京の田舎民具資料館

内容概要

音羽山のふもとにある。児童・生徒の学習用を目的に、京の田舎で使われた仕事や暮らしの道具千数百点を展示。稲作を主とした農機具や庶民の生活用具類に日本人の暮らしの原点を見る思い。
建設:1987(昭和62)年12月1日

【正式名称】
京の田舎民具資料館(きょうのいなかみんぐしりょうかん)
【住所】
山科区小山小川町2
【電話番号】
075-501-8862
【FAX】
075-581-2302
地図表示
交通案内 JR山科駅・京阪電車京津線山科駅より京阪バス20.21系統小山バス停より徒歩5分
京阪電車京津線追分駅下車徒歩約15分(約1㎞)
駐車場情報 自家用車7台分 
車椅子による見学 不可
拝観・開館時間 9:00~16:30
見学所要時間 約30分
休日・休館 毎週日曜日・月曜日
料金 大人  500円
中高生 400円
小学生 300円
団体は各100円引き
予約方法 ※団体は要予約

FAX 075-501-8862
075-581-2302
団体予約はなるべくFAXで。
備考 毎年、小学校の3年生が1~2月ごろ「古い道具と昔のくらし」について学習するため見学にやってくる。

関連情報

音羽山 山科区小山北谷にあり、京都府と滋賀県の境をなす。北は逢坂山、南は醍醐山に連なり、標高593メートル。「古今集」など古来から多くの歌に詠まれた。山科の音羽は歌枕。支峰牛尾山にある牛尾...