若宮八幡宮(駒札)

内容概要

 当社はもと六条醒ヶ井(さめがい)にあり、源頼義(よりよし)(八幡太郎義家の父)が八幡の若宮として祀ったものと伝えられている。  当初は六條(ろくじょう)八幡、左女牛(さめがい)八幡とも呼ばれ、源氏一族や多くの武士からの信仰厚く、室町時代には足利歴代将軍の崇敬を集め隆盛を極めた。  しかし、応仁の乱により社殿は荒廃し、以後社地も転々とし、慶長10年(1605)この地に移った。  現在の社殿は承応3年(1654)に再建されたもので、本殿には仲哀(ちゅうあい)天皇、応神(おうじん)天皇及び神功(じんぐう)皇后を祀り、相殿(あいどの)には仲恭(ちゅうきょう)天皇を祀っている。  毎年8月7日から10日までの間には若宮祭とその協賛行事として陶器祭が行われる。陶器祭は後に合祀された陶祖椎根津彦命(しいねつねひこのみこと)の祭礼で、氏子の陶磁器業者が中心となり、五条坂一帯で盛大な陶器市が開かれる。東山区五条橋東5丁目

【正式名称】
若宮八幡宮
【住所】
五条橋東5丁目480
地図表示

周辺情報

烏寺  熊谷山専定寺(くまがいざんせんじょうじ)と号し、浄土宗西山禅林寺派に属する。

 寺伝によれば、昔、専定(せんじょう)法師という旅僧がこの辺りの松の木の木陰で休んでいると、2羽...
木曽義仲首塚  木曽義仲は、源義朝の弟である義賢の子で、頼朝、範頼、義経兄弟とは従兄弟にあたる。幼くして父を失い、中原兼遠の手で木曽山中に育てられた。平家打倒のため兵を挙げた源頼政が戦死した...
法観寺・八坂の塔  霊応山(れいおうざん)と号し、臨済宗建仁寺派に属する。

 寺伝によれば、聖徳太子が如意輪観音の夢のお告げにより建立し、往時は延喜式7ヶ寺のひとつに数えられ隆盛を極めたが、現在...
豊国神社  豊臣秀吉を祀り、一般に「ホウコクさん」の呼称で人々に親しまれている神社である。

 慶長3年(1598)に63歳で亡くなった秀吉は、後陽成天皇より正一位の神階と豊国大明神の神号...
三島神社  祭神として天津日高彦火瓊々杵尊(あまつひたかひこほのににぎのみこと)・大山祇命(おおやまつみのみこと)・木之花咲耶姫命(このはなさくやひめのみこと)を祀る。

