西向寺(駒札)

内容概要

 幸阿弥谷と号し、浄土宗知恩院派に属する。寛永年間(1624~1644)清誉浄顕上人(せいよじょうけんしょうにん)が西向庵を称する小草庵とこの地に創建し、念仏弘通(ぐつう)の道場としたのが当寺の起こりである。現在の堂宇は宝暦2年(1752)、6世俊龍和尚により再建された。明治15年(1882)本山知恩院から寺号を得て、西向寺と名を改め、以後庶民の寺として栄え現在に至っている。  本堂には本尊阿弥陀如来二十五菩薩を祀る。南脇壇に安置する二体の阿弥陀如来像は、「二葉の弥陀」と称し、藤原時代中期の作と言われる。この仏像内に納められていた慶安2年(1649)銘の胎内文書・本尊再興奉加帖によれば、上賀茂神社の別所であった上賀茂御堂西念寺のもので、明治初年の廃仏毀釈で廃寺となった際に当寺に安置されたものと推定される。また、地蔵堂東側には明徳2年(1391)銘の地蔵菩薩板石塔婆があり、「京の三板碑」の一つに上げられる。北区紫野東蓮台野町

【正式名称】
西向寺
【住所】
紫野東蓮台野町15
地図表示

周辺情報

今宮神社 大己貴命(おおなむちのみこと)・事代主命(ことしろぬしのみこと)・奇稲田姫命(くしいなだひめのみこと)の三柱を祀る神社で正暦5年(994)に船岡の上に創立されたといわれ、疫病の...
高桐院  当院は江戸時代初期の武将で茶人としても有名な細川忠興(ただおき)(三斎(さんさい))が、父・幽斎(ゆうさい)の弟・玉甫紹琮(ぎょくほしょうそう)を開祖として建立した大徳寺の塔...
高桐院 大徳寺塔頭。1601年(慶長6)利休七哲の一人細川忠興(三斎)の創建。利休邸移築の書院につづく茶室松向軒は秀吉の北野大茶会に用いられたものを移したと伝える。江戸初期につくられた庭に三...
やすらい祭 4月第2日曜、今宮神社。花と共に飛び散る疫神を鎮めるためのこの祭は、「はなしづめ」「鎮花祭」の流れをくむ祭で、別名「やすらい花」ともいい、春の祭のさきがけ。平安の昔、サクラの散る...
今宮祭 5月5日~5月15日に近い日曜、今宮神社。車太鼓を先頭に祭鉾、八乙女、御神宝、牛車1基、神輿3基などの神幸列が巡幸し、御旅所へ向かう。途中、北大路旧大宮で神輿を舁ぎ上げ、御旅所到着後、...
例大祭<今宮神社> 10月8日~10月9日、今宮神社。前夕神事では、御神楽「人長の舞」が奉納される。本祭では、東遊が奉納される。この舞は、安閑天皇の時代、駿河国の有度浜に天女が舞い降り遊んだという故事か...
寶物曝涼展 10月第2日曜日、高桐院。虫干しを兼ねた年1回の寺宝の一般公開。国宝・李唐筆「絹本墨画山水図」ニ幅や、秀吉が北野大茶会で使用したものと伝わる重文・「絹本着色牡丹図」ニ幅などが見られ...
今宮神社 平安期以前から疫病鎮めに疫神を祀った社があったといわれる。994年(正暦5)都の悪疫退散を祈り、御輿を造営し紫野御霊会を営んだのが今宮神社の起りである。現在の社殿は1902年(明治35)...
北大路通 京都市街地北部の東西幹線路。東は白川通から西は西大路通まで。昭和初年に市街地の外郭線として設けた。1923年(大正12)から1935年(昭和10)にかけて東大路通から西に市電が開通。廃線と...
ツラッティ千本 ツラッティ千本は、京都市北西部に位置する千本地域において、同和問題をはじめ広く人権問題を学習する資料館として平成6年(1994年)に開設した。展示室では、千本地域の歴史、文化、生活並び...
高桐院庭園 高桐院の方丈の庭は楓の庭。四季折々に変化に富んだ風情を楽しめるが、とりわけ紅葉が美しい。松向軒は細川忠興(三斎)ゆかりの茶室。平成10年度、書院「意北軒」と「松向軒」は創建当時の...
船岡山公園 建勲神社に隣接する船岡山の西北部一帯が公園で、約56,200平方メートルある。頂上付近からの市街地眺望は抜群。ツツジ、ハギ等、雑木林の中を遊歩道が延び、あずまや、藤棚などがある。開設...