京都国立近代美術館

内容概要

国内外の近代美術品約12,000点を収蔵。特に京都画壇や関西洋画壇の作品収集で知られ、版画、陶芸、彫刻、デザイン、写真、その他の資料の収集・保管及び調査・研究を行っている。
設置:1963(昭和38)年3月1日
ホームページ http://www.momak.go.jp

【正式名称】
京都国立近代美術館(きょうとこくりつきんだいびじゅつかん)
【住所】
左京区岡崎円勝寺町
【電話番号】
075-761-4111
【FAX】
075-771-5792
地図表示
交通案内 地下鉄 東山駅下車 徒歩約10分
市バス 岡崎公園 美術館・平安神宮前下車すぐ
駐車場情報 無し
車椅子による見学
拝観・開館時間 9:30~17:00
見学所要時間 約1時間30分
休日・休館 毎週月曜日(月曜日が休日にあたる場合は翌日が休館)及び年末・年始
夜間開館についてはお問合せ下さい。
料金 一般 430(220)円
大学生 130(70)円
※()内は20名以上。団体料金。
※特別展・共催展はそのつど決定
高校生以下および18歳未満、65歳以上、心身に障がいのある方と付添人1名は無料(要証明)
予約方法 予約不要
備考 受付終了:16:30
テレホンサービス 075-761-9900
※企画展の観覧料は各展覧会によって異なります。

観光ルート情報

岡崎公園界隈 疏水がゆるやかに流れ、大文字山が真近に臨まれる岡崎公園には、数多くの文化施設があり、都心から手近な憩いの場として市民に親しまれている。木々の中に国立近代美術館、市立美術館、京都...
岡崎近辺美術丸かじりコースA 充実した様々な企画展が魅力の京都市美術館をはじめ近代美術中心の国立近代美術館、日本美術作品を展示する細見美術館など、多岐にわたる鑑賞が可能。
岡崎近辺美術丸かじりコースB 充実した様々な企画展が魅力の京都市美術館をはじめ近代美術中心の国立近代美術館、日本美術作品を展示する細見美術館など、多岐にわたる鑑賞が可能。
岡崎近辺美術丸かじりコースC 充実した様々な企画展が魅力の京都市美術館をはじめ近代美術中心の国立近代美術館、日本美術作品を展示する細見美術館など、多岐にわたる鑑賞が可能。
美に触れて散歩、心身ともにリフレッシュA 美術館と美術館の間に少し散歩して気分転換。青蓮院の名園として名高い書院前の池泉回遊式庭園や霧島の庭等を見て一日中美しいものを鑑賞し心も体もリフレッシュできる。
美に触れて散歩、心身ともにリフレッシュB 美術館と美術館の間に少し散歩して気分転換。青蓮院の名園として名高い書院前の池泉回遊式庭園や霧島の庭等を見て一日中美しいものを鑑賞し心も体もリフレッシュできる。
美に触れて散歩、心身ともにリフレッシュC 美術館と美術館の間に少し散歩して気分転換。青蓮院の名園として名高い書院前の池泉回遊式庭園や霧島の庭等を見て一日中美しいものを鑑賞し心も体もリフレッシュできる。
友達同士で盛り上がろう!動物園/美術館A 何かと楽しいスポットが多いこの近辺。動物園や美術館などをまわって友達同士でおおいにもりあがろう。
友達同士で盛り上がろう!動物園/美術館B 何かと楽しいスポットが多いこの近辺。動物園や美術館などをまわって友達同士でおおいにもりあがろう。
京都を代表する美術館巡りコースA 三つの美術館を一日で回ってしまうこのコース、充実した様々な企画展が魅力の京都市美術館をはじめ近代美術中心の国立近代美術館など。美術館巡りは意外と疲れるので覚悟してのぞもう!
京都を代表する美術館巡りコースB 三つの美術館を一日で回ってしまうこのコース、充実した様々な企画展が魅力の京都市美術館をはじめ近代美術中心の国立近代美術館など。美術館巡りは意外と疲れるので覚悟してのぞもう!
京都を代表する美術館巡りコースC 三つの美術館を一日で回ってしまうこのコース、充実した様々な企画展が魅力の京都市美術館をはじめ近代美術中心の国立近代美術館など。美術館巡りは意外と疲れるので覚悟してのぞもう!

