織成舘

内容概要

昭和11年に西陣織の帯地メーカーの店兼住居として建てられ、梁や柱・明かり取りの天窓など西陣の伝統的な『織屋建』を活かした織のミュージアム。
観世流片山家収蔵の復原の能装束・日本各地の手織物・幕末から昭和初期の時代衣裳などの常設展示に加え、広く伝統工芸・和装振興の企画展も開催。また、同敷地内に隣接する『渡文』の手織工場も見学できる。予約すれば、伝統工芸士の指導にて『手織体験』工房も開設(3時間:5,000円)
建設:1989(平成1)年(建築昭和11年)

【正式名称】
織成舘(おりなすかん)
【住所】
上京区浄福寺通上立売上ル大黒町693
【電話番号】
075-431-0020
【FAX】
075-415-2590
地図表示
交通案内 市バス 今出川浄福寺/千本上立売下車 徒歩約5分
駐車場情報
車椅子による見学 不可
拝観・開館時間 10:00~16:00
見学所要時間 約40分
休日・休館 毎週月曜(祝日開舘)
料金     通常 団体割引
10人以上
大人  500円 400円  
大学生 500円 400円  
高校生 350円 300円  
中学生 350円 300円  
小人  350円 300円  
予約方法 多数団体及び体験工房の場合要予約
備考 土・日・祝日は工場見学は不可

観光ルート情報

堀川通りを歩く 地下鉄北大路駅から西へ15分ほど歩き、北大路堀川の交差点を南へ向きをとると、ほどなく平安時代の漢学者小野篁(たかむら)卿と源氏物語の作者紫式部のお墓に出会う。石柵の中杉苔に覆われ...
西陣織を体験するA 西陣織に興味があるなら西陣織会館へ。館内では西陣織の実演やきものショーなどが催され、西陣織の魅力を堪能。また舞妓・芸妓、十二単にも変身できる。京町家の面影を残す建物の中で、西陣...
西陣織を体験するB 西陣織に興味があるなら西陣織会館へ。館内では西陣織の実演やきものショーなどが催され、西陣織の魅力を堪能。また舞妓・芸妓、十二単にも変身できる。京町家の面影を残す建物の中で、西陣...
西陣織を体験するC 西陣織に興味があるなら西陣織会館へ。館内では西陣織の実演やきものショーなどが催され、西陣織の魅力を堪能。また舞妓・芸妓、十二単にも変身できる。京町家の面影を残す建物の中で、西陣...
体験紀行 <西陣1> 老舗和菓子店のギルドハウス京菓子では、和菓子の歴史をはじめお菓子つくりの知識が学べる。染色工房のサンムーンでは染色体験、西陣織会館、織成館で機織り体験や西陣織の行程を見学など盛...

関連情報

西陣 市街地の北東部。北区と上京区にまたがる広い地域の名。応仁の乱(1467-77)で、東軍の細川勝元に対して、西軍の山名宗全が堀川上立売付近に本陣を築いたことから地名となった。乱後、機業家...
うなぎの寝床 間口が狭く、奥行が深い京の町家の代名詞。間口は2間(3.6平方メートル)前後、奥行10~12間が大半という記録(16世紀末)もある。起因は平安以来の宅地割りが東西に長い短冊形だったためな...

周辺情報

引接寺(千本えんま堂) 光明山歓喜院引接寺とごうする寺院で、本尊として閻魔法王を祀り、一般に「千本ゑんま堂」の名で親しまれている。 開基は小野篁卿(八〇二~八五三)で、あの世とこの世を往来する神通力を有...
五辻殿跡 五辻殿は,後(ご)鳥羽(とば)上皇(一一八〇~一二三九)の院御所(退位した天皇の住まい)として,元久(げんきゅう)元年(一二〇四)から使用された邸宅であり,「三(さん)長記(ちょうき)」...
首途八幡宮  大内裏の北東に位置するため王城鎮護の神とされ、もとの名を「内野八幡宮(うちのはちまんぐう)」という。宇佐八幡宮を勧請したのが始まりと伝えられ、誉田別尊(ほんだわけのみこと)(...
西法寺  安居院(あぐい)と号し、浄土真宗本願寺派に属する。文禄二年(1593)、僧明円が安居院を再建し、名を西法寺と改めて真宗寺院としたものである。安居院とは、この近くにあった比叡山延...
石像寺(釘抜地蔵)  正しくは家隆山光明遍照院(かりゅうざんこうみょうへんしょういん)石像寺と写し、俗に「釘抜地蔵」ともいう。弘法大使の開基と伝え、もと真言宗であったが、重源(ちょうげん)上人が中...
称念寺(猫寺)  本空山(ほんくうざん)と号し、浄土宗知恩院派に属する。慶長11年(1606)茨城県土浦(つちうら)城主松平伊豆守信吉(いずのかみのぶよし)が師僧嶽誉(がくよ)上人のために建立...
本隆寺  当寺は、慧光無量山本妙興隆寺(略して本隆寺)と称し、日蓮門下京都十六本山の一で、法華宗真門流の総本山である。開山は中山大納言親通卿の子、日真で、後柏原帝より大和尚の称号を下賜...
妙蓮寺  本門法華宗の大本山で、卯木山と号し、日像上人(にちぞうしょうにん)を開基とする。

