豊国廟(駒札)

内容概要

 豊臣秀吉の廟所である。  慶長3年(1598)8月18日、秀吉は齢63歳を以って伏見城にて薨じた。遺体は、遺命により、ここ阿弥陀ヶ峰(あみだがみね)中腹に葬られ、墳上には祠廟、山麓には社殿が建立された。翌年4月18日、遷宮式が行われ、後陽成天皇から正一位豊国大明神の神階と神号を賜り、以後、毎年盛大な祭礼(豊国祭)が取り行われた。しかし、元和元年(1615)豊臣氏の滅亡と共に、廟は破壊され、墳墓に弔する人もなく、空しく風雨にさらされていた。  明治30年(1897)、秀吉の300年忌に際し、廟宇が再建され、墳上には巨大な五輪石塔が建てられた。  なお、社殿は、明治13年(1880)、旧方広寺大仏殿の地に、豊国神社として再建されている。東山区今熊野北日吉町

【正式名称】
豊国廟
【住所】
今熊野北日吉町
地図表示

周辺情報

三島神社  祭神として天津日高彦火瓊々杵尊(あまつひたかひこほのににぎのみこと)・大山祇命(おおやまつみのみこと)・木之花咲耶姫命(このはなさくやひめのみこと)を祀る。

 後白河天皇の中...
新日吉神宮 1160年(永暦1)後白河法皇が法住寺殿を造営し、近江日吉山王の神を勧請したのが始まり。社地は転々とし、明治期に現在地へ。酒造、医薬、縁結びの神として信仰がある。5月第2日曜は「新日吉...
浄土真宗本願寺派本願寺大谷本廟 浄土真宗本願寺派(西本願寺)宗祖・親鸞聖人の廟所(祖壇)。徳川幕府の命により1603(慶長8)年、現在の東山五条に移転。明著堂、佛殿(本堂)、無量寿堂、総門などの建物が並び、参道正面...
剣神社 東山の音無川と今熊野川の合流点近くにあり瓊々杵命と白山姫命を祭る。中世は泉涌寺の守り神であったらしい。現在は今熊野一帯の産土神で、とくに子供の疳虫封じ祈願で知られる。天明、天保...
新日吉祭 5月第2日曜日、新日吉神宮。神仏混淆の珍しい行事。神幸出立祭の後、馬場御供の儀、妙法院門跡法楽の儀が行われる。鳳輦を中心に幸御鉾、稚児武者などの行列が氏子域を巡行する。市バス/東山...
火焚祭<新日吉神宮> 11月14日、新日吉神宮。後白河法皇の院御所法住寺殿の鎮守として近江日吉社から勧請され、御所の北東に祀られたのが始まりという。祭典・神楽奉納の後、湯立て神楽が奉納され、また災厄祓の...
例大祭<新日吉神宮> 10月16日、新日吉神宮。新日吉神宮の創祀された日であり、また後白河法皇の合祀された日でもあることを記念して行われる。東山七条の妙法院が、長らく当社の別当寺院であった名残を伝える神...
小松谷 正林寺 平重盛の別邸跡。その後九条関白兼実の別邸となり、法然上人のためにお堂を建て、上人を招き、法談を聴き、建仁二年(1202)に出家された旧跡である。また上人流罪の時には、この地で弟子と別...
清水寺子安の塔 清水寺の本堂から錦雲渓をへだてた丘の上にある。総丹塗り、桧皮葺の三重塔(重文)で江戸時代初めの再建。清水寺の塔頭で泰産寺という寺名をもつ。塔内には千手観音が安置されている。寺伝...
京都 瑞光窯(陶芸体験&工房見学) 京都で240年以上つづく窯元で、陶芸体験&工房見学。職人さんが丁寧に教えてくれるので、初めてでも安心です。“最高の思い出づくり”に、無料で作業衣の貸出・携帯での写真撮影・工房の説明な...