京都所司代上屋敷跡

内容概要

ここより西方大宮通り辺まで(北は丸太町通、南は竹屋町通)の一帯の地で、現在大半が待賢小学校用地となっている。所司代の名称・役職は、室町幕府の侍所(さむらいどころ)にはじまり、徳川時代の所司代は関ケ原合戦の直後設けられ、皇室・公家の監視、京都諸役人の統率、近畿8カ国の訴訟処理、西国大名の動静監視など強い権限を持ち、幕府の老中につぐ最重要役職であった。とくに3代目の板倉重宗は名所司代のほまれ高かった。文久2年(1862)京都守護職の新設で所司代はその管轄下に属し、王政復古(おうせいふっこ)により廃止された。跡地には、明治3年、わが国最初の中学校・京都府立京都第一中学校が建てられた。

【正式名称】
京都所司代上屋敷跡(きょうとしょしだいかみやしきあと)
【住所】
中京区丸太町猪熊通下ル
地図表示
交通案内 市バス 堀川丸太町

関連情報

大宮通 京都市街地中央部の南北幹線路。北は竹殿北通から南は十条通まで。平安京の東大宮大路に当たる。二条城の築造で竹屋町通と押小路通間、所司代屋敷の拡築で丸太町通と竹屋町通間が閉塞した。...
竹屋町通 京都市街地中央部の東西路。東は土手町通から西は千本通まで。平安京の大炊御門大路に当たる。堀川近辺に竹屋が多く、この名称がついたという。江戸期には東は寺町通、西は堀川通までだが、...
丸太町通 京都市街地中央部の東西幹線路。東は鹿ヶ谷通から西は右京区嵯峨釈迦堂大門町まで。平安京の春日小路に当たる。通り沿いの西堀川に材木商が多く、この名称がついたという。幕末以後、鴨川か...

周辺情報

福井藩邸跡  この油小路二条下る西側(現京都国際ホテル)の一帯には、江戸時代後期、福井藩の藩邸があった。藩邸が置かれたのは比較的新しく、天保2年(1831)の「京大絵図」に描かれている。藩...
京都所司代上屋敷跡  ここより西方大宮通り辺まで(北は丸太町通り、南は竹屋町通り)の一帯の地で、現在そのほとんどが待賢小学校用地となっている。  所司代の名称・役職は、室町幕府の侍所(さむらいどこ...
豊臣秀吉妙顕寺城跡  この付近は、豊臣秀吉の妙顕寺城の故地である。妙顕寺とは、鎌倉後期、日像がはじめて京都に建立した日蓮宗寺院であり、たびたび場所は移ったが、戦国時代にはこの地にあった。天正11年...
閑院址  ここから北西に当る西洞院通、押小路通、油小路通、二条通に囲まれた地域は、平安時代から鎌倉時代の初期にかけて藤原氏の邸があった所である。当初は、藤原冬嗣(ふゆつぐ)の邸であった...
此付近東町奉行所跡  この現壬生NTT壬生別館付近、東は神泉苑の西側より美福通にいたる一帯は、江戸時代に、東町奉行所(ぶぎょうしょ)があった所である。この奉行所は、奉行のもとに与力(よりき)、同心...
此付近冷然院跡 ここは、平安前期~中期、冷然院があったところである。弘仁年中(八一〇~八二四)嵯峨天皇の離宮として造営されたのがはじめてで、林泉を前に数十の建物が建ち、天皇はしばしば行幸になっ...
橋本左内寓居跡  橋本左内(さない)は福井藩士で幕末の志士。安政5年(1858)2月から4月まで、この地にあった福井藩邸に居住して、活躍した。

