随心院(駒札)

内容概要

 真言宗小野流の大本山で、正暦2年(991)弘法大師第8世の法孫仁海(にんがい)僧正の開基であって、もと牛皮山曼荼羅(ぎゅうひざんまんだら)寺といった。当院は真言宗小野流発祥の地であって、第5世増俊が塔頭に随心院を建立し、第7世親巌の時、後堀河天皇より門跡(もんぜき)の宣旨をうけ、以来、小野曼荼羅寺御殿随心院門跡と称した。その後、応仁の兵火で炎上したが、慶長4年(1599)九条家から入った第24世増孝が再興し、今日にいたっている。  本堂は再興当時のもので、本尊如意輪観世音菩薩像のほかに、阿弥陀如来像(重要文化財)及び快慶作の金剛さった像等を安置する。書院は徳川秀忠(ひでただ)夫人天真院尼の寄進である。  この附近は、小野小町の旧跡と伝え、境内には小町文塚、化粧の井戸があり、小町の艷書をはったという地蔵菩薩も安置されている。  なお、境内地は昭和41年6月21日文化財保護法による史跡に指定された。山科区小野御霊町

【正式名称】
随心院
【住所】
小野御霊町35
地図表示

周辺情報

はねず踊り 3月最終の日曜、隨心院。ちょうどはねず(うすべに色)の梅が咲くころ。小野小町を偲ぶ土地の童唄と踊りが、隨心院前庭の梅林に舞台を組んで催される。小野小町・少将に扮した少女の踊りが人...
隨心院 991年(正暦2年)の創建。本堂には、本尊如意輪観音坐像、定朝様式の阿弥陀如来像(重文)、快慶作金剛薩た像(同)を安置。ここは小野小町邸跡といわれ、小町作と伝える文張地蔵や化粧井戸...
隨心院庭園 回廊が結ぶ隨心院の建物に大小の坪庭が配され、苔、皐月、石楠花が彩りを添える。滝の石組の風情も趣深い。小野小町ゆかりの地である。
隨心院<写経・写仏> 小野小町の邸宅跡とされるこの寺院の写経道場で写経や写仏ができる。不動明王や千手観音などの数種類の仏画の中から選んで写す。写経・写仏とも最後に願い事と自分の名前を書いて奉納すると...