奈良街道

内容概要

山科盆地の追分で、東海道から分れて盆地の東部を南下、伏見を経て奈良へ向かう街道。豊臣秀吉が巨椋池の中に堤を築いて大和街道とし、豊後橋(現観月橋)を架け、京都・奈良間の道は伏見を通過するのが主となった。伏見以南は大和街道であったが、いつの間にか奈良街道とよぶ。

【正式名称】
奈良街道(ならかいどう)
地図表示

関連情報

豊臣秀吉 安土桃山期の武将。尾張(愛知県)生まれ。織田信長の家臣となり信長死後、全国統一。朝鮮半島の侵略に出兵。京都では聚楽第を建設。市中寺院の集中、御土居築造、新町割つくりなど京都改造...
観月橋 伏見区にあり、国道24号線が通る宇治川に架かる。1594年(文禄3)豊臣秀吉が伏見城築城の際、架けたのは「豊後橋」。幕末の動乱で焼け、1873年(明治6)ようやく再建、秀吉の月見の伝説にち...
大和街道 京都から奈良に通じる道。豊臣秀吉が1594年(文禄3)伏見城および城下町をつくるに際し巨椋池の中に南北の小倉堤を設けて新道を開き、これを大和街道とした。本来は伏見、奈良を結ぶ街道であ...
追分 京都市の最東端、逢坂山の西ふもとの地域で山科区と大津市にまたがっている地名。正しくは山科区側が八軒屋敷町・髭茶屋屋敷町、大津市側が追分町である。東海道(三条街道)と奈良街道の分...
伏見 伏見区の中南部。桃山丘陵とその西ふもと一帯に広がる地域の名。日本書紀にも見えるが、延久年間(1069-74)に橘俊綱がこの地に山荘を造営して伏見殿と称したのが地名になったとも伝わる。良...

周辺情報

醍醐寺  真言宗醍醐派の総本山である。貞観16年(874)聖宝(しょうぼう)が、笠取山(上醍醐)に登って如意輪堂(にょいりんどう)、准胝堂(じゅんていどう)、五大堂を建立したのが当寺の...
五大力尊仁王会 毎年2月23日、「五大力さん」として親しまれている「五大力尊仁王会」が営まれます。不動明王など五大明王の力を授かり、その化身・五大力菩薩によって国の平和や国民の幸福を願う行事です。...
豊太閤花見行列 平安時代から「花の醍醐」と呼ばれるほどの桜の名所です。この時期、世界文化遺産の境内を背景に枝垂れ桜、染井吉野、山桜、八重桜など1000本の桜が順番に咲き誇ります。豊臣秀吉が行った歴...
醍醐寺 醍醐寺は聖宝理源大師が貞観16年(874)に上醍醐山上で地主横尾明神の示現により、醍醐水の霊泉を得、小堂宇を建立して、准胝、如意輸の両観音像を安置したのに始まる。そののち醍醐・朱雀・...
醍醐寺三宝院 醍醐寺塔頭・三宝院は永久3(1115)、醍醐寺第14世座主・勝覚僧正により創建されました。醍醐寺の本坊的な存在であり、歴代座主が居住する坊です。現在の三宝院は、その建造物の多くが国宝や...
醍醐山万灯会 各家のご先祖と精霊(しょうりょう)を供養し、命の尊さに心を寄せるため、毎年8月5日に営まれる総供養会が「醍醐山万灯会」です。1000を超える置き灯篭や提灯が参道を照らす中で「精霊供養...
醍醐寺霊宝館 国宝や重文だけでおよそ7万5千点、未指定の文化財を含めると、約15万点余りに及ぶ寺宝を収蔵。彫刻、絵画、工芸、古文書など、日本の仏教史や美術史上貴重な史料が収蔵されており、春と秋に...
三宝院庭園 国の特別史跡・特別名勝となっている三宝院庭園は、慶長3年(1598)、豊臣秀吉が「醍醐の花見」に際して自ら基本設計をした庭で、その庭の中心には室町時代より歴代権力者によって引き継がれ...