金剛寺(駒札)

内容概要

当寺は山号を一切(いっさい)経(きょう)山(ざん)とする浄土宗の寺院である。 奈良時代、天平(てんぴょう)年間に行基(ぎょうき)が東岩倉山(左京区)の一切(いっさい)経(きょう)谷(だに)に創建した阿弥陀堂に起源をもち「上(かみ)の堂」とも称した。   伝えでは、行基は丈六(じょうろく)の阿弥陀如来像を彫ったとされる。丈六とは仏像の理想の大きさで一丈六尺(約四.八m)の略。座れば一丈程度(約三m)になる。応仁の乱で、東岩倉山一帯は戦場となり、当寺は荒廃したが,伝えによると焼けた御堂から首だけになった阿弥陀如来像を信者たちが見つけだし、それを粟田の地に遷し、仮堂(粟田惣堂)を建て蔣(こも)(わら)を敷き、その上に阿弥陀如来の頭部像を祀ったところから、今も蹴上には「小物座(こものざ)(蔣座)町」という地名が残る。 以降、地元の住民たちによって御堂は守られ信仰されてきたが、 慶長(けいちょう)七年(一六〇二)に岌(きゅう)然(ねん)上人が、青蓮院門跡の許可を得て、 現在の地に堂を移し寺を再興した。 正徳(しょうとく)三年(一七一三)には 本尊が修復され、享保(きょうほう)十五年(一七三〇)には本堂が建立され、 現在に至る。 また当寺は「洛陽(らくよう)四十八(しじゅうはち)願所巡り」の第二十七番の札所であり、慶長年間の頃から、朱印に「行基(ぎょうき)菩薩(ぼさつ)御作(おんさく) 出陣(しゅつじん)の弥陀(みだ)安置(あんち)」という印を捺している。                  京都市