 後白河天皇の中...
安井金毘羅宮  祭神として崇徳(すとく)天皇、大物主神(おおものぬしのかみ)、源頼政(みなもとのよりまさ)の三神を祀る。

 社伝によれば、保元の乱(1156)に敗れて讃岐(香川県)で崩じた崇...
五条坂  この立札の建っているところを中心にして、西は大和大路通まで、東は坂を登って清水坂に至るまでの間を五条坂という。  近年、道路の整備拡張に伴い、昔の姿は失ったが、このあたりは、...
六道珍皇寺  大椿山と号し、臨済宗建仁寺派に属する。  当寺は、平安遷都以前、東山阿弥陀ヶ峰山麓一帯に居住した鳥部氏(とりべし)の氏寺(宝皇寺)が前身とも、空海の師、慶俊僧都が創建したものと...
六波羅蜜寺  真言宗智山派の寺で、西国33所観音霊場の第17番札所として古くから信仰されている。本尊十一面観世音立像は、天暦5年(951)に空也上人が疫病平癒のため開創した当時のものといわ...
青竜寺 見性山と号し、浄土宗鎮西派に属する。 延暦年間(七八二~八〇五)に、桓武天皇の勅命によって小塩山(右京区)に建てられ、もと大宝寺と称したが、平安遷都とともにここに移ったといわれる...
皇服茶 正月1日~3日、六波羅蜜寺。951年(天暦5)、同寺の開祖・空也上人が村上天皇の病気退散を祈願し、お茶を奉ったところたちまち病気が治ったという。この故事から期間中、参拝者に悪病退散の...
安祥院 安祥院の地蔵堂に安置する地蔵尊を「日限さん」と称し、日を限って祈願すれば諸願成就するという信仰がある。ちなみに当院はもと乙訓郡にあったが、1725年(享保10)木食正禅養阿上人がこの...
空也踊躍念仏 六波羅蜜寺。空也上人が、京に疫病が流行した際、救済を願って始めた念仏。その後、戦乱や弾圧を受けた時にも、ひそかに踊り念仏を続けてきた。これが起こり。12月13日~31日の間行う。(12...
金剛寺 天台宗。創建年代は不詳。本尊は青面金剛童子で、大阪四天王寺、東京浅草寺とともに日本三庚申の一つ。1月の初庚申に、祈祷を受けたコンニャクを頭上に吊っておくと病気が治るという信仰があ...
陶器まつり 8月7日~10日、若宮八幡宮、五条大橋東一帯。陶器業者により陶器大神を祭る同宮で祭礼をする。付近が清水焼産地の中心にあるところから陶器市が開かれる。全国から陶器業者が店を並べ、特売...
浄土真宗本願寺派本願寺大谷本廟 浄土真宗本願寺派(西本願寺)宗祖・親鸞聖人の廟所(祖壇)。徳川幕府の命により1603(慶長8)年、現在の東山五条に移転。明著堂、佛殿(本堂)、無量寿堂、総門などの建物が並び、参道正面...
万灯会 8月8日~10日、六波羅蜜寺。お盆の精霊迎えのため万灯を灯して行われる行事。かわらけに種油を入れ灯心に火を灯し大の字に並べる。このほか東大谷(14~16日)、壬生寺(9・10・16日)、車折...
青龍寺 789年乙訓郡小塩山に創建された大宝寺に始まり、平安遷都で移転した。浄土宗。本尊聖観音像は唐の徳宗皇帝より桓武天皇に貢がれた香木伽羅の彫刻によるところから伽羅観と呼ばれる。本堂前の...
専定寺 1200年の初期に専定法師開創。寺伝では、専定という僧が木陰で休んでいると、松の枝で二羽の烏が「きょうは熊谷蓮生坊が極楽往生する日」と話すので、みると、烏は熊野権現の姿に変わって飛...
六道まいり 8月7日~10日、六道珍皇寺。当寺の門前あたりが、平安期の墓所である鳥辺山の裾野でその入口付近にあたっていたことより、この世とあの世との分岐点「六道の辻」つまり冥界との接点(境)と...
かくれ念仏 12月13日~31日(31日は非公開)、六波羅蜜寺。正しくは空也踊躍念仏という。空也上人が、京に疫病が流行した際、救済を願って始めた念仏。その後、戦乱や弾圧を受けた時にも、ひそかに踊り念...
豊国神社 豊臣秀吉は没後、東山阿弥陀ヶ峰に葬られ、壮麗な豊国社に祀られたが大坂夏の陣後、徳川家康の手で取壊された。現在の社殿は1880年(明治13)に再建のもの。唐門(国宝)は伏見城の遺構で桃...
