鳥羽伏見戦防長殉難者之墓(駒札)

内容概要

 慶応4年(1868)正月の鳥羽伏見の戦で戦死、病死した周防・長門(山口県)出身者の墓がここにある。王政復古ののち、朝廷、長州、薩摩藩らの処置を不満とした幕臣、会津藩らは、正月1日挙兵、大阪から京都に入ろうとし、長州、薩摩は伏見、鳥羽でむかえうった。長州藩は伏見街道を守って東福寺を本陣とし、約2100人が布陣。正月3日夕刻戦争が始まり、4日、5日と伏見、鳥羽で激戦がつづき、幕府軍は後退して、10日、戦は終った。長州藩の戦死、病死者は、石川厚狭介(あさのすけ)以下48名。本陣東福寺の山上にあたるこの地に遺体を葬り、墓地とした。明治33年、33回忌にさいし、現在の墓が整備された。東山区東福寺恵日山南岳

【正式名称】
鳥羽伏見戦防長殉難者之墓
【住所】
東福寺恵日山南岳
地図表示

周辺情報

芬陀院(雪舟寺)  元亨年間(1321~1323)に時の関白一條内経(うちつね)公が定山祖禅和尚(東福寺開山聖一(しょういち)国師の法孫)を開山にむかえて創立した。

