青蓮院(駒札)

内容概要

 天台宗に属し、三門跡(もんぜき)のひとつで、粟田御所とも呼ばれる。比叡山東塔南谷に伝教大師最澄が僧侶の住居として建てた青蓮坊が起りで、その12代行玄(ぎょうげん)(天台座主)が鳥羽天皇の御帰依を得て、その皇子覚快法親王を托されて、京都の里坊(さとぼう)を拡充して以来、門跡の称号が起り、親王は第2世門主となられた。皇族、摂関家の子弟が入室される例となって、天台宗で最高の寺格をもつ寺となった。  この地は、鎌倉時代に青蓮院に合併された十楽(じゅうらく)院門跡の里坊にあたり、青蓮院は三条白川坊・吉水坊などが老朽化したのちはもっぱらこの坊を維持して今日に至っている。建物は応仁の乱で焼失したが、江戸時代に再建され天明の京都大火にさいし後桜町上皇の仮御所となった。門主には代々名僧が任ぜられ、17世入道尊円親王は能書をもって知られ、青蓮院流(のちの御家(おいえ)流)を開かれた。  現在の建物は、明治26年火災後の再建のものが多いが、江戸時代門跡寺院の格式を再現している。宸殿・小御所は狩野派の優美な襖絵で飾られ、明治の火災をまぬがれた叢華殿は勤王志士が国事を相談した維新史跡である。庭園は粟田山の山すそを利用し、竜心池を中心とした優美な庭で、主庭は相阿弥(そうあみ)作、霧島の庭は小堀遠州作と伝えられている。  他に寺宝は多く、中でも不動明王二童子画像(国宝)は世に「青不動」と呼ばれて有名である。東山区粟田口三条坊町

【正式名称】
青蓮院
【住所】
粟田口三条坊町
地図表示

周辺情報

三条小鍛治の古跡  宗近は平安中期の刀匠で姓は橘。信濃守粟田藤四郎と号し、東山粟田口三条坊に住したので三条小鍛冶とも称した。

 名刀子狐丸をはじめ幾多の刀剣を造ったが、現存するものとして三日月宗...
枝垂桜  この枝垂桜は、昭和34年3月6日に植えられたもので、親桜は、有名な「祇園の枝垂桜」である。

 祇園の桜は、樹齢200年の老木で、根廻り4メートルにも達する巨木であった。明治末...
円山公園  総面積約9万平方メートルの、京都市最初の都市公園である。明治までは、円山安養寺や祇園感神院の境内であったが、明治初年の廃仏毀釈(はいぶつきしゃく)によって政府に没収され、明治...
明智光秀の塚  天正10年(1582)、本能寺にいた主君織田信長を急襲した明智光秀は、すぐ後の山崎(天王山)の戦いで羽柴秀吉(豊臣秀吉)に敗れ、近江の坂本城へ逃れる途中、小栗栖の竹薮で農民に...
長楽寺  むかしは祇園・清水と並んで花の名所とうたわれ、多くの文人や画家が訪れたところである。  延暦24年(805)桓武天皇の勅命によって伝教(でんきょう)大師(最澄)を開基として創...
安養寺  円山(えんざん)と号し、時宗に属する。  延暦年間(782~806)最澄(伝教大師)が開創したと伝え、法然・親鸞両上人念仏発祥の地・吉水(よしみず)草庵として有名である。のち...
無鄰庵  この菴は、明治・大正時代の元老山県有朋(やまがたありとも)公の京都に於ける別荘として、明治27年から29年(1894~96)の間に建てられたものである。  庭園(名勝)は、有...
知恩院  浄土宗の総本山で、法然上人を開基とする。この地は法然上人が比叡山から下り、草庵(吉水の草庵という)をむすび、はじめて浄土の教を宣布したところである。法然の死後文歴元年(123...
金剛寺 当寺は山号を一切(いっさい)経(きょう)山(ざん)とする浄土宗の寺院である。 奈良時代、天平(てんぴょう)年間に行基(ぎょうき)が東岩倉山(左京区)の一切(いっさい)経(きょう)谷(だに)に創建...
粟田神社 大己貴命の疫病除け御神託による創建で、‘牛頭天王’を祭った粟田口の総社だった。のち天台宗青蓮院門跡の鎮守社に。社殿は平安初期にできたが江戸中期から末期に本殿、拝殿とも再建。スサノ...
