西翁院(駒札)

内容概要

 当院は大本山金戒光明寺の塔頭寺院である。天正12年(1584)藤村源兵衛西翁院宗徳居士によって、明蓮社光誉清玄上人を開祖として創立されたもので、本尊に春日作の阿弥陀如来をまつる。  有名な茶室「反古(ほろぐ)庵」は、宗徳居士の後嗣宗佐の養子となった久田氏出自の藤村庸軒によって貞享2、3年(1665、6)の頃に建てられたもので、遠望できる景勝の地にあり、はるか淀、山崎方面を臨みうるところから、「淀看席(よどみのせき)」とも云われる。  庸軒は諱を当直(まさなお)、字を微翁、庸軒または反古庵と号した。薮内家に学び、古田織部の流れをくみ、小堀遠州や千家中興の元伯宗旦に従ってその薀奥(うんおう)を極め、庸軒流として一家をなした。庸軒の茶室には書院式の傾向と侘形式とを併せ持ち、一方、織部の弟子、笹屋宗貞(泉州堺の茶人)の中襖の茶室を模したことから、茶室「宗貞囲(そうていがこい)の席」とも云われている。左京区黒谷町

【正式名称】
西翁院
【住所】
黒谷町
地図表示

周辺情報

日吉神社  この地には、九百数十年前に一條天皇の母后東三條女院離宮があった。女院はこの離宮に比叡山の常行堂に安置されていた阿弥陀仏を移して寺院とし、真如堂を創建された。

