鹿王院(駒札)

内容概要

 覚雄山(かくゆうざん)と号し、臨済宗の寺院である。  康暦二年(1380)、足利義満が春屋妙葩(しゅんおくみょうは)(普明国師)を請じて、この地に大福田宝幢禅寺(ほうとうぜんじ)を建立し、更に嘉慶元年(1387)、その境内に開山塔を建て、鹿王院と称したのが当院の起こりである。宝幢禅寺は、京都十刹の第五位に位し、近在の天竜寺、臨川寺と並び違容を誇ったが、応仁の乱後に退転して、当院に合併された。寛文七年(1667)に至り、酒井田忠知の子虎岑(こしん)が当院堂舎を修復し、現在に至っている。  仏殿(開山堂)には、本尊釈迦如来像、普明国師像、足利義満像を祀る。舎利殿には、源実朝が宋から求めたという仏牙舎利を納めた宝塔を安置し、毎年10月15日に開扉される。  寺宝としては、夢窓国師画像、明兆筆釈迦三尊及び三十祖画像など、多くの貴重な文化財を蔵する。右京区嵯峨北堀町

【正式名称】
鹿王院
【住所】
嵯峨北堀町24
地図表示

周辺情報

斎明神社  祭神 天照大神

 当神社は、通称、神明神社といい、社伝によれば、康永3年(1344)天龍寺塔頭慈済院開山佛慈和尚により、慈済院の鎮守として創建されたという。

 現在の本殿は、...
竜門橋(歌詰橋) つぼのうちにほひし

     花はうつろひて

       霞ぞ残る春のしるしに



歌人西行がこの橋のたもとにあった酒屋で歌を読みあい、この歌の返歌に詰まったとの伝説がある。

...
車折神社  平安時代末期の学者で、明経(みょうぎょう)博士の清原頼業(きよはらよりなり)公(1122~89)を祀る。  社伝によれば、後嵯峨天皇が、牛車に乗ってこの社前を通ろうとした時、...
車折神社 平安末期、天皇に仕えた儒学者清原頼業を祭る。金運、良縁、学業の神で、参詣者は祈念神石を社務所で授かり、祈願成就のとき倍にして返す習わし。社名の由来は後嵯峨天皇の牛車の引棒が社前...
重陽祭<車折神社> 9月9日、車折神社。参拝者の健康と美容の向上を祈る。神前に菊の花束と餅の上に菊を供え神事を営む。その後、冠に菊の花を挿した舞人が舞楽を奉納する。祭典終了後、参拝者に菊酒がふるまわ...
火焚祭<車折神社> 11月23日、車折神社。かまどの守護神である奥津彦・奥津姫の2神を迎え、参拝者の様々な願い事が書かれた火焚串をかまどの形に積み上げて、四方の焚き口から点火する。大祓詞を唱えながら焚き...
鹿王院 右京区嵯峨北堀町。足利義満が1379年(康暦1)春屋妙葩(普明国師)を開山として建立した宝幢寺の開山塔である。本寺は応仁の乱で退転し、この一院だけ残った。臨済宗の単立寺院。本尊釈迦...
斎明神社 859年(貞観1)伊勢齋王に卜定された文徳天皇皇女恬子内親王が、嵯峨の野の宮に篭られた際、天照大神を祀って潔斎した旧跡と伝え、それに因んで1344年(康永3)天龍寺慈済院の仏慈和尚によっ...
嵯峨美術大学・嵯峨美術短期大学附属博物館 平成13年京都嵯峨芸術大学設立を機に、本部キャンパス内に建てられた。学生の創作意欲を刺激するため、また大学を地域の人々に開放し多くの人々との交流を深めるため設立され、展覧会は広く...
ホテルビナリオ嵯峨嵐山 ・室数28室(和室8室・洋室20室)※内洋室1室はバリアフリー対応・宿泊料金(税・サービス料込)  ツイン     14,000円から和室      13,000円から*宿泊料金は、客室の広さ・人...
民宿嵐山 ・室数10室(和室10室)・宿泊料金(税込)  1泊2食付 最低 7,350円~素泊り   最低 4,725円~その他(朝食付) 最低 5,775円~
花のいえ ・宿泊室数 21室(和室19室・洋室(車椅子対応)1室・和洋室1室) 定員66名・宿泊(定員利用)お一人様(税・サービス料込)1泊2食付13,662円~(割引期間は、11,880円~)※土曜・祝前日は、1,188...