椿寺(地蔵院)(駒札)

内容概要

 正しくは昆陽山地蔵院といい、浄土宗の寺である。神亀3年(726)に、行基菩薩が聖武天皇の勅願によって摂津国の昆陽野池のほとりに建立した地蔵院が始まりという。その後、平安時代に衣笠山麓に移され、室町時代初期に戦災で焼失したが、足利義満が金閣寺建立の余財で再建し、天正17年(1589)に豊臣秀吉の命によって現在地に移った。  地蔵堂に安置する地蔵菩薩は、行基作の当初からのものと伝え、また、堂背後の板扉はもと北野神社にあった多宝塔の遺構とされる。  書院の前庭には、かつて、有名な「散り椿」(文禄の役(ぶんろくのえき)(秀吉の朝鮮侵略)の際に加藤清正が朝鮮蔚山城(うるざんじょう)から持ち帰って秀吉に献上し、さらに北野大茶会のときに当寺に献木されたもの)があったが、惜しくも枯死し、現在は樹齢約百年の二世椿が花を咲かせている。  境内には、忠臣蔵で有名な天野屋利兵衛(あまのやりへえ)の墓といわれるものや、与謝蕪村(よさのぶそん)の師にあたる夜半亭巴人(やはんていはじん)の墓などもある。北区大将軍川端町

【正式名称】
椿寺(地蔵院)
【住所】
大将軍川端町
地図表示

周辺情報

北野天満宮  菅原道真公を祀り、一般に「北野の天神さん」と呼ばれ、学問の神として崇められている。

 天暦元年(947)の創建と伝え、天徳3年(959)藤原師輔(もろすけ)によって社殿が整備...
大将軍八神社  当社は、平安建都の際に都城の方除(ほうよけ)守護神として造営されたのが始まりとされ、当初は大将軍堂と称したが、江戸時代初期になって大将軍社と改められ、更に大将軍八神社となって現...
御殿医奥渓家下屋敷跡  この茅葺(かやぶき)の門は長屋門(ながやもん)といい、かっては間口11間(約20メートル)もあった江戸時代中期の建物である。  持主の奥溪家は、九州大友氏ゆかりの家で、江戸時...
地蔵院<北区> 726年(神亀3)行基が創建。天正年間(1573-92)に衣笠山ろくから現在地に移った。北野大茶会のとき、宿となったこの寺に豊臣秀吉が寄進したという「五色八重散椿」が有名。当時の木は枯れ、...
大将軍八神社 桓武天皇が794年(延暦13)王城鎮護のために星神大将軍を勧請したといわれる社。社殿は昭和初年権現八棟造で造替。方徳殿に大将軍神像80体(重文)と陰陽道安倍家の古天文暦道資料(府文)が...
天門祭 10月第3日曜、大将軍八神社。前日の宵宮では餅を70mの長さに伸ばす「おろち餅」が大将軍八神社前の一条通で行われる。当日は祭典の後、神輿巡行。江戸時代に造られた京都風の重い神輿を、総...
選仏寺 臨済宗建長寺派。仏日が洛西の念仏寺を譲り受けて改宗、1761年(宝暦11)に現在地に移転し、選仏寺とした。重要文化財指定の絹本著色中峰和尚像は、中国元時代の禅僧中峰明本の頂相画で、現...
御前通 京都市街地西部の南北路。北は寺之内通から南は十条通までで北区から南区まで市内を貫く。一条通から南は平安京の西大宮大路に当たる。通り名は北野天満宮の前を通るため。なお正面通の東、...
仁和寺街道 市街の北西部にある道。上京区浄福寺通中立売下ル菱丸町から下竪町まで800メートル西行し、御前通を北上して一条通に出て妙心寺の北を通って仁和寺門前に至る。明治以降、下竪町から西へ馬代...
奥渓家住宅  大友宗麟(桃山期のキリシタン大名)の孫奥渓以三を先祖にもち、後水尾天皇の中宮(東福門院)の御典医を務めた。東福門院様崩御の後は家禄を返上して当屋敷(別荘)に移り住み、仁和寺宮門...
島津アリーナ京都 府民のスポーツ振興を図り、あわせて行事・催物にも利用できる機能を備えた施設。第一競技場と第二競技場に分かれている。他に健康体力づくりのためのトレーニングルームを備えている。また...
北野天満宮宝物殿 宝物殿は昭和2年(1927)、萬燈祭の記念事業として和風・洋風をおりまぜた当時としては最高の技術を駆使して建築されたもの。収蔵されているのは国宝北野天神縁起絵巻(えんぎえまき)を始め...
高津古文化会館 甲冑、刀剣を中心とした武器、武具類の収集は日本でも有数。他に江戸時代の風俗画屏風、狩野派、円山四条派の絵画、茶の湯の道具、京焼、漆工芸、近世大名婚礼調度など多岐に亘ってコレクシ...
大将軍八神社方徳殿 方位を司る陰陽道の星神「大将軍」をまつる大将軍八神社の「方徳殿」には、百余体の神像が収められ、そのうち80体は重要文化財指定。神像の多くは、大将軍信仰の最盛期でもあった平安中期か...
御土居 豊臣秀吉が都市改造の一つとして1591年(天正19)京都の周囲に築いた土塁(堤)。その跡10ヵ所が史跡。東は鴨川、西は紙屋川まで、北は鷹峯、南は九条まで総延長24キロにおよぶ高さ5メートル...
北野大茶会跡 豊臣秀吉が1587年(天正15)10月1日、北野天満宮境内で九州平定と聚楽第の竣工を祝って催した大茶会。この日秀吉みずから亭主をつとめるなど、1000人以上の参会者で賑わい、諸家の茶席に秘蔵...
北野天満宮 奇縁氷人石 境内茶室松向軒庭内にある。高さ約1メートルの石造角柱。頭部を欠くが表面に「奇縁氷人石」と刻し、右側側面に「たづぬる方」、左側側面に「おしゆる方」とある。
有職菓子御調進所 老松 北野天満宮の東門から東へ50m程の上七軒通りに位置する老舗。有職菓子とは古来より朝廷に伝わる儀式・典礼の際に用いられる菓子のことをいいます。和菓子作りの体験。お茶席等に出されてき...
大将軍商店街振興組合 平安時代の一条通(大将軍商店街付近)に「百鬼夜行」という怪異伝説がありました。夜の町辻を妖怪が行列をなして行進するというものです。古くなって捨てられた器物が「付喪神(つくもがみ...
西一条商店街 昔からの周山街道で、交通量の多かった一条通に昭和初期から並んでいた商店が、昭和26年に西一条繁栄会を結成。さらに昭和30年に協同組合を設立。西一条商店街の一条通りは周山街道の起...