毘沙門堂(駒札)

内容概要

 護法山出雲寺と号する天台宗の門跡(もんぜき)寺院である。  大宝3年(703)創建と伝え、延暦年間(782~805)伝教大師(でんぎょうたいし)が下出雲路(しもいずもじ)で自ら作った毘沙門天を安置して下出雲路寺と名づけ、天台宗をひろめたので、世人はこれを毘沙門堂と呼んだ。中世以降、たびかさなる戦乱で荒廃し、天正年間(1573~91)に織田信長の兵乱で堂宇を全焼した。慶長16年(1611)に天海僧正が後陽成天皇の勅命によって再興をはかり、中途で天海が亡くなったため、その高弟公海が遺志を継いで寛文5年(1665)に再建され、以来、代々法親王が入室されて毘沙門堂門跡と称された。  本堂には伝教大師作の毘沙門天を本尊としてまつっている。山科区安朱稲荷山町

【正式名称】
毘沙門堂
【住所】
安朱堂ノ後町
地図表示

周辺情報

瑞光院  紫雲山と号し、臨済宗大徳寺派に属する。  慶長18年(1613)因幡(いなば)国(鳥取県)若桜城主山崎家盛が大徳寺琢甫和尚を開山に請じて一寺を建立したが、家盛の没後、その法号...
双林院 本尊は、大聖歓喜天。1665年(寛文5)公海大僧正によって毘沙門堂とともに再建。聖天さんは、十一面観音と大日如来の化身の姿という。頭が象で、首から下は人間の姿。二体が向かい合って抱擁...
毘沙門堂 天台宗の門跡寺院。七福神のお一人で毘沙門天を本尊とする。703年(大宝3)行基の創建と伝え、1665年(寛文5)天海大僧正とその弟子公海大僧正によって現在地に再興。代々法親王が住持。宸殿...
瑞光院 慶長十八年(1613年)・因洲若桜城主山左馬亮家盛公が大徳寺の琢甫宗林和尚を開基として創建された。赤穂、浅野長矩公の墓(大石良雄建立)赤穂義士46人の遺髪埋葬の塔を中心とした廟所。浅...
山科毘沙門堂観桜会 4月8日に近い日曜日(1日限り)、毘沙門堂。筝(琴)の生演奏と共にお茶席(AM10:00~PM3:00、有料)が設けられる。JR/山科駅。問合せ先:毘沙門堂075-581-0328。拝観料は別料金。平成29年4...