【正式名称】
金剛寺(こうんごうじ)
【住所】
東山区五軒町124
地図表示

周辺情報

三条小鍛治の古跡  宗近は平安中期の刀匠で姓は橘。信濃守粟田藤四郎と号し、東山粟田口三条坊に住したので三条小鍛冶とも称した。

 名刀子狐丸をはじめ幾多の刀剣を造ったが、現存するものとして三日月宗...
明智光秀の塚  天正10年(1582)、本能寺にいた主君織田信長を急襲した明智光秀は、すぐ後の山崎(天王山)の戦いで羽柴秀吉(豊臣秀吉)に敗れ、近江の坂本城へ逃れる途中、小栗栖の竹薮で農民に...
青蓮院  天台宗に属し、三門跡(もんぜき)のひとつで、粟田御所とも呼ばれる。比叡山東塔南谷に伝教大師最澄が僧侶の住居として建てた青蓮坊が起りで、その12代行玄(ぎょうげん)(天台座主)...
寂光寺  妙泉山(みょうせんざん)と号する顕本(けんぽん)法華宗の寺院である。  寺伝によれば、天正六年(1578)に日淵(にちえん)上人により創建され、はじめ久遠院(くおんいん)と号し、室町...
粟田神社 大己貴命の疫病除け御神託による創建で、‘牛頭天王’を祭った粟田口の総社だった。のち天台宗青蓮院門跡の鎮守社に。社殿は平安初期にできたが江戸中期から末期に本殿、拝殿とも再建。スサノ...
寂光寺 顕本法華宗。1578年(天正6)日淵が出水室町に創建。2世日海は囲碁の名手で、信長、秀吉や家康の指南役も務めた。没後、門弟が、この寺の塔頭の名である本因坊の名を受け継ぎ、江戸に本因坊...
広沢池灯籠流し  毎年8月16日7時より催されるお盆の精霊送りの行事。広沢池の西南にある児神社(ちごじんじゃ)で受付。回向(塔婆施餓鬼供養)をした後,広沢池一面に五色の流し灯籠を水に浮かべる....
青蓮院 天台宗の京都五ヶ室門跡の一つ。宗祖伝教大師以来の比叡山上の住坊「青蓮坊」が発祥。その京都での里坊として天台座主行玄が平安後期に院の御所に準じて建立。「青蓮院」と称した。殿舎の中...
知恩院 知恩院は、宗祖法然上人が1175(承安五)年、吉水の地に草庵を結ばれたことを起源とし、入寂された遺跡に建つ浄土宗の総本山。第二世源智上人により基礎が築かれ、徳川家康、秀忠、家光らの...
粟田神社大祭 10月体育の日前々日・前日・体育の日・10月15日、粟田神社。夜渡り神事では剣鉾の台車2基と大きな灯篭の山車である「大燈呂」などが、太鼓の音とともに氏子町内を巡る。神幸祭では、18基ある...
本妙寺 1574年(天正2)日典が新烏丸丸太町付近に創建。宝永の大火のあと、現在地へ移った。境内に赤穂義士吉田忠左衛門・同沢右衛門および貝賀弥左衛門夫妻らの墓がある。貝賀の手槍、義士たちの手...
大将軍神社 素戔嗚尊を主祭神とし、藤原兼家を配祀する。794年(延暦13)平安京造営の際、桓武天皇が大内裏鎮護のために都の四方に祭祀した大将軍神社の東南方角の一つ。特にこの地は京に入る七口の一つ...
満足稲荷神社 祭神、倉稲魂命。文禄年間(1592~96)、豊臣秀吉が伏見城の守護神として伏見稲荷大社の祭神を勧請。後1693年(元禄6)現在地に遷座した。秀吉の崇敬が篤く、社名の満足の二字は、秀吉が祭神...
二条通 京都市街地中央部の東西路。東は白川通から西は千本通まで。平安京大内裏の南を東西に走り、朱雀大路につぐ広い通りであった二条大路は二条通の寺町通以西に当たる。1895年(明治28)から192...
六勝寺のこみち 左京区岡崎、琵琶湖疏水沿いの散策路。南禅寺橋から川端通まで約2キロ、柳や桜の下陰を縫って小道が通じている。平安末期、白河天皇らが建立した法勝寺、尊勝寺、最勝寺、円勝寺、成勝寺、延...
ロームシアター京都 ロームシアター京都(京都会館)は2016年1月10日にリニューアルオープンしました。2005名収容のメインホールをはじめ、716名収容のサウスホール、リハーサルや約200名収容の小劇場としても利...
京都市勧業館 平安建都1200年記念事業の一つとして平成8年に建設された。多様なイベントに対応できる4,000㎡の無柱の展示場をはじめ、大小の展示場及び会議室等を備える。地下1階には京都の伝統産業の粋を...
京都国立近代美術館 国内外の近代美術品約12,000点を収蔵。特に京都画壇や関西洋画壇の作品収集で知られ、版画、陶芸、彫刻、デザイン、写真、その他の資料の収集・保管及び調査・研究を行っている。設置:1963...
京都市美術館 昭和8年11月、本館は昭和天皇の大礼を記念して開設された。明治以降の京都を中心とした日本画、洋画、彫刻、工芸、書、版画など約3,200点を収蔵。海外展や公募展、コレクション展といった市...
公益財団法人 藤井斉成会有鄰館 屋上に八角堂を置く中国風建物。殷代から清代の中国民族遺産である絵画、書、仏像、青銅器、陶磁器、古印等を所蔵。漢字や仏像の起源と流れを知りうる資料館。大正15年以来公開。情操文化の...
京都伝統産業ふれあい館 京都の伝統的工芸品74品目約500点を展示。四季に応じて随時展示替えを行っており、多種多様な伝統工芸品をご覧いただけます。また、職人による実演も行っております。そして毎月第3日曜日に...
日図デザイン博物館 京都市勧業館(みやこめっせ)の中にある。人々の生活文化に対し、デザインを通じて、その美意識の高揚と豊かな教養を函養する場として昭和51年11月にオープンした。デザイン文化、デザイン...
細見美術館 細見美術館は公益財団法人細見美術財団が収蔵する、日本美術の名品の数々を展示・公開している。細見コレクションは細見家三代にわたって蒐集した、珠玉の日本美術コレクション。コレクショ...
並河靖之七宝記念館 明治から大正時代の日本を代表する七宝家 並河靖之の記念館。並河家に伝わる七宝作品(国登録有形文化財)のほか、旧邸宅や工房(国登録有形文化財および京都市指定歴史的意匠建造物、景観...
青蓮院庭園 青蓮院の庭園は四つの庭で構成されており、順路の最初は室町時代の相阿弥作と伝わる庭です。この庭は龍心池を中心とした廻遊式庭園で洗心滝や跨龍橋がある。築山や大きな池が室町時代の名残...
知恩院方丈庭園 大方丈・小方丈に面した庭園(京都市指定名勝)。広い池は東山を借景とし、茂る樹々の姿を水面に映して幽寂の世界を創出。小方丈の東には知恩院所有の国宝「阿弥陀如来二十五菩薩来迎図」を...
大安 国内産の素材だけを使用し、化学調味料・保存料・合成着色料を使わない、こだわりの京つけものを取り揃えている。動物園・美術館などが立ち並ぶ京の文化ゾーン、岡崎の一角にある。つけもの...
京都市動物園 1903年に開園した日本で2番目に歴史のある動物園。「近くて楽しい動物園」の実現を目指し進めてきた再整備工事が平成27年10月に完了し,11月8日にグランドオープンした。動物と...
岡崎公園 1895年(明治28年)の内国勧業博覧会跡地に、市の公園として開設された。美術館、図書館、ロームシアター京都、動物園などがある文化ゾーンとなっている。また運動場でテニス、野球を楽しむ...
古川町商店街振興組合 天正(安土桃山時代)以前より若狭街道(通称:鯖街道)として南北に通っており、長い間廃道のまま田畑にされていたが、寛文6年(1666年)に復旧され古川町通りとなる。知恩院門前町として、南北22...
京都トラベラーズ・イン ・室数78室(和室38室・洋室40室)・宿泊料金  シングル     5,940円~ツイン   最低9,720円~最高21,600円*宿泊料金は、客室の設備・広さ、人数、シーズン・オフシーズン、平日・...
瓢亭 ◎料理種別-京料理・懐石料理 ●懐石料理(AM11:00~PM7:30) ・昼食  23,000円~(税・サ込)(AM11:00~PM2:00) ・夕食  27,000円~(税・サ込) ●AM11:00~PM2:00 ・うずらがゆ...
美濃吉 本店竹茂楼 ◎料理種別-京料理・懐石料理 ●おすすめコース ・懐石料理 15,000円~ ●サービスメニュー(AM11:30~PM2:00までにご入店) ・懐石料理 7,000円~ *また税・サービス料などが別に...
末法/Apocalypse ―失われた夢石庵コレクションを求めて― 夢石庵の死後散逸したコレクションの中から、白眉といえる平安時代の仏教美術を中心に、長く秘されてきたその全貌を初めて紹介します。
秋季特別展「京都七宝の時代」 明治・大正期に活躍した七宝家、並河靖之の記念館。 彼の邸宅跡である、建物と庭園、旧工房を公開しています。繊細で優美な七宝・花鳥風月の世界をお楽しみください。