今月のイベント情報

技を極める ―ヴァン クリーフ&アーペル ハイジュエリーと日本の工芸 平成29年4月29日(土・祝)~8月6日(日)  ※6月13日・7月18日休館 金曜日は~20:00(入館は19:30まで)
日本とフランスの「技」に注目をし、「技を極める」あるいは極められた技によって生み出された美しい作品を両国の文化とともに鑑賞していただく展覧会です。

周辺情報

三条小鍛治の古跡  宗近は平安中期の刀匠で姓は橘。信濃守粟田藤四郎と号し、東山粟田口三条坊に住したので三条小鍛冶とも称した。

 名刀子狐丸をはじめ幾多の刀剣を造ったが、現存するものとして三日月宗...
明智光秀の塚  天正10年(1582)、本能寺にいた主君織田信長を急襲した明智光秀は、すぐ後の山崎(天王山)の戦いで羽柴秀吉(豊臣秀吉)に敗れ、近江の坂本城へ逃れる途中、小栗栖の竹薮で農民に...
無鄰庵  この菴は、明治・大正時代の元老山県有朋(やまがたありとも)公の京都に於ける別荘として、明治27年から29年(1894~96)の間に建てられたものである。  庭園(名勝)は、有...
青蓮院  天台宗に属し、三門跡(もんぜき)のひとつで、粟田御所とも呼ばれる。比叡山東塔南谷に伝教大師最澄が僧侶の住居として建てた青蓮坊が起りで、その12代行玄(ぎょうげん)(天台座主)...
寂光寺  妙泉山(みょうせんざん)と号する顕本(けんぽん)法華宗の寺院である。  寺伝によれば、天正六年(1578)に日淵(にちえん)上人により創建され、はじめ久遠院(くおんいん)と号し、室町...
粟田神社 大己貴命の疫病除け御神託による創建で、‘牛頭天王’を祭った粟田口の総社だった。のち天台宗青蓮院門跡の鎮守社に。社殿は平安初期にできたが江戸中期から末期に本殿、拝殿とも再建。スサノ...
金剛寺 当寺は山号を一切(いっさい)経(きょう)山(ざん)とする浄土宗の寺院である。 奈良時代、天平(てんぴょう)年間に行基(ぎょうき)が東岩倉山(左京区)の一切(いっさい)経(きょう)谷(だに)に創建...
京都薪能 6月1日(木)2日(金)、平安神宮。京都市・京都能楽会主催。平安神宮の大極殿前に特設された舞台で、観世・金剛・大蔵各流儀による能・狂言が上演される。篝火の揺らめく光に照らされて、雰...
平安神宮  平安京奠都(てんと)の延暦(えんりゃく)十三年(七九四)より千百年にあたる明治二十八年(一八九五)、桓(かん)武(む)天皇を祭神として創建された。紀元二千六百年にあたる昭和十五年(一...
時代祭 10月22日、平安神宮の例祭。桓武天皇が平安京に入った794年(延暦13)10月22日を記念する行事で、1895年(明治28)の平安遷都1100年祭から行われるようになった。この祭の特色は、平安時代か...
寂光寺 顕本法華宗。1578年(天正6)日淵が出水室町に創建。2世日海は囲碁の名手で、信長、秀吉や家康の指南役も務めた。没後、門弟が、この寺の塔頭の名である本因坊の名を受け継ぎ、江戸に本因坊...
粟田神社大祭 10月体育の日前々日・前日・体育の日・10月15日、粟田神社。夜渡り神事では剣鉾の台車2基と大きな灯篭の山車である「大燈呂」などが、太鼓の音とともに氏子町内を巡る。神幸祭では、18基ある...
平安神宮 平安遷都1100年祭(1895年・明治28)に市民の総社として鎮座。桓武、孝明両天皇を祀る。平安京大内裏の正庁を模した応天門、大極殿など朱塗りの建築が美しい。神苑(名勝)は約3万平方メート...