妙法院 天台宗の門跡寺院。妙法院という名称は、平安後期、比叡山西塔本覚院の快修がこの別号で呼称されたことに始まる。幕末まで代々法親王が住持。庫裏(国宝)は1595年(文禄4)頃の建築で、本瓦...
六道珍皇寺  俗に‘六道さん’で知られる。臨済宗建仁寺派。空海の師慶俊が開基といわれる。京の盆の始まりはこの寺の迎えの鐘。昔、この寺が鳥辺野の葬場の入り口にあったことから、ここが、現世と冥界の...
六波羅蜜寺 963年(応和3)空也上人が開いた真言宗智山派の古刹で、西国三十三ヵ所第17番札所。本堂(重文)は、南北朝時代の再建。1183年(寿永2)の兵火で本堂を除いて焼失。空也上人像、平清盛公坐像...
法観寺 東山区八坂通下河町東入。通称「八坂の塔」と呼ぶ。飛鳥時代、八坂氏の氏寺として創建された古刹。高さ46メートルの五重塔(重文)は、1440年(永享12)足利義教の再建。他に薬師堂、太子堂...
若宮八幡宮 若宮八幡宮例祭(8月8日 10時)若宮陶器神社例祭(8月8日 10時)お神輿奉納太鼓演奏陶器神輿巡行(8月8日)陶婚祭執行大陶器市開催(8月7日~10日)五条通鴨川~東大路通ろくろ実演(境内...
寿延寺 当山は山梨県身延の身延久遠寺を祖山に仰ぐ日蓮宗。元、誕生寺(千葉県小湊)の末寺。創建は1616年(元和2)。開山は円乗院日柔上人。本堂には、中央に一塔両尊(釈迦如来・多宝如来)。日蓮...
こんにゃく焚き 60日に一度の庚申の日と1月6日、7日、5月3日、八坂庚申堂(金剛寺)。平安時代に浄蔵貴所が開いたと伝えられ、庚申尊の霊示によりこんにゃくで人々の病気を治したのが始まりとされている。祈...
豊国神社例祭・献茶祭 9月18日~9月19日、豊国神社。例祭は招待者以外は祭典に参列できないが、舞楽奉納などは唐門下賽銭箱前より見ることができる。また、18日には境内でフリーマーケットも開催される。献茶祭は...
妙順寺 浄土真宗本願寺派。1613年(慶長18)の移転、開基は近江源氏の末流、二代目山崎源太左衛門(釋照順)。境内の釣殿井は安徳天皇の産湯の井と伝承されてきた。
弁財天特別祈願会 11月上旬、六波羅蜜寺。当山奉安の弁財天尊像は崇徳天皇の夢告により禅海上人が造顕し、古来より多くの人々より信仰を受けている。当初十住心院の本尊とされていたが、明治の廃仏毀釈により...
大和大路通 東山区西部の南北路。北は三条通から南は塩小路通までだが、現在、四条通から南を大和大路通、三条通と四条通間を縄手通と称する。伏見を通り大和への連絡路になるため大和大路通の名がある...
河井寛次郎記念館 世界的な陶芸家・故河井寛次郎の遺邸(寛次郎自らの設計による)。河井寛次郎の作品、デザイン画、蒐集品、住居の公開展示。寛次郎の初期から晩年に至る陶器、木彫や奔放な書を展示。重厚な...
京都国立博物館  千年の都京都を中心に、文化財の展示・保存・研究を進める国立博物館。 2014年9月にオープンした平成知新館では、随時展示替えをおこなっており、館収蔵の名品の数々をご覧いただけます。...
豊国神社宝物館  豊国神社境内の奥にある桃山風造りの建物。大正14年(1925)12月に開館。豊臣秀吉の業績、遺徳を広く伝える為に、太閤ゆかりの品々が展示されている。 なかでも、慶長9年(1604)に行なわれ...
六波羅探題府跡 鴨川の東、現松原通から五条・七条におよぶ東山区の一帯に、鎌倉幕府が設けた出先機関。1221年(承久3)北条時房・泰時が承久の乱後に始める。かつての平氏六波羅第跡にあたりこの名がある。...
木曽義仲首塚 源義朝の弟、義賢の子で、頼朝、範頼、義経兄弟とは従兄弟にあたる木曽義仲は天才的戦術によって寿永2年(1183)京都に入り、平家を追討したが、横暴甚しく、翌3年1月20日義経の軍勢に追...
河井寛次郎記念館(体験・見学) 世界的な陶芸家・故河井寛次郎の遺邸。河井寛次郎の作品、デザイン画、蒐集品、住居の公開展示。寛次郎の初期から晩年に至る陶器、木彫や奔放な書を展示。重厚な建物や建具、調度、陶房、窯...