安養寺 最澄が創建。吉水坊と称し、法然が30数年間ここを本拠に称名念仏を宣揚・親鸞も入信したが、専修念仏弾圧で荒廃。1385年(至徳2)国阿が入寺、時宗に改めて興隆、境内に子院六阿弥坊(中の重...
祇園祭 祇園祭は八坂神社の祭礼で、大阪の天神祭・東京の神田祭とともに、日本三大祭のひとつに挙げられており、その歴史の長いこと、またその豪華さ、祭事が1ヶ月にわたる大規模なものであること...
広沢池灯籠流し  毎年8月16日7時より催されるお盆の精霊送りの行事。広沢池の西南にある児神社(ちごじんじゃ)で受付。回向(塔婆施餓鬼供養)をした後,広沢池一面に五色の流し灯籠を水に浮かべる....
青蓮院 天台宗の京都五ヶ室門跡の一つ。宗祖伝教大師以来の比叡山上の住坊「青蓮坊」が発祥。その京都での里坊として天台座主行玄が平安後期に院の御所に準じて建立。「青蓮院」と称した。殿舎の中...
知恩院 知恩院は、宗祖法然上人が1175(承安五)年、吉水の地に草庵を結ばれたことを起源とし、入寂された遺跡に建つ浄土宗の総本山。第二世源智上人により基礎が築かれ、徳川家康、秀忠、家光らの...
粟田神社大祭 10月体育の日前々日・前日・体育の日・10月15日、粟田神社。夜渡り神事では剣鉾の台車2基と大きな灯篭の山車である「大燈呂」などが、太鼓の音とともに氏子町内を巡る。神幸祭では、18基ある...
本妙寺 1574年(天正2)日典が新烏丸丸太町付近に創建。宝永の大火のあと、現在地へ移った。境内に赤穂義士吉田忠左衛門・同沢右衛門および貝賀弥左衛門夫妻らの墓がある。貝賀の手槍、義士たちの手...
八坂神社 祭神は素戔嗚尊・櫛稲田姫命・八柱御子神。明治維新まで祇園社または感神院と称した。創祀は、諸説あるが社伝では斉明天皇2年(656)と伝えられ平安遷都がなされた延暦13(794)以前よりこの...
綾傘鉾稚児社参 7月7日、八坂神社。金色の烏帽子に狩衣姿で真っ白に化粧してもらった綾傘鉾の稚児6人と、町内の役員達が、巡行の無事などを祈って八坂神社に参拝する。稚児達一人ずつに神社から稚児と認める...
疫神社夏越祭 7月31日、八坂神社。境内摂社の疫神社のまつり(蘇民将来社とも称する)社の鳥居に茅の輪を設け、神前に粟餅を供え厄除を祈願する。粟餅を供えるのは、八坂神社の祭神・素戔嗚尊が蘇民将来の...
お迎提灯 7月10日、八坂神社。神輿洗の神輿を迎えるため、万灯会員有志が提灯を立て、行列の中心となる子供達が児武者、鷺踊、小町踊などの装束で、約500名ほどの行列を整え八坂神社を16:30出発、八坂...
狂言奉納 7月25日、八坂神社。八坂神社能舞台で、狂言が奉納される。11:00頃~(予定)。拝観自由。市バス/祇園、徒歩すぐ。
久世稚児社参 7月13日14:00~、八坂神社。八坂神社と縁の深い綾戸国中神社の氏子の男児から毎年2名が「久世駒形稚児」に選ばれ、御神体の駒形を胸に掛けて馬に乗り、17日の神幸祭と24日の還幸祭の巡行を...
献茶祭 7月16日、八坂神社。表千家・裏千家が隔年で奉仕。社中をはじめ、関係者多数参列のもと行われる。9:00~。拝観不可。関係者のみ。市バス/祇園、徒歩すぐ。
伝統芸能奉納 7月15日、八坂神社。祇園祭を祝い能舞台にて今様謌舞楽、一絃琴、地唄舞、筝曲、尺八、詩吟などが行われる。15:00~。拝観自由。市バス/祇園、徒歩すぐ。
満足稲荷神社 祭神、倉稲魂命。文禄年間(1592~96)、豊臣秀吉が伏見城の守護神として伏見稲荷大社の祭神を勧請。後1693年(元禄6)現在地に遷座した。秀吉の崇敬が篤く、社名の満足の二字は、秀吉が祭神...
