貴船神社奥宮(駒札)

内容概要

 当地は、貴船神社が当初創建されたところで、当社の祭神も本宮と同様、雨や水をつかさどる神・高おかみの神である。  社伝によれば、「反正天皇の時代(5世紀初め頃)に、玉依姫(たまよりひめ)(神武天皇の母)が黄船に乗って浪速(大阪)から淀川、鴨川、貴船川をさかのぼって当地に上陸したが、そこに祠(ほこら)を営んで水神をまつったのが当社の起りである」とのことで、地名及び社名の起源をこの「黄船」にもとめる説もある。  境内の本殿横には、この伝説にまつわる船形石があり、これを積み囲んだ小石を持ち帰ると航海安全につながるとされた。  また、本殿下には巨大な龍穴(縦穴)があり、文久年間(19世紀中頃)の本殿修理の際、大工があやまってのみをこの中へ落としたところ、一天にわかにかき曇り、風が吹きすさんで、ノミを空中へ吹き上げたという。  このほか、宇治の橋姫の奇談や和泉式部の恋願成就など、当社にまつわる逸話は数多い。  なお、当社境内周辺には、1985(昭和60)年6月に京都市指定天然記念物に指定されたカツラをはじめ、高木が数多く見られ、自然の宝庫としても興味深い所である。左京区鞍馬貴船町

【正式名称】
貴船神社奥宮
【住所】
鞍馬貴船町
地図表示

周辺情報

料理旅館 右源太 和室・・・2名 49,680円/3名 45,954円/4名 42,228円/     5名 38,502円/6名 34,776円 12/31~1/3 ※お正月料金に関しましてはお問い合せ下さい。洋室・・・2名 45,954円/3名 42,2...
料理旅館 右源太 ◎料理種別-京料理・川床料理・鍋もの ●おすすめコース ・会席(川床)料理 7,825円~18,630円  (7,825円は7月~8月の土日祝・お盆を除く*昼のみ) ・氣生根(きふね)鍋 22,35...