窯元西村菰軒 窯元での体験教室の草分け的存在。三代目西村源治氏の指導のもと、実際にプロが使用するものと同じ粘土を使って作陶することができる。作陶して頂けるものは、マグカップ、茶碗、花瓶、壷、...
寿宝工房 京焼の仁清風の絵付けが体験できる。上絵の絵付けができる数少ない工房で、絵付けができるのは皿と湯呑。独特の絵の具を使い鮮やかな作品が出来上がる。
京都の旅。思い出づくりのお手伝い。清水坂ガラス館 清水寺すぐそば!!ガラス工芸体験ができます!~体験した皆さんの言葉~「好きにデザインできて楽しかった~」「京都旅行で一番楽しかった!」「僕も作れたよ!見て!」小1の男の子。「結...
陶芸高木岩華 清水焼の窯元で焼きあがった状態の器に5色の絵の具で絵を描く上絵付の技法が体験できる。失敗してもすぐに拭い取り描き直せるので気軽に楽しめる。作品は800度の高温の窯で焼くため色も鮮や...
藤平陶芸有限会社 職人さん達と一緒に陶芸体験ができる。手びねりによる作陶や絵付けを体験する。完成した作品は約1ヵ月後には届けてくれる。ホームページ http://www.fujihiratougei.co.jpE-メール fuji...
堀尾竹荘 清水焼の窯元で絵付け・手びねり・ロクロの体験ができる。ここでは師匠が弟子に伝えるように、清水焼の歴史や由来、器づくりの約束事などを説明してくれる。当日はエプロン持参のこと。
建松商店街振興組合 建仁寺町通り(大和大路)と松原通りの名にちなんで、大正の末より建松会として結成される。戦後は建松サービス街と名称を変え、6の日に大売出しを行うなど当時としてはユニークな活動を続...
清水道商店街 昭和26年、市電停留所「清水道」が出来たのを機に清水道繁栄会を結成。昭和30年に「清水道商業協同組合」に改名した。証紙事業も開始し、現在でも続いている。現在の名前になったのは昭...
馬町商店会 保元物語・太平記などに登場する場所。また、鎌倉幕府の六波羅探題もこの地にあった。昭和51年に統一看板、52年には街路灯の設置をし、「お楽しみ手帳」を発行して証紙事業にも取り組ん...
五条会 牛若丸と弁慶が戦ったという五条大橋の横にある商店街。この橋の舗装を機に、商店街もカラー舗装や街路灯設置などに取り組んだ。春・秋の彼岸には大谷への詣で客で、夏には陶器市で人がいっ...
ホテル秀峰閣 ・室数41室(和室41室)・宿泊料金(1泊2食・税別・サービス料込) バス付個人 最低11,000円~最高25,500円*宿泊料金は、客室の設備・広さ・料理、人数、シーズン・オフシーズン、平日...
ホテル東山閣 ・室数131室(和室37室・洋室44室・和洋室50室)・宿泊料金(1泊2食・税別・サービス料込) バス付個人  最低12,000円~最高25,000円バスなし個人 最低12,000円~最高25,000円*宿泊料...
山茂登旅館 ・室数13室(和室13室)・宿泊料金(1泊2食・税込・サービス料込) バス・トイレなし個人 最低10,800円~最高19,440円トイレ付き(3室)2,160円増浴室=男女別2室、各5~6名収容*宿泊料...
高台寺 松葉亭 お昼 茶粥セット 2,100円   茶房 甘味処   温石(湯豆腐か湯葉しゃぶ付き 3,150円(要予約)   点心 5,250円(要予約)   懐石料理(税込)10,000円、12,000円、15,000円(...
京都祇園「天ぷら八坂 圓堂」 季節の贅を衣に着せて…。京野菜や山菜、若狭日本海や明石瀬戸内の魚介、奥琵琶湖にそそぐ清流の川魚など京都の四季折々の豊かな食材をネタに「一瞬の妙技が光ります」昼コース/4,000円~8,0...
特集陳列 丹後の仏教美術 お寺でも通常拝観できない秘仏、京丹後市縁城寺の本尊千手観音立像(平安時代・10世紀)を特別公開します。あわせて丹後地方の社寺に伝来した品々を展示します。