実相院(駒札)

内容概要

 もと天台宗寺門派の門跡寺院。寛喜元年(1229)、静基(じょうき)僧正の開基。寛永年間、足利義昭の孫に当たる義尊が入寺。その後、後西天皇の皇子義延親王が入寺。以来、宮門跡が続いた。  客殿・御車寄など、東山天皇の后、承秋門院の薨去に際し、大宮御所の建物を賜ったもので、現存する数少ない女院御所といわれている。寺宝には、後陽成天皇宸翰(しんかん)「仮名文字遣」(重要文化財)、後水尾天皇宸翰「忍」他、狩野永敬をはじめとする狩野派による襖絵を多数蔵する。左京区岩倉上蔵町

【正式名称】
実相院
【住所】
岩倉上蔵町
地図表示

周辺情報

岩倉具視幽棲旧宅 ここは、文久二年(一八六二)九月から慶応三年(一八六七)までの五年間、明治維新に功績のあった岩倉具視が幽棲したところである。昭和七年三月、「史跡」に指定された。 具視は、幕末の騒...
実相院門跡 1229年(寛喜1)静基僧正が開創。もとは天台宗寺門派の門跡寺院。本堂・四脚門・お車寄せは、東山天皇中宮承秋門院の旧殿の一部を下賜されたもので御所の建築遺構。本尊不動明王像・歴代天皇...
岩倉具視幽棲旧宅 幕末~明治期の代表的な政治家である岩倉具視(文政8-明治16,1825-1883)が,佐幕派と見なされ攘夷運動の高まりの中で一時失脚して岩倉村に隠棲,当旧宅は元治元年(1864)から慶応3年(186...
実相院庭園 裏山を背にした池泉式庭園と表の石庭は趣を全く異とする。その2つをむすぶ通路のかえでが室内に映りこむ様子は「床もみじ」「床みどり」と呼ばれている。ホームページ http://www.jissoin.com