遍照寺(駒札)

内容概要

 廣澤山(ひろさわざん)と号する真言宗御室派の準別格本山である。  当寺は、永祚元年(989)宇多(うた)天皇の孫にあたる寛朝(かんちょう)僧正が円融上皇の御願により広沢池北方の遍照寺山麓に創建したものである。醍醐寺を中心とする小野流では庶民出身僧侶の活躍が目立ったが、仁和寺を中心とする広沢流は名門貴族出身者が多く、当寺はその根本道場として名声を高めた。  かつては広大な寺域と荘厳な伽藍を有したと伝えられるが、14世紀の後宇多天皇の頃からしだいに荒廃した。寛永10年(1633)仁和寺門跡の内意により、本尊及び寛朝画像等を池裏の草堂に移して遍照寺の名跡を伝えた。  本尊の木造十一面観音立像及び木造不動明王座像は、いずれも一木調成の創建時の遺像で、重要文化財に指定されている。右京区嵯峨広沢西裏町

【正式名称】
遍照寺
【住所】
嵯峨広沢西浦町14
地図表示

周辺情報

広沢池  この池は宇多天皇の孫、寛朝(かんちょう)僧正が、永祚元年(989)ここに遍照寺を建立したときに造られたものと伝えられるが、一説にはこの付近一帯の用水池として掘られたものともい...
式内阿刀神社  式内阿刀神社は阿刀家の祖霊社である。 阿刀家は、かつてここで鎮魂伝を相承していた。また、阿刀家はここで嵯峨天皇の御作と言う天照大神のお木像をおまつりしていた。  昔は、この社...
遍照寺  989年(平安時代中期)宇多天皇の孫,寛朝僧正が広沢池畔の山荘を改めて寺院にしたものである。嵯峨富士と云われる端麗な遍照寺山を映す広沢池には金色の観世音菩薩を祀る観音島があっ...
印空寺 その昔、俳人松尾芭蕉が「名月や 池をめぐりて 夜もすがら」と詠んだといわれる広沢池の東200m、「一条山越通」交差点より西へ2軒目にあります。元禄元年(1688)に印空上人が時の仁和...
春季大祭<遍照寺> 4月29日、遍照寺。屋外に炉を組み、供物を献じ、不動明王に供養する柴燈護摩を焚く。家内安全、交通安全、無病息災、当病平癒、良縁成就、健康増進、除災招福、商売繁盛、学業成就、合格祈願...
嵯峨グレースホテル ・室数32室(和室31室・洋室1室)・宿泊料金(1泊2食・税別・サービス料込) バス付個人 最低15,000円~最高22,000円*宿泊料金は、客室の設備・広さ・料理、人数、シーズン・オフシーズン...