旧二条城跡

内容概要

この一帯は1569年(永禄12)織田信長が将軍足利義昭のために造営した二条城(現二条城とは別)の跡である。堀をめぐらせ、高い石垣に櫓を設け、城内も庭園や建物に粋を凝らした堅固で華麗な城郭であった。1573年(天正1)信長により義昭が追放され、城は取り壊された。その後、付近の地下鉄工事で約100体の石仏が発見され、城の石垣に使われたものと判明。この築城を70日で仕上げたこととも思いあわせ、信長の強権ぶりがうかがえる。この石仏は伏見区、安楽寿院と、西京区、京都市洛西竹林公園に保管され、同時に発見された石垣の一部は、京都御苑下立売御門内と、現二条城内に復元されている。現地平安女学院前に石碑。地下鉄丸太町200メートル。

【正式名称】
旧二条城跡(きゅうにじょうじょうあと)
【住所】
上京区下立売通室町角
地図表示
交通案内 地下鉄 丸太町
市バス 烏丸丸太町

関連情報

安楽寿院 真言宗智山派。1137年(保延3)鳥羽上皇が鳥羽殿に御堂を建立、阿弥陀三尊像を安置したのに始まる。慶長年間(1596-1615)、豊臣秀頼が復興したが、再び荒廃。現在の庫裡は塔頭前松院であっ...
織田信長 戦国大名。尾張(愛知県)、美濃(岐阜県)で勢力を張り、足利義昭を奉じて入京。義昭を将軍職にし、のちに追放。京都では禁裏を修復したが、上京を焼き打ち。中国地方へ出陣のため入京、止...
二条城 1603年(慶長8)徳川家康が造営、3代家光が増築を行い1626年(寛永3)に現在の規模になる。東西約500メートル、南北約400メートルに塁を築き堀をめぐらす。1867年(慶応3)15代慶喜が大政奉...
京都御苑 京都御所と仙洞御所、大宮御所、京都迎賓館を包含する東西700メートル、南北1300メートルの広大な緑地で、環境省の管理する国民公園。禁門の変で有名な蛤御門など四方から自由に出入りでき、...
京都市洛西竹林公園 和風仕上げの竹の資料館は、展示室、研修室、茶室を備え、テラスからは生態園が一望できる。展示室には、「エジソン」が約100年前にマダケをフィラメントとして作った電球の復元模型を始め、...

