悲田院(駒札)

内容概要

泉涌寺(真言宗泉涌寺派総本山)の塔頭である。 身寄りのない老人や貧しい人、親のない子ごもを収容する福祉施設である悲田院は、難波京や平城京内に設けられ、平安京でも東西2カ所の悲田院が設けられた。 寺院としての悲田院と平安京の悲田院には不明なところもあるが、寺伝によると、鎌倉時代の延慶元年(1308)、無人如導により安居院(上京区)に天台・真言・禅・浄土の四宗兼学の寺院として建立され、平安京の悲田院の名が引き継がれた。 後花園天皇(在位1428~1464)は当寺を勅願寺とし、これより橙の住職は天皇の綸旨を賜り、紫衣参内が許された。また同天皇崩御の際には当院で葬儀が行われた。 兵乱により衰微するが、正保2年(1645)、如周恵公が高槻城主永井直清の帰依により、この地に移し再考したのが現在の寺域である。幕末までは高槻藩の庇護のもと大いに栄えた。 本堂は再興時の建物で、本尊の阿弥陀如来立像のほか、快慶作の宝冠阿弥陀如来坐像が祀られ、襖絵は土佐光起・光成親子の力作である。毘沙門堂の毘沙門天は「泉山七福神」の一つとして信仰を集めている。また、煎茶道「東仙流」の総司所として煎茶道の普及に努めている。 京都市

