志明院(金光峯寺)(駒札)

内容概要

 岩屋山と号し、真言宗単立寺院である。一般に岩屋不動(いわやふどう)と呼ばれている。寺伝によれば、白雉(はくち)元年(650)に役行者(えんのぎょうじゃ)が創建し、のち、天長6年(829)弘法大師が淳和天皇の命により再興した。以来皇室の勅願所として崇敬が深く、天下の平和の祈願のため諸堂開扉の詔があり、この時「志明院」の勅額を天皇から賜わり、これを寺号にしたという。度々兵火や火災に遭い、現在の主要建物は明治以降の再建である。  本堂には空海の開眼と伝える不動明王を安置し、奥院である根本中院には菅原道真の手彫と伝える眼力不動明王を安置している。また、境内には歌舞伎「鳴神(なるかみ)」で有名な鳴神上人が龍神を閉じこめた所と伝承される護摩洞窟(ごまどうくつ)など修験道(しゅげんどう)にちなむ伝承地が多い。また、付近一帯には京都市の天然記念物である石楠花(しゃくなげ)が多く、四月下旬に開花して美しい。北区雲ヶ畑出谷町

【正式名称】
志明院(金光峯寺)
【住所】
雲ヶ畑出谷町261
地図表示

周辺情報

志明院 当山は650年(白雉元年)役の行者が草創。829年(天長6年)弘法大師が、淳和天皇の叡願により再興、本尊不動明王は淳和天皇の勅願に依り弘法大師の直作と伝えられ、根本中院本尊眼力不動明王...
志明院大祭 4月29日、志明院。同寺の大法要だが、この時期、境内のシャクナゲが満開になるのでこの名がついた。山伏姿の男女行者らが錫杖を手に般若心経を唱える中、住職が柴灯大護摩に護摩木を投じる。...