吉祥院天満宮(駒札)

内容概要

 祭神として菅原道真を祀り、洛陽天満宮25社の一つに数えられている。  社伝によれば、道真の祖父清公(きよきみ)が、邸内に一宇を建立し、吉祥院と名付けて菅原家の氏寺としたのが、当社の起りで、承平4年(934)朱雀天皇が、自ら道真の像を刻み、この地に社殿を築き道真の霊を祀ったことから吉祥院天満宮と呼ばれるようになったと伝えられている。  境内には、道真が参朝の時、顔を写したといわれる「鑑(かがみ)の井」や「菅公胞衣(えな)塚」など道真ゆかりの遺跡が残っている。  また、この地は、古くから六斎念仏(ろくさいねんぶつ)が盛んに行われていたところで、今も吉祥院六斎念仏踊として継承されており、国の重要無形民俗文化財に指定されている。毎年、4月25日の春祭と8月25日の夏祭には、境内の舞楽殿でこの伝統芸能が奉納される。南区吉祥院政所町

【正式名称】
吉祥院天満宮
【住所】
吉祥院政所町
地図表示

周辺情報

吉祥院天満宮 朱雀天皇が菅原道真を尊崇して勅祀した初の天満宮。また遺唐使だった道真の祖父が船で唐へ向かう途中、海上で霊験を得たという吉祥天女を帰国後自ら刻みまつったのがはじまりといわれている...
吉祥院六斎念仏 8月25日午後8時、吉祥院天満宮(約1時間)。鉦(かね)や笛に合わせて太鼓の曲打ちや獅子舞を演じる。(4月25日春季大祭日にも同様な奉納がございます。)発願に始まり、つゝて、お月さん、...
春季大祭<吉祥院天満宮> 4月25日、吉祥院天満宮。本殿神事の中で、神楽「浦安の舞」が奉納される。前祭りとして25日の前の土曜日の昼過ぎからは(4月22日)子供神輿の巡行がある。午後8時から吉祥院六斎念仏が行なわれ...
三善院 菅原道真御帰依の十一面観世音菩薩安置。平安時代の文章博士三善朝臣清行卿が創建した寺。清行の八男浄蔵貴所が初代住職である。平成14年に二年掛けて改築し、浄土の楽土即ち佛の三千世界・...
夏季大祭<吉祥院天満宮> 8月25日、吉祥院天満宮。本殿神事の中で、巫女舞「豊栄の舞」が奉納される。地域の小中学の図画展が終日催され、午後8時から吉祥院六斎念仏が行なわれる。昼頃から午後9時すぎまで露店が立ち...
西国街道 南区四ツ塚町の東寺口から西へ向かい、唐橋川久保町で九条通と分かれ南西にとり久世橋、向日市の中心街、長岡京市神足、大山崎を経て西国へ向かう古道。長岡宮と平安京羅城門を結ぶ道筋のた...
手づくり工房 京都屋 漆器は、日本の伝統工芸の中で、唯一japanと云われています。加飾の職人さんと同様の作業工程で「加飾」を体験していただきます。体験を始める前に、「漆器について」の話をさせて頂きますの...
唐橋商店会 鎌倉時代に唐橋村として発達した所。昭和10年の九条通の拡幅、昭和12年の路面電車開通によって工場・住宅が建ち、それに伴い商店街ができた。会の結成は昭和57年。周囲には羅城門跡遺...