建勲神社(駒札)

内容概要

 織田信長を祀る神社で、通称「けんくんじんじゃ」とも呼ばれる。  天下を統一した信長の偉勲を称え、明治2年(1869)明治天皇により創建された。同8年(1875)別格官幣社に列せられ、社地を船岡山東麓に定め、次いで現在の山頂に遷座した。  船岡山は、平安京正中線の北延長上に位置し、平安京の玄武に擬され、造営の基準点にされた所で、本能寺の変(1582)の後、豊臣秀吉が正親町天皇(おおぎまちてんのう)の勅許を受け、主君である信長の廟所を定めている。  信長着用の紺糸威胴丸(こんいとおどしどうまる)、桶狭間の合戦の際の義元左文字の太刀、太田牛一自筆本の「信長公記(しんちょうこうき)」などの重要文化財のほか、信長ゆかりの宝物を多数有する。  10月19日の船岡祭は、祭神・織田信長が永禄11年(1568)初めて入洛した日を記念したものである。北区紫野北舟岡町

【正式名称】
建勲神社
【住所】
紫野北舟岡町49
地図表示

周辺情報

玄武神社  祭神として、文徳天皇の皇子である惟喬親王(これたかしんのう)を祀り、別名惟喬社(これたかのやしろ)とも呼ばれている。  社名の玄武とは、青竜、白虎、朱雀とともに王城を守る四神...
引接寺(千本えんま堂) 光明山歓喜院引接寺とごうする寺院で、本尊として閻魔法王を祀り、一般に「千本ゑんま堂」の名で親しまれている。 開基は小野篁卿(八〇二~八五三)で、あの世とこの世を往来する神通力を有...
黄梅院  当院は、その前身を黄梅菴といい永禄6年(1563)武野紹鴎(たけのじょうおう)・今井宗久らの帰依により春林宗俶(そうしゅく)を開祖として小菴が営まれるに始まる。のち春林の弟子...
龍源院  本院は大徳寺南派の本庵で、文亀2年(1502)大燈国師八世の法孫東渓宗牧(とうけいそうぼく)を開山として、能登(石川県)守護畠山義元が創建したものである。