 永仁3年(1295)に、柳屋仲興道妙蓮が日像上人に帰依して、西洞院五条の邸を寺に改め、柳寺...
観世稲荷社 室町時代に能楽を大成した観阿弥・世阿弥父子が、室町幕府三代将軍足利義満公から拝領した地と伝わるのがここ大宮通五辻下ル西側の一帯である。以降、観世大夫が住まい、大夫が江戸へ移って...
池大雅の墓所  当寺、浄土宗浄光寺の境内墓地に、江戸時代文人画の大家池大雅の墓がある。墓は碑面に「故東山画隠大雅池君墓」と二行に記し、側面に淡海竺常(たんかいじくじょう)の撰文になる銘文を刻...
岩上神社  伝えによれば,二条堀川付近にあった霊石が六角通(岩上通六角辺り)に遷(うつ)され、更に中和門院(ちゅうわもんいん)(後(ご)陽(よう)成(ぜい)天皇の女御の一人で後(ご)水尾(みずのお)天...
雨宝院  北向山雨宝院と号する高野山真言宗の寺である。もとは、大聖歓喜寺(だいしょうかんきじ)と呼ばれ、千本五辻(せんぼんいつつじ)にあったが、応仁の兵乱(1467)により堂宇は荒廃し...
石像寺 開基は弘法大師(空海)。819年(弘仁10)大師は石像を彫り、人びとを苦しみから救おうと「苦抜(くぬき)地蔵」と名づけられたが、後年「釘抜(くぎぬき)地蔵」と呼ばれるようになった。2...
浄土院<上京区> 天台宗般舟院の穏居所として創建。1587年(天正15)北野大茶会の折、豊臣秀吉が立ち寄り茶を所望したが、庵主はへたに出せば恥をかくだけ、と白湯(さゆ)ばかり出したので、秀吉は「湯沢山...
称念寺 1606年(慶長11)獄誉上人が浄土宗(総本山知恩院)に属す松平信吉公の帰依をえて創建。猫をかわいがった第3世還誉上人のころの「猫の報恩」の伝説が猫寺の由来。還誉上人が愛猫をしのんで植...
妙蓮寺 日蓮の孫弟子日像が開基。天正15年(1587)この地に落ち着くまで幾度かの移転を繰り返した。収蔵庫に長谷川等伯一派の筆になる障壁画、松尾社一切経など多くの文化財を所蔵。観賞式石庭で「...
小山郷六斎念仏 六地蔵めぐり8月22日~23日、上善寺。六斎念仏踊りは平安時代の中頃、空也上人が庶民に念仏を唱えることを教えて京都の町々を巡ったことに始まる。国の重要無形文化財に指定されている。三段...
上善寺 天台真盛宗。863年(貞観5)慈恵により創建。多くの塔頭を擁したが度重なる火災に遭い、1483(文明15)盛信が中興の祖として再興している。1566(永禄9)柏原天皇の勅願所となり、1594(文禄...
京都市考古資料館 京都市の発掘調査で出土した旧石器時代~江戸時代に至る約1,000点の考古資料を展示。写真パネルと遺物の組み合わせを中心にイラスト、レプリカを活用し分かりやすく解説しており、出土品を手...
お誂え 夷風 染色家、南進一郎のアトリエ兼着物ショップ。作家とともに創る究極の「お誂え着物」を。また、築140年の元は糸屋の町家を自由に見学できます。ホームページ http://www.if-kimono.com/
池大雅の墓所 浄土宗浄光寺の境内墓地に、江戸時代文人画の大家池大雅の墓がある。墓は碑面に「故東山画隠大雅池君墓」と二行に記し、側面に淡海竺常(たんかいじくじょう)の撰文になる銘文を刻んでいる...
妙蓮寺十六羅漢石庭 妙蓮寺庭園には秀吉から賜った臥牛石(がぎゅうせき)・釈迦を中心とした枯山水で白砂に十六羅漢に見立てた置石が表情豊かに配置されており、また釈迦三尊石に見立てた獅子・象を形どった特...
織成舘(体験・見学) ・展示-西陣織をはじめ全国各地の手織物、関連資料、各種の機道具、時代衣装、能装束等。・体験-本格的なミニ機による手織り体験と、工房見学。●初心者コース○手織りテーブルセンター  ...
千本昭栄会 大正7年に千本今出川の商店街友志で「せんぶら会」が結成される。その後、昭和2年に千本通りが拡張され市電が通るようになると同時に「千本昭栄会」が発足。近くには千本釈迦堂、釘抜き地蔵...
協同組合 上千本会クーポン ほていや市場が核となり、食料品店を中心に商店街の原型が出来た。30年程前からクーポン事業や証紙事業に着手。近くには船岡山・千本えんま堂・釘抜き地蔵などがある。
天喜 ●料理種別-京料理・会席料理 ●おすすめコース(AM11:30~PM8:00迄入店) ・3,500円~8,000円(カウンター)(PM4:00~PM8:00) ・京料理 13,000円*また税・サービス料などが別にか...
西陣魚新 ◎料理種別-京料理 ●おすすめコース(PM5:00~PM7:00) ・京料理 10,000円、12,000円、15,000円(税別) ●サービスメニュー(PM0:00~PM3:00) ・有職西陣弁当 3,500円(税別)今出...