瑞光院(駒札)

内容概要

 紫雲山と号し、臨済宗大徳寺派に属する。  慶長18年(1613)因幡(いなば)国(鳥取県)若桜城主山崎家盛が大徳寺琢甫和尚を開山に請じて一寺を建立したが、家盛の没後、その法号にちなんで瑞光院と称したのが当寺の起りである。もと堀川鞍馬口にあったが昭和37年11月ここに移った。  元禄初期には当院第3世陽甫和尚が播州(兵庫県)赤穂城主浅野内匠頭長矩(たくみのかみながのり)夫人瑤泉院と族縁に当るところから、浅野家の香華祈願所となった。元禄14年(1701)長矩が江戸城中で吉良上野介(きらこうずけのすけ)に忍傷に及んで切腹したとき、当院内に供養塔が建てられ、また翌年上野介を討った大石良雄らが切腹したさい、その遺髪が寺内に葬られた。  境内には長矩、良雄ら46義士の墓のほか、良雄が生前愛したという梅の古木がある。  12月14日の義士討入りの日には義士ゆかりの寺として参詣する人が多い。山科区安朱堂ノ後町

【正式名称】
瑞光院
【住所】
安朱堂ノ後町
地図表示

周辺情報

毘沙門堂  護法山出雲寺と号する天台宗の門跡(もんぜき)寺院である。

 大宝3年(703)創建と伝え、延暦年間(782~805)伝教大師(でんぎょうたいし)が下出雲路(しもいずもじ)で自...
双林院 本尊は、大聖歓喜天。1665年(寛文5)公海大僧正によって毘沙門堂とともに再建。聖天さんは、十一面観音と大日如来の化身の姿という。頭が象で、首から下は人間の姿。二体が向かい合って抱擁...
毘沙門堂 天台宗の門跡寺院。七福神のお一人で毘沙門天を本尊とする。703年(大宝3)行基の創建と伝え、1665年(寛文5)天海大僧正とその弟子公海大僧正によって現在地に再興。代々法親王が住持。宸殿...
瑞光院 慶長十八年(1613年)・因洲若桜城主山左馬亮家盛公が大徳寺の琢甫宗林和尚を開基として創建された。赤穂、浅野長矩公の墓(大石良雄建立)赤穂義士46人の遺髪埋葬の塔を中心とした廟所。浅...
諸羽神社 祭神は天児屋根命、天太玉命など、六柱。貞観4年(862年)、清和天皇の勅により、社殿が造営され両羽大明神と称せられた。その後、両羽の文字も諸羽と改称された。社殿は応仁の兵火で、その...
神幸祭 10月第3日曜、諸羽神社。神輿2基が氏子町内を巡幸する。また、琴の演奏、野点、生花展示などが催される。JR、地下鉄東西線、京阪電車京津線、京阪バスの各山科駅及び京阪電車京津線四宮駅よ...
山科毘沙門堂観桜会 4月8日に近い日曜日(1日限り)、毘沙門堂。筝(琴)の生演奏と共にお茶席(AM10:00~PM3:00、有料)が設けられる。JR/山科駅。問合せ先:毘沙門堂075-581-0328。拝観料は別料金。平成29年4...