岩屋寺(駒札)

内容概要

 当寺は従来天台宗に属し、比叡山三千坊の一にして、山号を神遊山と号し、曹洞宗永平寺派天寧寺の末寺で、むかしは山科神社の神宮寺であったと伝えられる。  本堂に安置する本尊不動明王は智証(ちしょう)大師の作と伝え、大石良雄(よしお)の念持仏であったという。  本堂の下段境内に大石良雄の遺髪塚及び宅址がある。赤穂城明渡しの後、彼はここにかくれてひそかに討入りの謀をめぐらしたが、事成ってのち、邸宅、田畑等一切を岩屋寺に寄進した。その後、当寺は荒廃したが、嘉永年間(1848~1854)に堅譲(けんじょう)尼が京都町奉行浅野長祚(ながとし)等の寄付をうけて再興した。  境内には本堂・毘沙門堂のほか、明治34年(1901)に建立された木像堂があり、堂内に浅野内匠頭長矩(あさのたくみのかみながのり)公の位牌(いはい)及び大石良雄の遺品、他に47士の位牌木像を安置する。  12月14日には義士忌(ぎしき)が行われる。山科区西野山桜ノ馬場町

【正式名称】
岩屋寺
【住所】
西野山桜ノ馬場町96
地図表示

周辺情報

大石神社  この神社は、昭和10年赤穂義士大石良雄の義挙を顕彰するため、大石を祭神として創建された。大石の山科旧居は神社の付近にあった。毎年4月14日の春季大祭と12月14日の討入りの日...
山科神社  日本武尊(やまとたけるのみこと)・稚武王(わかたけのみこと)を祀る。

 社伝によれば、寛平9年(897)宇多天皇の勅命により創建されたと伝え、以後、この地の豪族宮道(みやじ)...
大石神社 1935年(昭和10)浪曲師吉田奈良丸の提唱に府市が賛同、赤穂義士大石内蔵助良雄を祀るため、大石の山科隠棲所近くに建立。本殿、神饌所、社務所のほか天野屋利兵衛を祀る義人社もある。建立...
義士会法要<岩屋寺> 12月14日、岩屋寺。大石内蔵助が討ち入り前の一年四ヶ月間を過ごした閑居跡という当寺には、内蔵助の鎖じゅばんや茶道具などが残されていて、本堂の四十七士木像が公開される。法要に続いて...
義挙記念祭 12月14日、大石神社。昭和10年、大石内蔵助を祀って創建された神社で、当日は義挙大祭の後、義士列が到着するのは14時頃。京阪バス/大石神社。問合せ先:大石神社075-581-5645。
岩屋寺 大石良雄山科閑居址、浅野内匠頭、大石良雄他47士の位牌、木像等拝観
極楽寺 浄土宗。大石内蔵助が施主で、浅野内匠頭の位牌を同寺に納めている。鎖帷子や硯箱など、義士の遺品も数多く残る。庭にある五輪の塔は遺髪塚であったといわれる。