【正式名称】
悲田院(ひでんいん)
地図表示

周辺情報

戒光寺  御寺泉涌寺塔頭(たっちゅう)の一寺で、安貞2年(1228)宋国から帰朝した曇照忍律(どんしょうにんりつ)上人により八条大宮の東、堀川の西に創建され、後堀川天皇の勅願所となった...
勝林寺 東福寺の塔頭で、天文十九年(一五五〇)に第二百五世住持・高岳令松によって創建された。仏法と北方を守護する毘沙門天を祀ることから「東福寺の毘沙門天」と呼ばれている。 もと、海蔵院と...
即成院  山号を光明(こうみょう)山(ざん)とする真言宗泉涌(せんにゅう)寺派の寺である。
 寺伝によれば,正暦(しょうりゃく)三年(九九二)、恵(え)心(しん)僧都(そうづ)(源信(げんしん))によ...
今熊野観音  泉涌(せんにゅう)寺の塔頭(たっちゅう)で、正しくは新那智山今熊野観音寺という。西国33箇所観音霊場第15番目の札所になっている。  空海が自ら観音像を刻んで草堂に安置したの...
雲龍院  真言宗泉涌寺派の別格本山である。応安5年(1372)後光厳法皇が竹巌聖皐(ちくがんしょうこう)律師を招いて菩提所(ぼだいしょ)として建立されたのがこの寺のはじまりで、その後、...
東福寺  恵日山(えにちざん)と号し、臨済宗東福寺派の大本山である。藤原道家が嘉禎(かてい)2年(1236)東大寺、興福寺と並ぶ大寺の建立を発願して東福寺と名付け、禅僧円爾弁円(えんに...
泉涌寺  泉山と号する真言宗泉涌寺派の総本山である。  寺伝によれば、当地には天長年間(824~833)に、弘法大師によって建立された法輪寺(後に仙遊寺と改称)があったが、建保6年(1...
お砂踏法要 9月21日~23日、今熊野観音寺。四国八十八ヶ所霊場の各霊場の砂を方丈内に敷きつめ、これを踏んで巡れば四国八十八ヶ所を巡ったと同様のご利益があるとされる。期間中、全国各地から信者が集...
雲龍院 泉涌寺別院。1372年(応安5)後光厳上皇の創建。開山は竹厳聖皐。後円融天皇の綸旨によって如法写経が行われ、後小松天皇も帰依し、発展する。1501年(文亀1)後柏原天皇より御黒戸御殿を賜...
戒光寺 泉涌寺塔頭。身の丈5.4メートル、光背と台座を含め約10メートルの釈迦如来像が本尊。実際は一丈八尺だが、昔は大きな仏像を「丈六」と呼んだ。首から上の病や悪しきことの身代わりになって下...
観音寺 平安時代、嵯峨天皇の勅願により弘法大師が開創され、御本尊は十一面観世音菩薩である。西国三十三所第十五番霊場・厄除、開運の寺として知られ、特に頭痛、智恵授け、ぼけ封じ、の観音様と...
二十五菩薩お練り供養 10月第3日曜午後1時、即成院。同院の本尊・阿弥陀如来と二十五菩薩が、極楽浄土から現世に来て、衆生を極楽浄土へ導く姿を具現する行事。25人の信徒がきらびやかな金襴の菩薩の装束でこれを...
涅槃会 3月14日~16日、東福寺、泉涌寺ほか各寺院。涅槃会は釈迦の遺徳を慕って営まれる法要。釈迦の入滅を伝える涅槃図をかけ、あられもちや豆などを供える習わしがある。法要にあわせ、東福寺では...
泉涌寺 真言宗泉涌寺派の総本山。皇室との関連が深く御寺(みてら)とも呼ばれる。寺伝によれば、空海が天長年間(824-34)ここに草庵を結び、法輪寺としたのが起こり。1218年(建保6)月輪大師が造...
即成院 泉涌寺塔頭。寛治年間(1087-94)に、藤原頼通の子橘俊綱が、伏見山に営んでいた山荘に、阿弥陀如来ならびに二十五菩薩像(重文)を安置し、即成就院と称したのが始まり。1902年(明治35)現...
剣神社 東山の音無川と今熊野川の合流点近くにあり瓊々杵命と白山姫命を祭る。中世は泉涌寺の守り神であったらしい。現在は今熊野一帯の産土神で、とくに子供の疳虫封じ祈願で知られる。天明、天保...
来迎院<東山区> 泉涌寺塔頭。空海(弘法大師)の創建と伝え、わが国最古の荒神坐像(重文)をまつる。又護法神立像5体(重文)は京都国立博物館に管理を委託している。 本尊は阿弥陀如来。浪人中の大石良雄...
東福寺 臨済宗東福寺派の本山。摂政九條道家が聖一国師を開山として菩提寺建立を発願、1236(嘉禎2)年4月2日(鎌倉時代)より19年の歳月をかけて1255年(建長7)に七堂伽藍を完成した。京都五...
善能寺 真言宗泉涌寺の塔頭。洛陽三十三ヶ所観音の第18番札所。弘仁14(823)空海の開基と伝わる。本堂は航空機の事故により犠牲となった。多くの人々の霊を慰めるため、遺族により寄進された。建立...
七福神めぐり 毎年成人の日、泉涌寺。泉涌寺境内には各塔頭にそれぞれ福神を祀り、更に新善光寺の愛染明王と泉涌寺の楊貴妃観音を加え、一山を巡るだけで七福神詣りができる。即成院(福禄寿)、戒光寺(...
即宗院 臨済宗東福寺派、大本山東福寺塔頭。嘉慶元年(1387)九州薩摩藩島津氏久公が、剛中玄柔禅師(東福寺第54世住持)を開山として建立。薩摩藩の菩提寺で氏久公の法名「齢岳玄久即宗院」から寺...
彼岸法要 3月19日、即成院/泉涌寺塔頭。ポックリ寺ともいわれ、長煩いしないという御利益で知られる当寺の法要。希望者は、中風除けの「竹皮御仏飯」が頂ける(有料)。9月にも法要が行われる。市バス...
龍吟庵 臨済宗東福寺塔頭。1291年(正応4)東福寺三世大明国師無関普門(南禅寺開山)の住房跡で、多くの文化財を有する。本尊宝冠釈迦如来。国宝方丈・庭園(重森三玲作庭)・特別公開時のみ。開山...
那須与市の墓 東山区、泉涌寺塔頭・即成院の境内にある。1185年(文治1)屋島の戦で扇の的を射落とし、那須与市宗高は名をあげたが、出陣の途中病気になり伏見の即成院に平癒を祈願し武勲をたてたことが忘...
善能寺庭園 善能寺の庭園は、句碑を刻んだ三尊石組と雲を表現した苔の築山がユニーク。ばんだい号の慰霊を願って池泉も空からの俯瞰図をテーマとして作庭。
東福寺本坊庭園 東福寺本坊の庭園は、重森三玲の作庭による4つの枯山水。「八相の庭」と命名されている。力強い石組の南庭、白砂と刈込の市松模様の西庭、苔と石の市松模様の北庭、北斗七星の東庭。意匠は...
京都青窯会会館 ・展示-青窯会会員の窯元が制作した陶芸品を展示、販売。・体験-陶芸絵付け(湯呑1,080円・小皿870円、マグカップ1,300円、抹茶碗1,300円)    手びねり(3,240円)午前11時~午後3時3...
雲龍院(体験) ・写経-毎日9時から15時受付。抹茶・お菓子付で1,500円。 個人,団体とも可。(団体は事前連絡要)
小嶋商店 提灯もまた京都の伝統工芸のひとつに数えられる。閑静な住宅街の一角にある小嶋商店。中に入ると、職人さんが提灯を作っている様子も見られる。ここではまずビデオで提灯作りの工程などを勉...