手づくり工房 京都屋

内容概要

漆器は、日本の伝統工芸の中で、唯一japanと云われています。
加飾の職人さんと同様の作業工程で「加飾」を体験していただきます。体験を始める前に、「漆器について」の話をさせて頂きますので、体験時間は、たっぷり1時間は必要です。

漆器業界で使用しています合成素材に「加飾」を体験して頂きますので、「うるしにかぶれる」等の心配はありません。加飾に使用致します塗料の主原料は、「顔料」です。匂いもほとんどなく、アレルギーの方でも心配はありません。
イラストのデザインは、18種類を用意しております。オリジナルのデザインでも「加飾」が出来ますので、自由にお考えいただき、ご用意頂いても結構です。

学習書「京都の伝統工芸~京漆器」をお申し込み後に送付致しますので、事前にご活用ください。

【正式名称】
手づくり工房 京都屋(てづくりこうぼう きょうとや)
【住所】
京都市南区吉祥院定成町30 ピュールシャトー303
【電話番号】
075-662-1291
【FAX】
075-662-1028
地図表示
駐車場情報
見学所要時間 約60分
休日・休館 年中無休
料金 漆器の加工体験 1,630円
30~300名程度
体験学生人数が、50名様以下は別途出張料5,000円が必要
※修学旅行の学生様のみ
ホテル・旅館での出張体験のみ。
予約方法 TEL・FAXでご予約。
備考 修学旅行の下見での先生様のお泊りのご宿泊所へ当方より出向きまして、「漆器の加飾」体験を説明させていただきます。

周辺情報

吉祥院天満宮  祭神として菅原道真を祀り、洛陽天満宮25社の一つに数えられている。

 社伝によれば、道真の祖父清公(きよきみ)が、邸内に一宇を建立し、吉祥院と名付けて菅原家の氏寺としたのが、...
吉祥院天満宮 朱雀天皇が菅原道真を尊崇して勅祀した初の天満宮。また遺唐使だった道真の祖父が船で唐へ向かう途中、海上で霊験を得たという吉祥天女を帰国後自ら刻みまつったのがはじまりといわれている...
吉祥院六斎念仏 8月25日午後8時、吉祥院天満宮(約1時間)。鉦(かね)や笛に合わせて太鼓の曲打ちや獅子舞を演じる。(4月25日春季大祭日にも同様な奉納がございます。)発願に始まり、つゝて、お月さん、...
春季大祭<吉祥院天満宮> 4月25日、吉祥院天満宮。本殿神事の中で、神楽「浦安の舞」が奉納される。前祭りとして25日の前の土曜日の昼過ぎからは(4月22日)子供神輿の巡行がある。午後8時から吉祥院六斎念仏が行なわれ...
鎌達稲荷神社 元、陰陽師安倍晴明が子孫、安倍・土御門家の祭祀にして、万生業に福利を授け給う開運の神・倉稲魂大神と、広く人事を良きに導き、交通安全の神でもある猿田彦大神が主神で、御鎮座地は、西...
夏季大祭<吉祥院天満宮> 8月25日、吉祥院天満宮。本殿神事の中で、巫女舞「豊栄の舞」が奉納される。地域の小中学の図画展が終日催され、午後8時から吉祥院六斎念仏が行なわれる。昼頃から午後9時すぎまで露店が立ち...
西寺跡 南区唐橋西寺町付近にあった寺。794年(延暦13)平安京造営の際、羅城門の西に創建。東寺とともに二大官寺の一つ。寺域は200メートル四方を占め、伽藍の規模は東寺と同じ。990年(正暦1)の...
羅城門跡 794年(延暦13)に建設した平安京の正門。東西4.5キロ、南北5.3キロの京域中央部の南端に羅城門がそびえ、北端の朱雀門と相対していた。門は正面33メートル、奥行8メートル。二重閣瓦屋根造...
唐橋商店会 鎌倉時代に唐橋村として発達した所。昭和10年の九条通の拡幅、昭和12年の路面電車開通によって工場・住宅が建ち、それに伴い商店街ができた。会の結成は昭和57年。周囲には羅城門跡遺...