哲学の道

内容概要

東山のふもと、左京区・若王子神社から法然院下を銀閣寺に至る疏水べりの小道。約1.5キロ。日本の道百選にも選ばれた。哲学者西田幾多郎が散策、思索にふけったといい、この名がついた。春は両岸の関雪桜で花のトンネル、川面に散り流れる花ビラもひとしおの風情。市バス南禅寺・永観堂道400メートル、銀閣寺前すぐ。

【正式名称】
哲学の道(てつがくのみち)
地図表示
交通案内 市バス 南禅寺・永観堂前
市バス 銀閣寺前

観光ルート情報

哲学の道を南に下る寺社巡りコースA 慈照寺(銀閣寺)から琵琶湖疏水沿いの哲学の道を南に下るコース。霊鑑寺は椿の名所として名高いが特別拝観以外は門は閉ざされているので要注意。
哲学の道を南に下る寺社巡りコースB 慈照寺(銀閣寺)から琵琶湖疏水沿いの哲学の道を南に下るコース。霊鑑寺は椿の名所として名高いが特別拝観以外は門は閉ざされているので要注意。
哲学の道を北に上る社寺巡りコースA 霊鑑寺から琵琶湖疏水沿いの哲学の道を北に上るコース。霊鑑寺は椿の名所として名高いが特別拝観以外は門は閉ざされているので要注意。
哲学の道を北に上る社寺巡りコースB 霊鑑寺から琵琶湖疏水沿いの哲学の道を北に上るコース。霊鑑寺は椿の名所として名高いが特別拝観以外は門は閉ざされているので要注意。
吉井勇ゆかりの地をたどる 銀閣寺-哲学の道-岡崎-祇園銀閣寺近くに住み、祇園を愛した吉井勇。祇園新橋白川橋のほとりに有名な「かにかくに祇園はこひし寝るときも枕の下を水のながるる」の歌碑が建てられたのは昭...
竹内勝太郎ゆかりの地をたどる 南禅寺-永観堂-哲学の道-法然院-浄土寺-銀閣寺南禅寺から銀閣寺に至る閑寂で緑豊かな洛東の山麓かいわいを愛した文人・学者は多い。竹内勝太郎も岡崎天王町、法然院と居を移し、浄土寺...
野間宏ゆかりの地をたどる 浄土寺-哲学の道-銀閣寺-北白川-百万遍(知恩寺)野間宏の小説『暗い絵』の舞台となっている京都大学のかいわい、京大、三高生の下宿が多くあった辺りをたどる。日本が戦争に突き進んで...
渡辺淳一ゆかりの地をたどる 高台寺-平安神宮-真如堂-哲学の道高校の修学旅行で訪れた平安神宮の枝垂れ桜に魅せられた渡辺淳一は、創作に専念するようになって足しげく京都を訪れる。「いつ小説に登場させても自信を...
阪田寛夫ゆかりの地をたどる 同志社大学-哲学の道-若王子(同志社墓地)阪田寛夫の母は同志社精神に貫かれた一生を送った女性だった。その母に多大の影響を与え、その口から幾度となく出た『でんとんしゃん』、デント...

関連情報

銀閣寺 臨済宗相国寺派。1482年(文明14)足利義政が営んだ山荘東山殿を寺に改めた。1489年(延徳元3)に上棟した銀閣(国宝)は宝形造り二層の楼閣。上層は潮音閣。下層は心空殿。庭の北にある東求...
永観堂 正しくは禅林寺といい浄土宗西山禅林寺派の総本山。853年(仁寿3)空海の弟子真紹が藤原関雄の山荘を譲り受け、尊像を安置、真言宗の道場としたのが始まり。承暦年間(1077-81)第7世永観が...
法然院 法然が弟子住蓮・安楽とともに六時礼讃を勤めた旧跡で、1680年(延宝8)知恩院第38代門主万無上人が再興した。浄土宗系単立寺院。方丈の襖絵(重文)は、狩野光信筆。境内には池泉と砂盛があ...

周辺情報

安楽寺  住蓮(じゅうれん)山と号し、浄土宗の寺院である。

 鎌倉時代の初め、現在地より東1キロメートルばかりのところに、法然上人の弟子住蓮房・安楽房二僧が念仏道場を建てて人々に念仏を...
永観堂(禅林寺)  聖衆来迎山禅林寺と号する浄土宗西山(せいざん)派の総本山で、通称永観堂と呼ばれている。

 斉衡2年(855)空海の弟子真紹(しんしょう)が藤原関雄(せきお)の山荘を寺院とした...
熊野若王子神社  祭神として、国常立神(くにとこたちのみこと)、伊佐那岐神(いざなぎのみこと)、伊佐那美神(いざなみのみこと)、天照大神(あまてらすおおみかみ)を祀る。

 当社は、永暦元年(1...
光雲寺  霊芝山(れいしざん)と号し、臨済宗南禅寺派に属する。南禅寺北ノ坊とも呼ばれる。もと摂津(大阪府)にあったが、寛文年間(1661年頃)後水尾天皇及び中宮東福門院(徳川家康の孫娘...
日吉神社  この地には、九百数十年前に一條天皇の母后東三條女院離宮があった。女院はこの離宮に比叡山の常行堂に安置されていた阿弥陀仏を移して寺院とし、真如堂を創建された。

 そして、同じく...
法然院  善気山万無(ぜんきさんばんぶ)教寺と号し、浄土宗捨世派の本山である。

 この地はもと法然上人が弟子の住蓮、安楽と六時礼賛(ろくじらいさん))を勤めた旧跡で、寛永年間(1624...
霊艦寺(谷御所)  円成山と号し、臨済宗南禅寺派の禅尼寺である。

