蓮華寺(駒札)

内容概要

 山号を帰命山という天台宗の寺で、もと比叡山三千僧坊の一つであったらしいが古記がなくなり古い沿革は明らかでない。寛文年中(1661~1673)に加賀前田家臣今枝重直が出家して宗二居士(そうじこじ)と号し、この地に一宇を構えて居住し、石川丈山、狩野探幽らと親しく交わり、晩年をここで過ごした。この孫近義(ちかよし)は宗二居士の徳を慕い、当寺を再興して延暦寺実蔵坊の末寺となった。一説には、この寺はもと時宗(じしゅう)で七条塩小路にあったのをこの地に移したともいう。  本堂には本尊として釈迦如来を安置し、境内には石造美術の好資料として有名な蓮華寺型の灯篭や、近義の祖父重直の碑がある。これは石川丈山の篆額(てんがく)、木下順庵の撰文になるものである。なお寺宝の山王霊験記二巻は室町時代の作と推定され、重要文化財に指定されている。庭園は江戸初期の豪華な石組を誇る名園である。左京区上高野八幡町

【正式名称】
蓮華寺
【住所】
上高野八幡町1
地図表示

周辺情報

崇道神社 奈良後期、光仁天皇の皇子早良親王を祭る。早良親王は反桓武帝の中心勢力で、のち捕われ自殺。当時都に悪疫が流行したのは親王の祟りとされ、その霊をなぐさめるため崇道天皇の追号を贈り、...
蓮華寺<左京区> 天台宗。江戸初期の寛文年間(1661-73)加賀藩の家老今枝近義が洛中から移し再興。本堂前に六角形急勾配の笠をつけた蓮華寺型石灯籠があり、茶人の間で有名。鐘楼には黄檗2世木庵禅師銘のあ...
小野毛人墓 京都市指定史跡。崇道神社境内の裏山。1613年(慶長18)に墓誌が発見された小野妹子の子、毛人の墓。現在、内藤湖南が碑文を撰した墓碑(大正4年建立)が立つ。問合せ先 崇道神社 075-722-...
蓮華寺庭園<左京区> 左京区蓮華寺書院の東側から、清流を導いた奥行きのある池泉鑑賞式。亀頭石、舟石が池に表情を与えている。本堂前に六角燈籠(蓮華寺型燈籠)。