周辺情報

護王神社  桓武天皇に遷都を進言し、平安京の都造りを推し進めた和気清麻呂(わけのきよまろ)とその姉広虫(ひろむし)を祭神とする神社。もとは、神護寺境内にあったが、明治19年(1886)こ...
此付近水戸藩邸跡  この付近、烏丸通下長者町西入北側は、江戸時代に水戸藩邸があった所である。藩邸がおかれたのは古く、貞享(じょうきょう)3年(1686)の地図「旧藩々上邸箇所」に記されている。明...
亥子祭 11月1日、護王神社。平安朝の古儀を再現した優雅な祭で、雅楽が流れる中、宮司以下祭員と5人の奉仕女房が平安衣装を身に纏い、拝殿の上で無病息災を祈って亥子餅をつく。祭典後、亥子餅は朝...
護王神社 桓武天皇に平安京遷都を進言し、その造営に貢献した和気清麻呂と、その姉で戦乱で身寄りを亡くした多くの孤児達を養育した和気広虫を祀る。境内には清麻呂の難を救った猪にちなみ、狛いのし...
護王大祭 4月4日、護王神社。奈良時代の末、弓削道鏡が偽の神託によって皇位を奪おうとした際、当社の祭神、和気清麻呂公が宇佐八幡宮におもむき真の神託を受けて、その企みをしりぞけた事にちなむ。...
厳島神社 京都御苑間ノ町口を入った池のそばに建つ。平清盛が母祇園女御のため厳島神社の神を祀ったのが始まり。祇園女御も祀る。池と傍らの拾翠亭はもと九条家のもので、この社は同家の鎮守社だった...
白雲神社 京都御苑内に鎮座。旧西園寺家の鎮守社で、祭神は市杵島姫命、妙音弁財天とも称し、音楽の神様としても信仰されている。1224年(元仁1)、西園寺公経が北山殿(現在の金閣寺の地)造営の際に...
菅原院天満宮神社 菅原氏の邸宅「菅原院」があったところで、菅原道真、その父祖が祀られる。菅原道真の父是善ら祖父清公以来三代が居住し、道真生誕の地と伝えられる。道真没後、その菩提を弔うために菅原院...
宗像神社 京都御苑内に鎮座。主祭神は宗像三女神である多紀理比売命・多岐津比売命・市岐嶋比売命。北家藤原氏の祖、藤原冬嗣が795年(延暦14)桓武天皇の許しを得て、平安京の東西両市の守護神として...
京都御所 京都御苑の中央北部にある。(東西約250メートル、南北約450メートルの)築地塀と清流の溝に囲まれた広い域内の建物で、現在のものは江戸末期の1855年(安政2)に再建したもので、一部は平安...
車屋町通 京都市街地中央部の南北路。北は丸太町通から南は姉小路通まで。豊臣秀吉の京都改造による開通とされる。姉小路通付近に車借業、車鍛冶が多かったのが通り名の由来という。
新町通 京都市街地中央部の南北路。北は上賀茂橋から南は十条通南まで。平安京の町尻小路に当たる。明治中ごろまでは北は鞍馬口通から南は七条通までだったが、市街地の拡大で延びた。丸太町通近く...
竹屋町通 京都市街地中央部の東西路。東は土手町通から西は千本通まで。平安京の大炊御門大路に当たる。堀川近辺に竹屋が多く、この名称がついたという。江戸期には東は寺町通、西は堀川通までだが、...
聖アグネス教会 英国国教会の流れをくむ日本聖公会に属する教会。明治の初めから英国・米国の宣教師が日本各地で伝道活動を行ったが、京都では1889年以降、積極的に伝道が行われた。この聖堂は、平安女学院...
京都府庁 京都府庁旧本館は1904年(明治37)に建設された煉瓦造2階建築、後期ルネッサンス様式を採り入れたロの字形で各府県庁舎では現存最古。建築史的な価値も高く国の重要文化財に指定されている。...
蛤御門 京都御苑の西側、もとは新在家御門といい、閉じていたが天明の大火(1788)の際、開門、‘焼けて口あく蛤’にたとえて蛤御門とよばれる。1864年(元治1)7月19日、長州軍と薩摩・会津連合軍が...
安達くみひも館 京くみひもをはじめ、世界各地のくみひもの粋が見学できる。綾竹足打ち台など道具類も陳列、くみひもの製品と使途が一目瞭然。希望者は実地にくみひもの製作を体験する事ができる。実技指導...
公益財団法人 益富地学会館 益富地学会館は、地学に興味と関心を持つ人々の集いの場となっており、研究設備の他に1万冊を超える地学関係図書を所蔵し、会員に公開しています。標本展示室では、世界中の鉱物・化石・岩石...
鈴木一染織コレクション 本物の裂の魅力や楽しさを知ることができる鈴木一の染織コレクションルーム。四季に分けて展示している。先ず、本物を見る事が肝心であり、その裂を見分ける目を養うお手伝いをするためのコ...
中信美術館 丸みを帯びたうすい橙色の壁面や銅板葺の屋根、渦巻きの連鎖モチーフの門扉、花や虫がデザインされたイタリア製の鉄扉など、南欧風の瀟洒な外観も魅力的な美術館。特別企画展のほか、(公財...
京都守護職屋敷跡 幕末の政治・治安の維持に対処するため1862年(文久2)江戸幕府が設置した職名の一つ。会津藩主松平容保が就任。翌3年今の京都府庁・第二日赤病院・梅屋校におよぶ広い地域の民有地99,000平...
土御門内裏跡 平安末期に鳥羽・崇徳・近衛の3天王の里内裏があったところ。平安京内裏の外に臨時に設けられた皇居のことで、南北は上長者町・下長者町通、東西は烏丸通・室町通間の100メートル四方を占め...
NTT西日本 西陣ビル 1921年(大正10)京都中央電話局西陣分局として開局。鉄筋コンクリート造三階建。設計は逓信省技師岩元禄で、唯一の現存作品。正面の二階部分まで半楕円形にレリーフを並べ、出入口の中央と...
菅原院天満宮神社 菅公初湯井 菅原院天満宮社境内にある、菅原道真産湯の井と伝える石台形花崗岩製の井戸。ごく最近(平成22年)産湯の井を掘削し清らかな水が出て、参拝客に喜ばれている。また、御遺愛の灯籠もある。探...
安達くみひも館(体験・見学) ・展示-室町時代から江戸、現代にいたる貴重な紐(ひも)、復元品。丸台、角台等いろいろな組台。・体験は要予約、有料 Aコース 帯締め 2時間 5.500円 Bコース 髪飾り紐 1時間 ...
山田松香木店 江戸期明和・寛政年間の創業以来、香木を取り扱う老舗。ここでは香についての説明を受けたあと、三種の香りを聞き分けるミニ聞香体験や、香原料をそれぞれのお好みに合わせて調合する匂袋作...
京都御苑 京都御所と仙洞御所、大宮御所、京都迎賓館を包含する東西700メートル、南北1300メートルの広大な緑地で、環境省の管理する国民公園。禁門の変で有名な蛤御門など四方から自由に出入りでき、...
京都ブライトンホテル ・室数182室(洋室182室)・宿泊料金(税・サービス料込)  お1人様当り12000円~(1室2名利用の場合、税・サ込)*宿泊料金は、客室の設備・広さ・料理、人数、シーズン・オフシーズン、...
御所西京都平安ホテル ・室数89室(和室20室・洋室69室)・宿泊料金 シングル  8,000円~ツイン   14,000円~*宿泊料金は、客室の設備・広さ・料理、人数、シーズン・オフシーズン、平日・休前日などにより...