恵福寺(駒札)

内容概要

 当寺は,盛尊上人(1331没)が鎌倉時代に法界寺の塔頭として創建されたと考えられている。創建時は天台宗の寺院であった。  戦国時代突入のきっかけとなった応仁の乱(1467~1477)からおよそ100年間,日野は戦場として兵火に覆われた。法界寺が阿弥陀堂だけを残して,ことごとく焼けた時,恵福寺もその被害にあったと考えられている。文献,縁起書なども残されておらず,宇治群村誌によると「当,恵福寺の扁額は,中御門宣胤卿の筆にしてその記にみゆ」と記されているが,この扁額は現存しない。  慶長3年(1598),浄土開基,大悦十故上人が恵福寺を再興し,捨世派東山一心院の末寺として浄土宗に改めた。現在は総本山知恩院末寺となっいる。  寺宝として,像高268.2㎝の丈六の腹帯地蔵菩薩(木造),阿弥陀如来立像,半跏地蔵菩薩像(いずれも平安時代)などを蔵している。

【正式名称】
恵福寺(えいふくじ)
地図表示

周辺情報

法界寺  東光山と号し、日野薬師ともいう。永承6年(1051)日野資業(ひのすけなり)の本願によって創建された。もと天台宗であったが、いまは真言宗醍醐派に属する。

 代々日野家の一族...
平重衝墓(石柱)  この地は、平重衡の北ノ方大納言佐殿が、平家没落後、身をよせていたところと伝える。

 一ノ谷の合戦で捕えられ、鎌倉に送られた平重衡は、南都大衆の訴えによって前年の南都焼打の責...
法界寺裸踊り 元旦より14日間本堂薬師堂において、五穀豊穣、万民快楽、諸願成就を祈る修正会法会が厳修され、結願日にあたる1月14日の夜、精進潔斎した少年、青壮年の信徒が二組に分かれ、褌一つの裸形...
法界寺  真言宗醍醐派の古刹で、通称日野薬師ともいう。藤原氏の北家にあたる日野家の菩提寺で、1051年(永承6)日野資業が薬師如来像を造って、日野家伝来の小像の薬師如来を胎内に収め、薬師堂を...
日野誕生院 本願寺第20代広如宗主の文政11年(1828)9月、宗祖親鸞聖人のご誕生の地を顕彰して、ここに一つの堂宇が建てられた。これが日野誕生院のはじまりである。当初、この堂宇を有範堂または宝物堂...
恵福寺 (沿革)伏見は醍醐の南、日野の山すそにあり、宇治と隣接している。近くには法界寺(国宝)、親鸞上人の日野誕生院がある。また方丈石も歩いて15分ぐらいの山中にある。創建年代は鎌倉時代後期...