 水墨画などで有名な雪舟等楊...
天得院  万松山(ばんしょうざん)と号し、臨済宗東福寺派に属する。  南北朝時代の正平年間(1346~70)東福寺第30世住持無夢一清(むむいっせい)禅師が開創した。その後、年と共に寺...
同聚院  臨済宗東福寺派に属し、東福寺塔頭(たっちゅう)の一つである。  東福寺の寺地一帯は、平安時代中期・延長2年(924)頃に藤原忠平が法性寺(ほっしょうじ)を建立した所で、寛弘3...
雲龍院  真言宗泉涌寺派の別格本山である。応安5年(1372)後光厳法皇が竹巌聖皐(ちくがんしょうこう)律師を招いて菩提所(ぼだいしょ)として建立されたのがこの寺のはじまりで、その後、...
東福寺  恵日山(えにちざん)と号し、臨済宗東福寺派の大本山である。藤原道家が嘉禎(かてい)2年(1236)東大寺、興福寺と並ぶ大寺の建立を発願して東福寺と名付け、禅僧円爾弁円(えんに...
雲龍院 泉涌寺別院。1372年(応安5)後光厳上皇の創建。開山は竹厳聖皐。後円融天皇の綸旨によって如法写経が行われ、後小松天皇も帰依し、発展する。1501年(文亀1)後柏原天皇より御黒戸御殿を賜...
光明院 東福寺塔頭。1391年(明徳2)金山明昶の開創。方丈前の庭園は波心の庭。池泉式の枯山水で、州浜型の枯池に三尊石組を配し、背後にサツキやツツジを雲紋になぞらえて刈り込み、雲の上に茶亭蘿...
涅槃会 3月14日~16日、東福寺、泉涌寺ほか各寺院。涅槃会は釈迦の遺徳を慕って営まれる法要。釈迦の入滅を伝える涅槃図をかけ、あられもちや豆などを供える習わしがある。法要にあわせ、東福寺では...
同聚院 東福寺塔頭。開山は東福寺第129世琴江令薫。本尊不動明王坐像(重文)は、1006年(寛弘3)藤原道長が旧法性寺に建立した五大堂の中尊と伝える。他の4明王は散逸し、この像だけが残ったのは火...
芬陀院 東福寺塔頭。雪舟作と伝える鶴亀の庭があるところから雪舟寺で知られる。元享年間(1321-24)に関白一条内経が創建。庭園は禅院式枯山水。‘茶関白’一条恵観ゆかりの茶室図南亭が有り、遺愛の...
来迎院<東山区> 泉涌寺塔頭。空海(弘法大師)の創建と伝え、わが国最古の荒神坐像(重文)をまつる。又護法神立像5体(重文)は京都国立博物館に管理を委託している。 本尊は阿弥陀如来。浪人中の大石良雄...
東福寺 臨済宗東福寺派の本山。摂政九條道家が聖一国師を開山として菩提寺建立を発願、1236(嘉禎2)年4月2日(鎌倉時代)より19年の歳月をかけて1255年(建長7)に七堂伽藍を完成した。京都五...
霊雲院 東福寺塔頭。1390年(明徳1)岐陽方秀が開創。寛永年間(1624-44)に住持の湘雪守げんに帰依した熊本藩主細川忠利・光尚父子から、遺愛石と銘づけた須弥台と石船を贈られた。古今、名石の誉...
善能寺 真言宗泉涌寺の塔頭。洛陽三十三ヶ所観音の第18番札所。弘仁14(823)空海の開基と伝わる。本堂は航空機の事故により犠牲となった。多くの人々の霊を慰めるため、遺族により寄進された。建立...
天得院 臨済宗東福寺の塔頭。正平年間(1346~70)東福寺第30世住持、無夢一清禅師が開創。慶長19年(1614)に文英清韓(ぶんえいせいかん)長老が住菴となった。清韓は、豊臣秀頼の請に応じ方広寺...
桔梗を愛でる特別拝観 桔梗の開花に合わせて公開される。本堂前庭は、杉苔に覆われた枯山水の庭で、白や青の花を咲かせる二重の桔梗が見事である。期間中は精進料理が食べられる(要予約)。市バス/東福寺、徒歩8...
即宗院 臨済宗東福寺派、大本山東福寺塔頭。嘉慶元年(1387)九州薩摩藩島津氏久公が、剛中玄柔禅師(東福寺第54世住持)を開山として建立。薩摩藩の菩提寺で氏久公の法名「齢岳玄久即宗院」から寺...
龍吟庵 臨済宗東福寺塔頭。1291年(正応4)東福寺三世大明国師無関普門(南禅寺開山)の住房跡で、多くの文化財を有する。本尊宝冠釈迦如来。国宝方丈・庭園(重森三玲作庭)・特別公開時のみ。開山...
光明院庭園 光明院の庭の直線や斜線の配石が創意された三尊石組は、鉤形の配置の本堂と書院の双方から鑑賞できる位置にある。重森三玲の設計。(※作庭当初あった皐月が現在あるかどうか不明)
善能寺庭園 善能寺の庭園は、句碑を刻んだ三尊石組と雲を表現した苔の築山がユニーク。ばんだい号の慰霊を願って池泉も空からの俯瞰図をテーマとして作庭。
天得院庭園 天得院の庭園は、築地塀に囲まれた枯山水。庭一面を覆う苔の大海に皐月の刈込と自然石が島のように点在し桔梗が風にそよぐ。華頭窓からの眺めも良し。桃山時代作。桔梗6月中旬~7月上旬。...
東福寺方丈庭園 東福寺本坊の庭園は、重森三玲の作庭による4つの枯山水。「八相の庭」と命名されている。力強い石組の南庭、白砂と刈込の市松模様の西庭、苔と石の市松模様の北庭、北斗七星の東庭。意匠は...
芬陀院(雪舟寺)庭園 芬陀院(雪舟寺)の庭園は、画聖雪舟作といわれ、一面の苔と流れるような白砂が美しい枯山水。参道には椿の生垣。亀島の中心石には面白い伝説が残る。
霊雲院庭園 霊雲院の庭園は、重森三玲修復の枯山水。書院西庭と湘雪和尚ゆかりの遺愛石が置かれた庭。須弥山や枯滝石組は江戸初期の手法。重森三玲氏の手で復元され遺愛石を置いた九山八海の庭と臥雲の...
雲龍院(体験) ・写経-毎日9時から15時受付。抹茶・お菓子付で1,500円。 個人,団体とも可。(団体は事前連絡要)