途中越

内容概要

上京区大原口町から左京区八瀬・大原を経て、京都と滋賀府県境の途中町(滋賀県)に向かう道。大原口・途中越峠間全長16キロ。途中町から南東の大津市竜華町・真野町へ向かう道と北の若狭へ向かう道に分かれる。栃生越・竜華越とも。

【正式名称】
途中越(とちゅうごえ)
地図表示

関連情報

大原 左京区の北東部、八瀬北方にある都心から15キロの山間部一帯の地名。大原女、風光の美などで有名。特に観光客が多い。平安初期の僧・円仁がこの地を根本道場とし、魚山大原(たいげん)寺を...
大原口 上京区今出川通寺町付近をさす。京の七口の一つ。中世には大原辻とも。洛中から比叡山や近江国・若狭国へ通じる起点。若狭街道の出入口にあたり交通の要所。
八瀬 比叡山ふもとの左京区若狭街道に点在する山間の集落の名。都心から10キロの風光明媚な名所。春は桜、秋は紅葉が有名。壬申の乱(672)の際、大海人皇子がここで背に矢傷を負ったのが地名の始...