勧修寺(駒札)

内容概要

 亀甲山(きっこうざん)と号する真言宗山階派の大本山である。  寺伝によれば、昌泰3年(900)醍醐天皇が、生母藤原胤子(いんし)の御願により創建したと伝え、寺号は、天皇の祖父に当る藤原高藤(たかふじ)の諡(い)号をとって勧修寺と名付けられた。  本堂は、江戸時代に霊元天皇より仮内侍所を、書院と宸殿は、明正天皇より旧殿を賜って造られたといわれ、本堂内に千手観音像を祀る。  庭園は、氷室池を中心とした池泉回遊式庭園で、夏には、池の水蓮が美しい花を咲かせる。山科区勧修寺仁王堂町

【正式名称】
勧修寺
【住所】
勧修寺仁王堂町27-6
地図表示

周辺情報

佛光院  当院は、昭和26年4月、かつて勧修寺の塔頭があったと伝えられる由緒ある地に、大石順教尼(じゅんきょうに)によって再興建立された寺院である。順教尼は、もと大阪堀江の名妓で妻吉と...
勧修寺 真言宗山階派大本山。醍醐天皇の勅願寺。900年(昌泰3)天皇の生母藤原胤子追善のため創建。開基は承俊律師。1470年(文明2)兵火で焼失したが、徳川氏と皇室の援助で復興。代々法親王が入寺...
仏光院 1953年(昭和28)大石順教尼の再建。真言宗。順教尼はもと大阪堀江の名妓で、芸名妻吉、本名よねといったが、1905年(明治38)6月21日養父の狂刃による6人斬り事件の巻き添えをうけ、17才で...
八幡宮  平安時代 文徳天皇の御代 この地を鎮護国家の霊場とすべく 社殿を創建し八幡様を勧請されました。 延喜格式を編纂し延喜帝とも称される醍醐天皇が勧修寺建立に際し 身を清められたと...
西念寺 宗旨・浄土真宗。宗派・真宗大谷派。本山・真宗本廟(東本願寺)。宗祖・親鸞聖人。本願寺八代目、中興の祖蓮如上人の常随の門弟、道徳坊開基の寺。名前は、中村源六郎という山科の郷士。宇...
勧修寺庭園 勧修寺の庭園は、氷室池を中心とした池泉舟遊式庭園。蓮、菖蒲の花で彩られる池、躑躅や楓が折々に美を競う境内。勧修寺形燈籠、貝形手水鉢も有名。京都市指定「名勝」庭園。