琵琶奉納 7月23日、八坂神社。八坂神社能舞台で、琵琶協会の人々による琵琶演奏の奉納が行われる。13:00~(予定)。市バス/祇園、徒歩すぐ。
若菜祭 1月7日、八坂神社。関係者のみ。若菜を神前に供え、人々の健康・幸福を祈願する。10:00~。市バス/祇園、徒歩すぐ。
かるた始め式 八坂神社能舞台。1月3日、13:00~、八坂神社。素戔嗚尊は日本神話において初めて三十一文字の和歌を詠まれた神様であります。それにちなみ「かるた取り」の奉納があります。十二単姿のかる...
蛭子社祭 1月9日15:00に七福神を乗せた蛭子船が石段下・四条烏丸間を巡行します。10日15:00に境内の蛭子社で商売繁昌の祭典があります。両日蛭子社前にて福笹を授与しています。
節分祭 2月2日、9:00~(祭典)、八坂神社。厄除け・健康・幸福を祈ります。2日には、先斗町(13:00)、弥栄雅楽会(14:00)、宮川町(15:00)、3日には、今様(11:00)、祇園甲部(13:00)、祇園...
紀元祭 2月11日、10:00~、八坂神社。建国を祝い国の発展と人々の幸福を祈ります。
祈年祭 3月17日、10:00~。八坂神社。今秋の五穀豊穣を神々に祈る祭典で、宮中をはじめ日本全国の神社で行われます。また国家安泰を祈念して巫女による浦安の舞が奉奏されます。「天地の神にぞ祈る...
御神楽奉納奉告祭 6月14日、19:30~、八坂神社。弥栄雅楽会による「人長の舞」の奉納があります。
例祭 6月15日、10:00~、八坂神社。御祭神ゆかりの日を選んで決められた大祭で弥栄雅楽会による「東遊」の神楽奉奏があります。かつて祇園臨時祭が斎行された日です。
献詠披講式 6月15日、15:00~、八坂神社。綾小路流朗詠により向陽会員等の披講奉納があります。
大祓式 6月30日、15:00~、八坂神社。境内の茅の輪をくぐり心身ともに祓い清めます。
長刀鉾町御千度 7月1日、10:00~、八坂神社。月次祭に併せ、長刀鉾町内一同稚児を伴なって御千度詣をし、神事の無事を祈ります。
神輿洗式 7月10日、八坂神社。午前10時、神輿洗に使用する神事用の水をお祓いする「神用水清祓式」があります。四条大橋にて釣瓶を使用し、鴨川の水を汲み上げる。午後6時、奉告祭執行後、舞殿に据え...
宵宮祭 7月15日、20:00~、八坂神社。境内の灯を消し浄闇の内に舞殿に奉安の神輿に御神霊をうつし奉る。
長刀鉾稚児社参 7月13日、11:00~、八坂神社。鉾の町内には稚児の当番があって祭の稚児が定められていたが、現在では長刀鉾以外は人形になっている。長刀鉾稚児は立烏帽子水干姿で従者を従い騎馬にて八坂神...
石見神楽奉納 7月16日、18:30~、八坂神社。島根県人会による石見神楽の奉納があります。素戔嗚尊の大蛇退治の舞等を行います。
日和神楽 7月16日、深夜、四条御旅所また八坂神社。祇園囃子を奉納し翌日の巡行の晴天を祈念するものである。各山鉾の囃子方が四条御旅所に詣で、長刀鉾町のみは所定のコースを通り八坂神社まで詣で、...
山鉾巡行 7月17日、9:00~、 四条御旅所。長刀鉾を先頭に前祭の鉾九基、山十四基が各町を出て四条烏丸に集結。祇園囃子も賑やかに所定のコースを巡行。7月24日、9:30~、 後祭の山九基、鉾一基が各...
