高山寺(駒札)

内容概要

 栂尾(とがのを)山と号する真言宗の寺である。  寺伝によれば、宝亀5年(774)光仁天皇の勅願によって開創され、当初、神願寺都賀尾(とがを)坊と称したが、建永元年(1206)後鳥羽上皇の院宣によって、明恵(みょうえ)上人が華厳宗復興の道場として再興し、寺名を高山寺と改めたと伝えられている。  広い境内(史跡)には、石水院(国宝)、開山堂、金堂などが建ち並び、中でも石水院は、鎌倉時代初期の寝殿風住宅建築で、後鳥羽院の賀茂別院を移築したものといわれている。  寺宝としては、鳥羽僧正筆の鳥獣人物戯画(国宝)をはじめ、数多くの貴重な文化財を蔵している。  また、境内の茶園は、鎌倉時代初期に明恵上人が栄西禅師から贈られた茶種を植えたところで、ここから全国に茶が普及したといわれている。この由緒から、毎年11月8日には、宇治の茶の製造業者から新茶が上人廟前に献上される。右京区梅ヶ畑栂尾町

【正式名称】
高山寺
【住所】
梅ヶ畑栂尾町
地図表示

周辺情報

西明寺  槙尾(まきお)山と号し、真言宗大覚寺派の準別格本山である。

 弘法大師の弟子智泉が開基し、鎌倉時代建治年中(1275~1277)和泉国槙尾山の自証上人が中興した。

 その後衰...
西明寺 天長年間(824~834)空海の弟子智泉が開創。平等心王院ともいう。現在の伽藍は1700年(元禄13)桂昌院の帰依により再建。本尊釈迦如来像(重文)は高さ51センチの小像で、高山寺明恵上人の...
高山寺<右京区栂尾> 774年(宝亀5)の開創。1206(建永元)年明恵上人が後鳥羽上皇の帰依を得て高山寺として中興開山した。栄西禅師から贈られたお茶の実を栽培し、苗が宇治へと伝わったことから、お茶の発祥の地...
高山寺  高山寺は鎌倉時代の前期、明恵上人(1173~1232年)が再興した寺院で,日本の茶の発祥の地として知られる。明恵上人は栄西禅師が宋から持ち帰った茶の実を山内で育て始めたと言われている...
もみぢ家 本館 高雄山荘 ・室数15室(和室11室)(和洋室4室)・宿泊料金(1泊2食・税別・サービス料込)バス付個人  最低15,000円~最高28,000円*宿泊料金は、客室の設備・広さ・料理・人数、シーズン・オフシー...