 そして、同じく...
真如堂  鈴声山真正極楽寺と称し、天台宗に属する。  叡山の戒さん(かいさん)上人が永観2年(984)一条天皇の御母東三条院藤原詮子の御願によって神楽岡(かぐらおか)東の離宮内に堂を建...
宗忠神社  黒住教の教祖黒住宗忠を祀る。  宗忠は、安永9年(1780)備前国(岡山県)の今村宮の神主の家に生まれ、文化11年(1814)の冬至の日、朝の太陽を拝しているうちに神人一体の...
岡崎神社  祭神として素戔鳴尊(すさのおのみこと)、奇稲田姫命(くしいなだひめのみこと)、及びその御子三女五男八柱神を祀る。  社伝によれば、桓武天皇の平安京遷都に際し、王城鎮護のため平...
元真如堂(換骨堂)  真如堂の境外塔頭で、またの名を換骨堂と呼ばれている。  当寺は、もと東三條院(一条天皇の母、藤原詮子(せんし))の御所であったが、正暦三年(992)、女院は夢告により、叡山常行...
斎場所大元宮  平安時代後期、この付近に六つの大寺、いわゆる六勝寺が皇室の御願寺としてあいついで建てられた。建設費はいずれも諸国の国司らが負担した。この付近は華麗な院政期仏教文化の一中心であ...
金戒光明寺  紫雲山と号する浄土宗の大本山で、通称、黒谷(くろだに)の名で親しまれている。  寺伝によれば、承安五年(1175)、法然上人が浄土宗の確立のために、比叡山西塔の黒谷にならって、...
お十夜 11月5日~15日、真如堂。1437年(永享9)、平貞国によって始められた。願いがかなえられた感謝に計10日10夜念仏を唱えた故事による。5日の開白に続いて毎日大鉦八丁が打ち鳴らされ、15日午後...
岡崎神社 子授け、安産、厄除の神。平安京の鎮護のため桓武天皇が四方に建立した社の一つで、都の東にあたるところから東天王と称される。スサノオノミコトほかを祭る。869年(貞観11)清和天皇が社殿...
京都薪能 6月1日(木)2日(金)、平安神宮。京都市・京都能楽会主催。平安神宮の大極殿前に特設された舞台で、観世・金剛・大蔵各流儀による能・狂言が上演される。篝火の揺らめく光に照らされて、雰...
平安神宮  平安京奠都(てんと)の延暦(えんりゃく)十三年(七九四)より千百年にあたる明治二十八年(一八九五)、桓(かん)武(む)天皇を祭神として創建された。紀元二千六百年にあたる昭和十五年(一...
時代祭 10月22日、平安神宮の例祭。桓武天皇が平安京に入った794年(延暦13)10月22日を記念する行事で、1895年(明治28)の平安遷都1100年祭から行われるようになった。この祭の特色は、平安時代か...
金戒光明寺 「くろ谷さん」の名で親しまれる浄土宗大本山。法然上人が初めて草庵を結んだ地で、幕末の京都守護職を務めた会津藩主・松平容保(まつだいらかたもり)が本陣を構えた寺で、新選組誕生の地...
西雲院 金戒光明寺塔頭。1175年(承安5)法然上人がこの地の石に腰を下ろし、日想観をしていると、紫雲がたなびいて、悟った上人は、この岡に庵を結んだのが金戒光明寺の始まりであり、この石を「紫...
真正極楽寺 正式には真正極楽寺。天台宗。戒算上人が984年(永観2)延暦寺の常行堂に安置された阿弥陀如来像を神楽岡に移し開創。応仁の乱のあと各所を転々、1693年(元禄6)現在地に落ち着いた。国宝の...
須賀神社 スサノオノミコトなどを祭る。創祀当時は西天王社ともよばれ、当時の社殿は、現在の平安神宮蒼龍楼付近にありました。鎌倉期、北条高時の反乱で吉田神楽岡に避難したが、延元元年二月、社殿...
宝物虫払会 7月25日、真如堂、宝蔵に納められている寺宝約200点を年に1度虫干しをする行事で一般に公開される。主な展示物は「真如堂縁起」(写本)、「寒山拾得」、「涅槃図」など寺宝約200点。有料。...
平安神宮 平安遷都1100年祭(1895年・明治28)に市民の総社として鎮座。桓武、孝明両天皇を祀る。平安京大内裏の正庁を模した応天門、大極殿など朱塗りの建築が美しい。神苑(名勝)は約3万平方メート...
神幸祭<須賀神社> 5月第2日曜日、須賀神社。午後1時本殿で祭典が行なわれた後、午後1時40分剣鉾を先頭に子ども神輿や稚児行列がにぎやかに氏子域を練り歩く。市バス/熊野神社前、徒歩5分。問合先:須賀神社075...
引声阿弥陀経会 10月14日~10月16日、真如堂。藤原時代の永観年間、比叡山延暦寺の常行堂にあった阿弥陀如来像を移して建立されたお寺。慈覚大師円仁により伝えられた阿弥陀経を1語1語引くように、ゆるやか...
観桜茶会 4月1日~4月15日、平安神宮。神苑の茶室「澄心亭」にて観桜茶会が催される。市バス/岡崎公園 美術館・平安神宮前、徒歩5分。問合先:平安神宮075-761-0221。
献菓祭 11月23日~25日、平安神宮。業界の発展隆昌を願って、北は北海道から南は九州までに至る全国の銘菓を三方に盛り、本殿神前に供える祭典(関係者以外は参列不可)。連日、境内額殿にて、献菓...
御辰稲荷神社 1705年(宝永2)、東山天皇の即室、崇賢門院が白きつねの霊夢を見たことから東山天皇の勅許を受け創建されたと伝える。祀られた社が禁裏御所の辰(東南)の方角にある森であったことから、御...
神苑無料公開 平成29年6月2日、9月19日の年2日 平安神宮。神苑は平安朝の様式を模して作られた広さ3万3000㎡の回遊式庭園。その中の白虎池の水辺には、江戸系、伊勢系、肥後系などに分けられる花しょうぶ...
煎茶献茶祭 9月最終日曜、平安神宮。煎茶道六流派家元が、毎年輪番で御神前にて厳かにお点前を披露し献茶奉仕する。関係者以外は参列不可だが、終了後は苑内各所に協賛茶席が設けられ参加できる。市バス...
夏越の大祓式 6月30日、平安神宮。1月~6月の半年間の罪・穢れを祓い、残り半年を無事に過ごせるようにと祈る行事。応天門には大きな「茅の輪」を飾り、その茅の輪をくぐると無病息災・悪厄退散になると伝...
涅槃図公開 3月1日~31日、真如堂。宝永6年(1709年)に僧厭求、海北友賢によって制作された極彩色の縦6m横4mの巨大な涅槃図。期間中のみ、黒砂糖をまぶした「花供曽(はなくそ)あられ」がいただける。...
平安神宮・紅しだれコンサート 4月6日~9日、平安神宮、東神苑などの紅枝垂れ桜がライトアップされ、東神苑の貴賓館では幻想的なコンサートが開かれる。演奏曲目は日毎に変わる。市バス/岡崎公園 美術館・平安神宮前、徒歩...
例祭<平安神宮> 4月15日~、平安神宮。本殿にて例祭が斎行され、神楽「平安の舞」を見ることができる。16日翌日祭の神賑行事は、大極殿前の特設舞台で、神楽舞、舞楽、花街の舞踊などが華やかに上演される。...
西雲院 紫雲石 霊石の一つ。法然上人が念仏弘通の聖地を求めてこの地に着き、大石に腰をおろし念仏を称えながら回想観をすると、たちまち紫雲が棚引き、芳香が四方に薫じたという。この奇瑞によってこの大...
真如堂庭園 真如堂の庭園「涅槃の庭」は、比叡山など東山三十六峰を借景とした枯山水。雄大な山並みと涅槃を表した石組が呼応。特に大文字山の眺めがよい。また、2010年に重森千青氏によって作庭された...
平安神宮神苑 平安神宮の神苑は、明治28年七代目小川治兵衛作庭。南・西・中・東と4つの神苑から成り、それぞれ異なる趣を持つ。八重紅枝垂桜、花菖蒲など四季折々の花も見事。平安神宮ホームページhttp:...
大安 国内産の素材だけを使用し、化学調味料・保存料・合成着色料を使わない、こだわりの京つけものを取り揃えている。動物園・美術館などが立ち並ぶ京の文化ゾーン、岡崎の一角にある。つけもの...
元東伏見宮家別邸 料理旅館吉田山荘 ・室数11室(和室11室)・宿泊料金(1泊2食・税・サービス料込)バス付個人  93,150円バスなし個人 43,470円*宿泊料金は、客室の設備・広さ・料理、人数、シーズン・オフシーズン、平日...