神幸祭 7月17日、16:00~、八坂神社。神輿渡御に先立ち本殿にて神幸祭が行われる。
神輿渡御出発式(石段下) 7月17日、18:00~、八坂神社。神幸祭のあと、石段下にて三基神輿の差上げが行われ、その後三基の神輿が氏子区域を夫々所定のコースに従い巡行します。また古例により久世稚児が中御座に供奉...
煎茶献茶祭 7月23日、9:00~、八坂神社。在洛の煎茶道6流派各家元の輪番奉仕により行われ、祭典後、常磐殿及び常磐新殿において拝服席・副席が設けられる。
花傘巡行 7月24日、10:00~、八坂神社 御旅所。傘鉾十余基・馬長稚児・児武者等列を整えて、所定のコースを巡行。本社到着後(12時頃)舞踊等の奉納があります。
還幸祭 午後5時ごろ四条御旅所を三基の神輿が順番に出発。夫々所定のコースを経て三条又旅社にて祭典後神輿に灯を入れ午後9時~11時の間に本社に還幸。御神霊を本社に遷す還幸祭が行われる。久世稚...
神輿洗式 7月28日、20:00~、八坂神社。神輿の飾りを外し、四条大橋上にて祓い清める。7月10日に同じ。
七夕祭 8月7日、10:00~八坂神社。境内に笹を立てご参拝の皆様に短冊を掛けていただき、願い事の成就を祈念します。氏子児童画展等があります。
祇園社観月祭 中秋の名月を愛でる和歌の披講。また、弥栄雅楽会による舞楽や生田流筝曲等の様々な奉納行事が行われます。
舞楽奉納 11月3日、正午~、八坂神社。舞殿の南側に大太鼓を組み、弥栄雅楽会が舞楽を奉納します。
新嘗祭 11月23日、10:00~、八坂神社。新嘗祭は新穀を神前に供え、五穀の豊穣を神々に感謝する祭典で、宮中をはじめ日本全国の神社で行われます。また国家安泰を祈念して巫女による浦安の舞が奉奏さ...
大祓式 12月31日、15:00~、八坂神社。氏子崇敬者の罪穢れを祓います。
初能奉納 八坂神社にて1月3日午前9時、金剛流・観世流により各年交代で「翁」「仕舞」が奉納されます。拝観自由。
初桜能 八坂神社能舞台。4月4日、14:00~、第16回初桜能が真謡会主催により奉納されます。
小笠原流草鹿式奉納 10月27日、11:00~。鹿をかたどった弓の的を使用して射的を競い合います。鹿の的は鎌倉時代より歩射の練習に用いられていました。
六勝寺のこみち 左京区岡崎、琵琶湖疏水沿いの散策路。南禅寺橋から川端通まで約2キロ、柳や桜の下陰を縫って小道が通じている。平安末期、白河天皇らが建立した法勝寺、尊勝寺、最勝寺、円勝寺、成勝寺、延...
kokoka京都市国際交流会館 1978年に京都市が発表した「世界文化自由都市宣言」に基づき、市民の国際交流の拠点として1989(平成元)年にオープン。鉄骨鉄筋コンクリート造3階建の本館と和風別館から成り、交流ロビーや...
長楽館 明治中期‘煙草王’といわれた村井吉兵衛の迎賓館。命名は伊藤博文。外観ルネッサンス風、内部はロココ、ネオ・クラシック、アールヌーボーといった建築スタイルが共存する洋館で、当時内外の...
無鄰菴 明治・大正の元老山県有朋の京の別荘で1896年(明治29)に完成。庭園(名勝)は小川治兵衛の作。東山を借景とした明治の代表的庭園。平成4年から無鄰菴会議で知られる洋館も公開。現在市所...
京都国立近代美術館 国内外の近代美術品約12,000点を収蔵。特に京都画壇や関西洋画壇の作品収集で知られ、版画、陶芸、彫刻、デザイン、写真、その他の資料の収集・保管及び調査・研究を行っている。設置:1963...
公益財団法人 藤井斉成会有鄰館 屋上に八角堂を置く中国風建物。殷代から清代の中国民族遺産である絵画、書、仏像、青銅器、陶磁器、古印等を所蔵。漢字や仏像の起源と流れを知りうる資料館。大正15年以来公開。情操文化の...
並河靖之七宝記念館 明治から大正時代の日本を代表する七宝家 並河靖之の記念館。並河家に伝わる七宝作品(国登録有形文化財)のほか、旧邸宅や工房(国登録有形文化財および京都市指定歴史的意匠建造物、景観...
