島原大門

内容概要

わが国最古の公許遊廊島原の正門で、花屋町通にある。一間幅、本瓦ぶき、切妻の高麗門。門内は通りの左右に格子造りの古い揚屋、置屋が整然と並んでいたという。門前に通称「出口の柳」「さらば垣」、門前の道筋には、「思案橋」と粋に名づけられた橋もあった。市指定建造物。市バス島原口300メートル。

【正式名称】
島原大門(しまばらおおもん)
【住所】
下京区西新屋敷町
地図表示
交通案内 市バス 島原口

観光ルート情報

京都最古の花街散策 豪華な桃山文化を伝える国宝・重文の伽藍が建ち並ぶ西本願寺。御影堂は今、平成大修復中で2008年完成予定。江戸時代の花街・島原の大門を抜けると、揚屋として営まれていた角屋へ。現在は美...
新撰組の壬生島原を訪ねて 幕末の京の都を揺るがした新撰組。その新撰組ゆかりのスポットをめぐる。新撰組遺跡を訪ねた後は、新撰組ファン必見の壬生寺で近藤勇の像と一緒に記念撮影。隊士達が通ったというかつての遊...

関連情報

花屋町通 京都市街地南部の東西路。東は富小路通から西は右京区西京極西池田町までで、東、西本願寺の北側を通じる。平安京の左女牛小路に当たる。明治期には新町通から東は万年寺通と呼び、新町通と...
島原 下京区西新屋敷町。西本願寺の西にある花街の名。戦後お茶屋86軒を数えていたが今は数軒。角屋、輪違屋がかつての遺構で、文化財。市バス島原口300メートル。

周辺情報

島原  豊臣秀吉が京都を再興するに当たり、二条柳馬場に柳町の花街を公許したが、これが後に六条坊門(現在の東本願寺の北側)に移され、六条三筋町として栄えた。その後、京の町の発展に伴い、寛...
角屋  島原は、我国最初の廓で、当初は二条柳馬場に開かれ、その後六条三筋町に移転し、さらに寛永18年(1641)にこの地に移された。急な移転騒動が、当時の九州で起こった島原の乱に似てい...
朱雀松尾總神社 松尾大社の神輿が還幸祭の巡幸途中に立ち寄られる社。
角屋もてなしの文化美術館  角屋は島原開設当初の寛永18年(1641)から連綿と建物・家督を維持しつづけ、江戸期の饗宴もてなしの文化の場である揚屋建築の唯一の遺構として、昭和27年(1952)に国の重要文化財に指定...
龍谷大学大宮学舎 本館、校舎である北黌・南黌、正門・旧守衛所が重要文化財。1879年(明治12)竣工の本館は2階建で、寄棟造、桟瓦葺。一般に「擬洋風建築」といわれている。外観上は石の柱が立ち並ぶが、実際...
新撰組記念館 壬生屯所があった新撰組ゆかりの地にある個人博物館。館長が築100年の自宅を改造し開放している。新撰組を愛する館長のコレクションの近藤勇、土方歳三など主な隊士たちを紹介するパネルや、...
平安貴族のくらしと文化展示室   1987年、リサーチパークの建設に先立つ埋蔵文化財の発掘調査で、平安時代(9世紀半ば)の大規模な邸宅跡が発見されたため、その遺構の概要を伝える展示室が設けられた。建物の配置などから「...
嶋原商店街振興組合 島原の門前町として歩んできた商店街。大正初期にはすでに飲食店をはじめ小間物店・衣料品店などが建ち並んでいた。昭和5年に嶋原京極会が結成され当時としては早くも商店街イベントに着手...
七条センター商店街 この商店街は明治以降、市の西方から南部にかけての交通の要衝地として、また昭和2年にできた市の中央卸売市場への往来地として発展してきた。商圏も大枝方面から伏見方面へと広がっていた...
湯の宿 松栄 ・室数34室(和室34室)・宿泊料金(1泊2食・税込・サービス料込) バス付  最低13,000円~最高20,000円 (1人当たり)*宿泊料金は、客室の設備・広さ・料理、人数、シーズン・オフ...
きんせ旅館 ・一日一組限定(10名以上は要相談)・20,000円/2名(1名追加ごとに+5,000円)・食事はオプション・曜日、シーズンによって価格に変動があります。
京・朱雀 すし市場 ◎中央市場仕入ネタの回転すし(にぎり他・セットメニュー・一品お勧めメニュー)○ランチ限定  鮪三昧鉄火丼・海の幸ちらし○セットメニュー 1200円~  コースメニュー 3000円~○にぎり寿...
平成28年 春季企画展 与謝蕪村生誕300年記念「蕪村と島原俳壇展」 蕪村の「紅白梅図屏風」(重文)や「春夜宴桃李園図」などの作品を中心に、かかわりのあった角屋をはじめとする島原俳壇の様子をうかがえる展覧会です