。阪急バス/南春日町、徒歩8分。問合...
御田刈祭 9月第2日曜、大原野神社。御田刈祭神事の後、少年横綱土俵入奉納や、神力士が清めの塩を半紙に包んだものを口にくわえ、四本柱を酒で清めて相撲をとる神相撲神事が行われる。また、地域の小...
勝持寺 西京区大原野南春日町。“花の寺”とも呼ばれ、境内に約100本の桜がある。1140年(保延6)この寺で出家した西行法師が植たといわれ、鐘楼の傍らに銘木「西行桜」がある。開創は白凰時代(672 -...
宝菩提院願徳寺 地図に載っていない京都一小さな拝観寺院。凛とした観音様がおられます。本尊は国宝の如意輪観世音半跏像です。ホームページ http://www.gantoku.or.jp
大原野神社 瀬和井 名水の一つ。参道途中にある。「伊勢物語」「古今和歌集」に詠われた。清和天皇の産湯に使われたと伝わる。
勝持寺 鏡石 通称「花の寺」。不動堂の前にあり、その傍らには「西行姿見ノ池」という小池がある。鏡石は光沢があり、西行が剃髪に用いたものと伝える。天台宗。
正法寺庭園<西京区> 西京区大原野の正法寺の池の側には樹齢80年の見事な紅枝垂桜。室生殿前に広がる石庭には全国各地から収集し、動物の形に見立てた石が配されている。