八坂神社 月下氷人石 南楼門南側に立つ。奇縁氷人石ともいい、表面に天保10年(1839)の建立のいきさつを、右側に「たづぬる方」、左側に「おしゆる方」と彫ってある。当時、案内板的に利用されたもの。市内現存3...
青蓮院庭園 青蓮院の庭園は四つの庭で構成されており、順路の最初は室町時代の相阿弥作と伝わる庭です。この庭は龍心池を中心とした廻遊式庭園で洗心滝や跨龍橋がある。築山や大きな池が室町時代の名残...
知恩院方丈庭園 大方丈・小方丈に面した庭園(京都市指定名勝)。広い池は東山を借景とし、茂る樹々の姿を水面に映して幽寂の世界を創出。小方丈の東には知恩院所有の国宝「阿弥陀如来二十五菩薩来迎図」を...
知恩院友禅苑 知恩院友禅苑は、友禅染の祖、宮崎友禅斎誕生300年を記念して、昭和29年に改修造園されました。東山の涌き水を配した「染糸の滝」を有する池泉式庭園と、枯山水の鹿野苑で構成され、補陀落池...
円山公園 1886年(明治19)開設の市最古の公園。八坂神社の東、東山を背に約86,600㎡あり、回遊式日本庭園を中心に、料亭や茶店が散在、四季を問わず風情がある。京都随一の桜の名所で、花見時の‘祇園...
古川町商店街振興組合 天正(安土桃山時代)以前より若狭街道(通称:鯖街道)として南北に通っており、長い間廃道のまま田畑にされていたが、寛文6年(1666年)に復旧され古川町通りとなる。知恩院門前町として、南北22...
京都トラベラーズ・イン ・室数78室(和室38室・洋室40室)・宿泊料金  シングル     5,940円~ツイン   最低9,720円~最高21,600円*宿泊料金は、客室の設備・広さ、人数、シーズン・オフシーズン、平日・...
ウェスティン都ホテル京都 ・室数499室(和室21室・洋室474室・和洋室4室)・宿泊料金(税・サ込)  ・スーペリア本館  45,360円;デラックス    56,160円※上記以外のお部屋タイプも多数ご用意しております。...
いもぼう 平野家本家 ◎料理種別-京料理・名物料理 ●おすすめコース ・いもぼう花御膳 3,000円*税別 ●その他 ・いもぼう会席 6,000円~15,000円*税別◎営業時間 AM11:00~PM8:30(L.O.8:00)◎休日 ...
中村楼 ◎料理種別-京料理・懐石料理 ●おすすめコース ・京料理 13,000円(サービス料・税別) ●サービスメニュー(AM11:30~PM2:00入店) ・お昼の会席 5,000円~(税別)名物の田楽豆腐...
瓢亭 ◎料理種別-京料理・懐石料理 ●懐石料理(AM11:00~PM7:30) ・昼食  23,000円~(税・サ込)(AM11:00~PM2:00) ・夕食  27,000円~(税・サ込) ●AM11:00~PM2:00 ・うずらがゆ...
美濃吉 本店竹茂楼 ◎料理種別-京料理・懐石料理 ●おすすめコース ・懐石料理 15,000円~ ●サービスメニュー(AM11:30~PM2:00までにご入店) ・懐石料理 7,000円~ *また税・サービス料などが別に...
秋季特別展「京都七宝の時代」 明治・大正期に活躍した七宝家、並河靖之の記念館。 彼の邸宅跡である、建物と庭園、旧工房を公開しています。繊細で優美な七宝・花鳥風月の世界をお楽しみください。
(無鄰菴)特別講座「日本の絵画を知る」のご案内 10月22日、「日本の絵画を知る」自然の光で見る若冲の特別講座を開催します。普段は美術館のガラスケースの向こう側で人工の明かりに照らされて鑑賞されている名画を、自然の光の下で鑑賞で...
第2回京都アメリカフードフェスティバル 京都アメリカフードフェスティバル会場周辺は平安神宮、動物園、美術館をはじめ秋の観光スポットとして有名な永観堂、南禅寺などが点在している魅力あふれる場所です。
さらに開催日2日目...