 左内の号は景岳(けいがく)。福井城下に生まれ、...
伊藤仁斎宅(古義堂)跡並びに書斎(史跡)  江戸初期の漢学者、伊藤仁斎の住宅で、仁斎の学問にちなみ古義堂と称する。現在の建物は明治23年に遺構をもって再建したもので、二階建、土蔵造りの書庫は仁斎在世当時のものである。 ...
市民煎茶の会(春) 5月3日~5日、煎茶の会。泰山流、瑞芳菴流、賣茶本流、小川流、玉川遠州流、皇風煎茶禮式の6流派が二条城の清流園でひらく京都市主催の茶会。いずれも有料。市バス・地下鉄二条城前すぐ。問...
松林寺 開基清印が重病の母の回復を祈願すると薬師如来が現われ、婦人病や安産に効験あらたかな秘薬の処方を伝授された、という話に由来する。戦前、寺で薬が売られた。寺は聚楽第の外堀跡と推定さ...
市民大茶会(秋) 10月下旬~11月上旬 裏千家、表千家、藪内家の3流派が二条城の清流園でひらく京都市主催の茶会。いずれも有料。市バス・地下鉄二条城前。問合先:二条城 075-841-0096 FAX 075-802-6181
二条城観桜茶会 清流園にて桜の時期に表千家によりひらかれる茶会。有料。市バス・地下鉄二条城前。問合先:二条城 075-841-0096。FAX 075-802-6181
元離宮二条城 1603年(慶長8)徳川家康が造営、3代家光が増築を行い1626年(寛永3)に現在の規模になる。東西約500メートル、南北約400メートルに塁を築き堀をめぐらす。1867年(慶応3)15代慶喜が大政奉...
大宮通 京都市街地中央部の南北幹線路。北は竹殿北通から南は十条通まで。平安京の東大宮大路に当たる。二条城の築造で竹屋町通と押小路通間、所司代屋敷の拡築で丸太町通と竹屋町通間が閉塞した。...
西洞院通 京都市街地中央部の南北路。北は武者小路通から南は十条通南までだが、JR線で中断。平安京の西洞院大路に当たる。付近を流れていた西洞院川からの通り名という。川筋には古くから染色・製紙...
中信美術館 丸みを帯びたうすい橙色の壁面や銅板葺の屋根、渦巻きの連鎖モチーフの門扉、花や虫がデザインされたイタリア製の鉄扉など、南欧風の瀟洒な外観も魅力的な美術館。特別企画展のほか、(公財...
所司代屋敷跡 1600年(慶長5)関ケ原合戦後、徳川家康が設けた江戸幕府の重要な監視職。板倉勝重が初代所司代、幕末に廃止するまで58人が就任。その中屋敷跡は、現在の侍賢小学校にあたる。
山崎闇斎邸跡 1655年(明暦1)この地に儒学を説く闇斎塾を開講した。ここは伊藤仁斎が堀川を隔て東側に開いた古義堂と相対していた。晩年は儒家神道を説き著述に専念した。
冷泉院跡 弘仁年間(810-24)嵯峨天皇の後院(譲位後の御所)として造営された離宮。平安時代の堀川流域には高陽院・二条院・堀川院など王公貴族の邸宅があり冷泉院もその一つ。院内は善美をつくし皇...
伊藤仁斎宅(古義堂)跡、並びに書庫 江戸初期の漢学者・伊藤仁斎の住宅で、仁斎の学問にちなみ古義堂と称する。現在の建物は明治23年に遺構をもって再建したもので、二階建、土蔵造りの書庫は仁斎在世当時のものである。仁斎は...
閑院址 ここから北西にあたる西洞院通、押小路通、油小路通、二条通に囲まれた150メートル四方の地域をいい、平安時代から鎌倉時代の初期にかけて藤原氏の邸があった所である。はじめ、藤原冬嗣(ふ...
並河天民講学所跡 この地は、江戸時代中期の儒医並河天民の私塾、堀木之舎(ほりきのや)があったところである。天民は延宝7年(1679)京都郊外、横大路村の生まれで、性豪放、終生官に仕えず、赤貧に甘んじ、...
二条城二の丸庭園 二条城二の丸庭園の多くの名石で形造られた池には蓬莱島など3つの中島。島に架けられた石橋、二段の滝の石組、ユニークな蘇鉄の植栽が景色に変化を。
和詩倶楽部 ・体験-簡単な説明後、自分で和紙を造り持ち帰れる。(要予約)○和紙手漉き体験 1時間 500円+税ホームページ http://www.washiclub.jp・体験時間①10:00~11:00 ②13:00~14:00 ③15:00~...
蒔絵 梅仙 二条城の前の蒔絵師の工房で蒔絵でオリジナルのお箸・盃・お椀製作することができます開始時間:10:00~、13:00~、15:00~製作所要時間:お箸・盃 蒔絵体験 1時間30分       お椀...
堀川商店街協同組合 加茂川の元々の流れだった堀川は、平安京の造営以来、人工の水路河川として活かされてきました。その堀川の沿って商工業が発達し、中・下の立売通(中立売通・下立売通)、上の魚の棚(椹木...
ANAクラウンプラザホテル京都 ・室数291室(和室3室・洋室288室)・宿泊料金(税・サービス料別)  シングル 13,000円から(1/1~)ツイン  最低23,000円~最高38,000円その他(スィート) 最低38,000円~最高150,0...
ルビノ京都堀川 ・室数94室(シングル26室・ツイン31室・和室他37室)・宿泊料金(税・サービス料込)   シングル   4,104円より  ツイン・和室 4,212円より(1名様)  朝食付    5,605円よ...
公益財団法人中信美術奨励基金設立 30 周年記念 京都美術文化賞受賞者作品展 会期を前期・中期・後期の3 回に分けて「京都美術文化賞」 昭和63年5月の第1回から、平成29年5月の第30回までの受賞者90名の作品を展示し、同財団の事業を振り返ります。
元離宮二条城「築城400年記念 展示・収蔵館」平成29年度第2期展示事業
大政奉還150周年記念展示第1弾:絵画の舞台 ~〈黒書院〉一の間・二の間の障壁画 ~
今年,大政奉還150周年を迎えるのを記念して,教科書の挿図(そうず)を通じて広く知られている明治神宮聖徳(せいとく)記念絵画館壁画《大政奉還》に室内の様子が詳しく描かれた,〈黒書院...