 方丈・唐門・表門...
西法寺  安居院(あぐい)と号し、浄土真宗本願寺派に属する。文禄二年(1593)、僧明円が安居院を再建し、名を西法寺と改めて真宗寺院としたものである。安居院とは、この近くにあった比叡山延...
称念寺(猫寺)  本空山(ほんくうざん)と号し、浄土宗知恩院派に属する。慶長11年(1606)茨城県土浦(つちうら)城主松平伊豆守信吉(いずのかみのぶよし)が師僧嶽誉(がくよ)上人のために建立...
高桐院  当院は江戸時代初期の武将で茶人としても有名な細川忠興(ただおき)(三斎(さんさい))が、父・幽斎(ゆうさい)の弟・玉甫紹琮(ぎょくほしょうそう)を開祖として建立した大徳寺の塔...
興臨院  当院は大徳寺の塔頭で、大永年間(1521~1528)能登の畠山義総が仏智大通禅師を開祖として建立したといわれ、みずからの法名を寺号とした。  当院の方丈・唐文・表門そして所蔵...
雲林院  雲林院は、平安時代の紫野の史跡である。この付近一帯は広大な荒野で、狩猟も行われていた。淳和天皇(在位823~833)は、ここに広大な離宮紫野院を造られ、度々行幸された。桜や紅...
三玄院  天正17年(1589)浅野幸長・石田光成・森忠政(蘭丸の弟)が、春屋宗園(しゅんおくそうえん)(大宝円鑑国師)を開祖とし、創建した。  小堀遠州・古田織部・薮内剣仲・長谷川等...
瑞峯院  当院は、天文4年(1535)九州の戦国大名大友義鎮(よししげ)(宗麟(そうりん))が建立した大徳寺の塔頭である。宗麟は、徹岫宗九(てっしゅうそうきゅう)を開祖にむかえ自分の菩...
応仁永正戦跡舟岡山  京都の西北隅に優美な姿をよこたえる舟岡山は、平安時代には、数々の祭祀が行なわれ、遊宴の岡でもあった。しかし、中世後期には、戦略の要地として、この岡をめぐる攻防戦が戦われた。そ...
池大雅の墓所  当寺、浄土宗浄光寺の境内墓地に、江戸時代文人画の大家池大雅の墓がある。墓は碑面に「故東山画隠大雅池君墓」と二行に記し、側面に淡海竺常(たんかいじくじょう)の撰文になる銘文を刻...
引接寺 高野山真言宗。開基小野篁卿(802~853)、開山定覚上人(1017-恵心僧都の法弟)、諸人化導引接仏道から寺名。本尊は閻魔法王(高さ2.4メートル)左脇に司命、右脇に司録を安置し、往古の裁...
高桐院 大徳寺塔頭。1601年(慶長6)利休七哲の一人細川忠興(三斎)の創建。利休邸移築の書院につづく茶室松向軒は秀吉の北野大茶会に用いられたものを移したと伝える。江戸初期につくられた庭に三...
興臨院 大永年間(1521-1528)に能登(現在の石川県)の守護、畠山義総が創建。その法名を取って寺名を興臨院とした。畠山家の衰退と共に荒廃するが、天正9年(1581)に前田利家によって屋根の葺き...
千本閻魔堂大念佛狂言 5月1日~4日まで、千本閻魔堂。壬生狂言、嵯峨大念仏狂言と並んで京の三大狂言の一つ。他の二つが無言であるのに対して、ここは有言の仮面喜劇。寛仁年間(1017-21)開山定覚が教言として始...
称念寺 1606年(慶長11)獄誉上人が浄土宗(総本山知恩院)に属す松平信吉公の帰依をえて創建。猫をかわいがった第3世還誉上人のころの「猫の報恩」の伝説が猫寺の由来。還誉上人が愛猫をしのんで植...
瑞峯院 大徳寺塔頭。キリシタン大名として知られる大友宗麟公が、1535年(天文4)菩提寺として創建。本堂、唐門、表門(ともに重文)は創建当時のもの。庭園は独坐庭と称し、砂紋(荒海)苔と石頭で...
建勲神社 天下を統一した織田信長の偉勲を称え、明治2年明治天皇が創建。1910年(明治43)船岡山の山腹にあった社を山頂に遷祀した。建勲の神号は明治天皇が下賜。明治8年別格官幣社指定。なお船岡山...
龍源院 大徳寺塔頭。文亀2年(1502)大徳寺の開山、大灯国師より第8世の法孫、東渓宗牧禅師を開祖として能登の領主畠山義元公、九州の都総督大友義長らが創建した室町時代最古の方丈建造物として国...
寶物曝涼展 10月第2日曜日、高桐院。虫干しを兼ねた年1回の寺宝の一般公開。国宝・李唐筆「絹本墨画山水図」ニ幅や、秀吉が北野大茶会で使用したものと伝わる重文・「絹本着色牡丹図」ニ幅などが見られ...
黄梅院 永禄5年(1562)、当時28歳の織田信長が初めて入洛した際に、父・信秀の追善菩提のために小庵「黄梅庵」を建立したことに始まる。本能寺の変によって信長が急逝すると、羽柴(後の豊臣)秀吉...
玄武神社 惟喬親王を奉斉し、4月第2日曜日に玄武やすらい祭を斉行する。京都北方の守護神社、各家庭の北の方位をまもる。
雲林院 船岡山の東麓にあり、初め紫野院と云い淳和天皇の御離宮であった「大鏡」、「源氏物語」、「古今和歌集」等、平安時代のほとんどの文献に登場する古刹である。元亨四年、敷地を宗峰妙超が賜...
三玄院 臨済宗大徳寺派。徳寺塔頭。開祖は春屋宗園和尚(大宝円鑑国師)。1589年(天正17)に浅野幸長・石田三成・森忠政の三名が、春屋宗園和尚を御開祖として創建。境内には石田三成、古田織部や...
船岡祭 10月19日、建勲神社。信長が初めて入洛した日を記念して催される。仕舞「敦盛」並びに舞楽が奉納される。年により、長篠の合戦にちなみ、火縄銃の三段撃ちの実射が奉納される。市バス/建勲神...
千本六斎念仏 8月14日午後7時、千本ゑんま堂にて開催される。8月7日から16日まで催される千本ゑんま堂「お精霊迎え・送り」の行事として奉納される。千本六斎会は西陣の土地柄を反映した華やかさが持ち...
池大雅の墓所 浄土宗浄光寺の境内墓地に、江戸時代文人画の大家池大雅の墓がある。墓は碑面に「故東山画隠大雅池君墓」と二行に記し、側面に淡海竺常(たんかいじくじょう)の撰文になる銘文を刻んでいる...
高桐院庭園 高桐院の方丈の庭は楓の庭。四季折々に変化に富んだ風情を楽しめるが、とりわけ紅葉が美しい。松向軒は細川忠興(三斎)ゆかりの茶室。平成10年度、書院「意北軒」と「松向軒」は創建当時の...
瑞峯院庭園 瑞峯院の庭園は、重森三玲の作庭になる現代の庭。方丈前の独座庭は室町時代の手法を用いた枯山水。方丈裏庭は、キリシタン燈籠を元に十字架に七個の石の流れを配した閑眠庭。庭をながめなが...
妙蓮寺十六羅漢石庭 妙蓮寺庭園には秀吉から賜った臥牛石(がぎゅうせき)・釈迦を中心とした枯山水で白砂に十六羅漢に見立てた置石が表情豊かに配置されており、また釈迦三尊石に見立てた獅子・象を形どった特...
龍源院庭園 龍源院の方丈北庭は青苔の中に点在する石組が印象的。方丈南庭は白砂と石組の枯山水。方丈の東には、5個の石のみで構成された簡素な壷庭「東滴壷」。
船岡山公園 建勲神社に隣接する船岡山の西北部一帯が公園で、約56,200平方メートルある。頂上付近からの市街地眺望は抜群。ツツジ、ハギ等、雑木林の中を遊歩道が延び、あずまや、藤棚などがある。開設...
協同組合 上千本会クーポン ほていや市場が核となり、食料品店を中心に商店街の原型が出来た。30年程前からクーポン事業や証紙事業に着手。近くには船岡山・千本えんま堂・釘抜き地蔵などがある。
秋の特別公開 大徳寺興臨院 室町時代創建の本堂・表門・唐門は、禅宗建築の代表作です。