本妙寺 1574年(天正2)日典が新烏丸丸太町付近に創建。宝永の大火のあと、現在地へ移った。境内に赤穂義士吉田忠左衛門・同沢右衛門および貝賀弥左衛門夫妻らの墓がある。貝賀の手槍、義士たちの手...
観桜茶会 4月1日~4月15日、平安神宮。神苑の茶室「澄心亭」にて観桜茶会が催される。市バス/岡崎公園 美術館・平安神宮前、徒歩5分。問合先:平安神宮075-761-0221。
献菓祭 11月23日~25日、平安神宮。業界の発展隆昌を願って、北は北海道から南は九州までに至る全国の銘菓を三方に盛り、本殿神前に供える祭典(関係者以外は参列不可)。連日、境内額殿にて、献菓...
神苑無料公開 平成29年6月2日、9月19日の年2日 平安神宮。神苑は平安朝の様式を模して作られた広さ3万3000㎡の回遊式庭園。その中の白虎池の水辺には、江戸系、伊勢系、肥後系などに分けられる花しょうぶ...
煎茶献茶祭 9月最終日曜、平安神宮。煎茶道六流派家元が、毎年輪番で御神前にて厳かにお点前を披露し献茶奉仕する。関係者以外は参列不可だが、終了後は苑内各所に協賛茶席が設けられ参加できる。市バス...
夏越の大祓式 6月30日、平安神宮。1月~6月の半年間の罪・穢れを祓い、残り半年を無事に過ごせるようにと祈る行事。応天門には大きな「茅の輪」を飾り、その茅の輪をくぐると無病息災・悪厄退散になると伝...
満足稲荷神社 祭神、倉稲魂命。文禄年間(1592~96)、豊臣秀吉が伏見城の守護神として伏見稲荷大社の祭神を勧請。後1693年(元禄6)現在地に遷座した。秀吉の崇敬が篤く、社名の満足の二字は、秀吉が祭神...
平安神宮・紅しだれコンサート 4月6日~9日、平安神宮、東神苑などの紅枝垂れ桜がライトアップされ、東神苑の貴賓館では幻想的なコンサートが開かれる。演奏曲目は日毎に変わる。市バス/岡崎公園 美術館・平安神宮前、徒歩...
例祭<平安神宮> 4月15日~、平安神宮。本殿にて例祭が斎行され、神楽「平安の舞」を見ることができる。16日翌日祭の神賑行事は、大極殿前の特設舞台で、神楽舞、舞楽、花街の舞踊などが華やかに上演される。...
二条通 京都市街地中央部の東西路。東は白川通から西は千本通まで。平安京大内裏の南を東西に走り、朱雀大路につぐ広い通りであった二条大路は二条通の寺町通以西に当たる。1895年(明治28)から192...
六勝寺のこみち 左京区岡崎、琵琶湖疏水沿いの散策路。南禅寺橋から川端通まで約2キロ、柳や桜の下陰を縫って小道が通じている。平安末期、白河天皇らが建立した法勝寺、尊勝寺、最勝寺、円勝寺、成勝寺、延...
ロームシアター京都 ロームシアター京都(京都会館)は2016年1月10日にリニューアルオープンしました。2005名収容のメインホールをはじめ、716名収容のサウスホール、リハーサルや約200名収容の小劇場としても利...
京都市勧業館 平安建都1200年記念事業の一つとして平成8年に建設された。多様なイベントに対応できる4,000㎡の無柱の展示場をはじめ、大小の展示場及び会議室等を備える。地下1階には京都の伝統産業の粋を...
京都市美術館 昭和8年11月、本館は昭和天皇の大礼を記念して開設された。明治以降の京都を中心とした日本画、洋画、彫刻、工芸、書、版画など約3,200点を収蔵。海外展や公募展、コレクション展といった市...
公益財団法人 藤井斉成会有鄰館 屋上に八角堂を置く中国風建物。殷代から清代の中国民族遺産である絵画、書、仏像、青銅器、陶磁器、古印等を所蔵。漢字や仏像の起源と流れを知りうる資料館。大正15年以来公開。情操文化の...
京都伝統産業ふれあい館 京都の伝統的工芸品74品目約500点を展示。四季に応じて随時展示替えを行っており、多種多様な伝統工芸品をご覧いただけます。また、職人による実演も行っております。そして毎月第3日曜日に...
