神護寺(駒札)

内容概要

 高雄山と号し、高野山真言宗の別格本山である。当寺は起源について一説には、もと高雄山寺といい、天応元年(781)愛宕(あたご)五坊の一つとして建立されたといわれ、また和気清麿(わけのきよまろ)が河内(かわち)国(大阪府)に建てた神願寺を天長元年(824)この地に移し、空海(くうかい)(弘法(こうぼう)大師)が住持となって、神護国祚真言寺(じんごこくそしんごんじ)と改稱したものともいわれる。その後寺運は次第に衰え、寿永3年(1164)文覚(もんかく)上人の中興もあったが、応仁の乱で再び衰え、豊臣・徳川氏などによって漸次修営され、現在に至っている。  大師堂(重要文化財)は桃山時代に再建されたもので納涼房といって、もと空海の住房であったと伝える。また鐘楼にかかる銅鐘(国宝)は貞観(じょうがん)17年(875)の鋳造で橘広相(たちばなひろみ)の序詞・菅原是善(これよし)の撰銘・藤原敏行の書で古来三絶の鐘といい、著名である。金堂内の薬師如来立像・多宝塔内の五大虚空蔵(ごだいこくぞう)菩薩坐像(いづれも国宝)のほか、多くの重要文化財を有する。右京区梅ヶ畑高雄町

【正式名称】
神護寺
【住所】
梅ヶ畑高雄町
地図表示

周辺情報

神護寺 真言宗の古刹。もとは和気氏の氏寺。809年(大同4)から14年間空海(弘法大師)が住持、その後、荒廃したが、平安末期、文覚上人が再興。国宝の薬師如来像をはじめ平安、鎌倉時代の仏像、絵...
虫払の行事 5月1日~5日、神護寺。虫干しのこと。期間中、同寺書院で寺宝の虫干しを兼ねて特別展観が行われる。絵画、古文書等国宝、重文65点。寛永年間(1624-44)からの年中行事という。有料。JRバ...
高雄観光ホテル ・室数19室(和室19室)・宿泊料金(1泊2食・税別・サービス料込) バス付個人  最低16,000円~最高25,000円バスなし個人 最低14,000円~最高18,000円*宿泊料金は、客室の設備・広さ・...
もみぢ家 本館 高雄山荘 ・室数15室(和室11室)(和洋室4室)・宿泊料金(1泊2食・税別・サービス料込)バス付個人  最低15,000円~最高28,000円*宿泊料金は、客室の設備・広さ・料理・人数、シーズン・オフシー...
もみぢ家別館 川の庵 ・室数8室(和室6室・和洋室2室)露天風呂付客室離れ2室、露天風呂付客室4室・宿泊料金(1泊2食・税別・サービス料込) バス付個人  最低19,000円~最高43,000円バスなし個人 最低15,000...