日図デザイン博物館 京都市勧業館(みやこめっせ)の中にある。人々の生活文化に対し、デザインを通じて、その美意識の高揚と豊かな教養を函養する場として昭和51年11月にオープンした。デザイン文化、デザイン...
細見美術館 細見美術館は公益財団法人細見美術財団が収蔵する、日本美術の名品の数々を展示・公開している。細見コレクションは細見家三代にわたって蒐集した、珠玉の日本美術コレクション。コレクショ...
並河靖之七宝記念館 明治から大正時代の日本を代表する七宝家 並河靖之の記念館。並河家に伝わる七宝作品(国登録有形文化財)のほか、旧邸宅や工房(国登録有形文化財および京都市指定歴史的意匠建造物、景観...
平安神宮神苑 平安神宮の神苑は、明治28年七代目小川治兵衛作庭。南・西・中・東と4つの神苑から成り、それぞれ異なる趣を持つ。八重紅枝垂桜、花菖蒲など四季折々の花も見事。平安神宮ホームページhttp:...
大安 国内産の素材だけを使用し、化学調味料・保存料・合成着色料を使わない、こだわりの京つけものを取り揃えている。動物園・美術館などが立ち並ぶ京の文化ゾーン、岡崎の一角にある。つけもの...
京都市動物園 1903年に開園した日本で2番目に歴史のある動物園。「近くて楽しい動物園」の実現を目指し進めてきた再整備工事が平成27年10月に完了し,11月8日にグランドオープンした。動物と...
岡崎公園 1895年(明治28年)の内国勧業博覧会跡地に、市の公園として開設された。美術館、図書館、ロームシアター京都、動物園などがある文化ゾーンとなっている。また運動場でテニス、野球を楽しむ...
古川町商店街振興組合 天正(安土桃山時代)以前より若狭街道(通称:鯖街道)として南北に通っており、長い間廃道のまま田畑にされていたが、寛文6年(1666年)に復旧され古川町通りとなる。知恩院門前町として、南北22...
京都トラベラーズ・イン ・室数78室(和室38室・洋室40室)・宿泊料金  シングル     5,940円~ツイン   最低9,720円~最高21,600円*宿泊料金は、客室の設備・広さ、人数、シーズン・オフシーズン、平日・...
瓢亭 ◎料理種別-京料理・懐石料理 ●懐石料理(AM11:00~PM7:30) ・昼食  23,000円~(税・サ込)(AM11:00~PM2:00) ・夕食  27,000円~(税・サ込) ●AM11:00~PM2:00 ・うずらがゆ...
美濃吉 本店竹茂楼 ◎料理種別-京料理・懐石料理 ●おすすめコース ・懐石料理 15,000円~ ●サービスメニュー(AM11:30~PM2:00までにご入店) ・懐石料理 7,000円~ *また税・サービス料などが別に...
六盛 ◎料理種別-京料理・会席料理・その他 手をけ弁当 ●おすすめコース ・手をけ料理コース 5,940円~10,800円(サ別) ・手をけ弁当 お造り付4,104円(サ別) ●サービスメニュー(...
技を極める ―ヴァン クリーフ&アーペル ハイジュエリーと日本の工芸 日本とフランスの「技」に注目をし、「技を極める」あるいは極められた技によって生み出された美しい作品を両国の文化とともに鑑賞していただく展覧会です。
春季特別展「明治の七宝 ―靖之が駆け抜けた時代」 明治・大正期に活躍した七宝家、並河靖之の記念館。 彼の邸宅跡である、建物と庭園、旧工房を公開しています。繊細で優美な七宝・花鳥風月の世界をお楽しみください。
ぎをん 齋藤コレクション ―布の道標―