 承応3年(1654)後水尾(ごみずのお)上皇が円成寺址に、皇女浄法身院宮宗澄尼(じょうほっしんいんのみやしゅうちょうに)を開基...
大豊神社 この社は少彦名(すくなひこなの)命(みこと)・応神天皇・菅原道真(みちざね)を祀っている。社伝によると、仁和三年(887)、宇多天皇の病気平癒のため尚侍藤原淑子が勅命を奉じた勅願所で...
元真如堂(換骨堂)  真如堂の境外塔頭で、またの名を換骨堂と呼ばれている。  当寺は、もと東三條院(一条天皇の母、藤原詮子(せんし))の御所であったが、正暦三年(992)、女院は夢告により、叡山常行...
安楽寺 法然の念仏道場。後鳥羽上皇の女御松虫と鈴虫が、法然の弟子住蓮と安楽の説法に感化され、ひそかに出家して上皇の怒りをかい、二僧は断罪に、法然も流された。寺は二僧の菩提を弔うため1681...
お十夜 11月5日~15日、真如堂。1437年(永享9)、平貞国によって始められた。願いがかなえられた感謝に計10日10夜念仏を唱えた故事による。5日の開白に続いて毎日大鉦八丁が打ち鳴らされ、15日午後...
カボチャ供養 7月25日、安楽寺。同寺の開山・真空上人が夢で「夏の土用に鹿ヶ谷カボチャを食べると中風にかからない」とのお告げを受けたのが始まりとされている。当日、参拝者にはカボチャがふるまわれ、...
熊野若王子神社 1160年(永暦1)後白河上皇が紀州熊野権現を勧請して創祀した永観堂の守護神としての神社である。京都三熊野のひとつ。明治期4社殿を修築したが、1978年(昭和53)に一社相殿に改築された。...
西雲院 金戒光明寺塔頭。1175年(承安5)法然上人がこの地の石に腰を下ろし、日想観をしていると、紫雲がたなびいて、悟った上人は、この岡に庵を結んだのが金戒光明寺の始まりであり、この石を「紫...
真正極楽寺 正式には真正極楽寺。天台宗。戒算上人が984年(永観2)延暦寺の常行堂に安置された阿弥陀如来像を神楽岡に移し開創。応仁の乱のあと各所を転々、1693年(元禄6)現在地に落ち着いた。国宝の...
宝物虫払会 7月25日、真如堂、宝蔵に納められている寺宝約200点を年に1度虫干しをする行事で一般に公開される。主な展示物は「真如堂縁起」(写本)、「寒山拾得」、「涅槃図」など寺宝約200点。有料。...
禅林寺 正しくは禅林寺といい浄土宗西山禅林寺派の総本山。853年(仁寿3)空海の弟子真紹が藤原関雄の山荘を譲り受け、尊像を安置、真言宗の道場としたのが始まり。承暦年間(1077-81)第7世永観が...
法然院 法然が弟子住蓮・安楽とともに六時礼讃を勤めた旧跡で、1680年(延宝8)知恩院第38代門主万無上人が再興した。浄土宗系単立寺院。方丈の襖絵(重文)は、狩野光信筆。境内には池泉と砂盛があ...
霊鑑寺 臨済宗南禅寺派の門跡尼寺。1654年(承応3)後水尾天皇が皇女を開基として創建。谷御所、鹿ヶ谷比丘尼御所ともいう。御所人形200点など皇室ゆかりの寺宝が多い。石組に特徴のある江戸時代中...
念佛行道会 2月14日~2月15日、禅林寺(永観堂)。今から約900年前の2月15日未明、中興の祖、永観律師が本堂において念佛行道中、いつのまにか阿弥陀様が壇上から降りて律師とともに行動された。念佛行...
大豊神社 鹿ケ谷・南禅寺一帯の産土の神、氏神様枝垂紅梅、椿、四季折々の山野草が心を慰めてくれます。社伝によると、仁和3年(887)宇多天皇の御悩平癒祈願のために、贈正一位尚侍藤原淑子が勅命を奉...
引声阿弥陀経会 10月14日~10月16日、真如堂。藤原時代の永観年間、比叡山延暦寺の常行堂にあった阿弥陀如来像を移して建立されたお寺。慈覚大師円仁により伝えられた阿弥陀経を1語1語引くように、ゆるやか...
桜花祭 4月第1日曜日、熊野若王子神社。10時~10時40分に桜花祭典が行われ、その後は16時まで、大正琴を観賞することができ賑わいを見せる。境内裏山には桜花苑があり、売店では、弁当なども販売す...
涅槃図公開 3月1日~31日、真如堂。宝永6年(1709年)に僧厭求、海北友賢によって制作された極彩色の縦6m横4mの巨大な涅槃図。期間中のみ、あられを煎って黒砂糖をまぶした「花供曽(はなくそ)あられ」...
住友コレクション 住友コレクションとして世界的に知られる中国古代の青銅器と鏡鑑を中心に、住友家収集の東洋の美術工芸品約3000点を収蔵・展示する美術館。館の名称は江戸時代の住友家の屋号「泉屋」と900年...
俊寛山荘跡 左京区鹿ケ谷霊鑑寺の東方山中。平安末期、法勝寺の執行俊寛僧都が平家の横暴に憤慨し、同志とひそかにクーデターの策を練った山荘跡。ゆえにこの付近を談合谷ともいう。密告により計画が発...
西雲院 紫雲石 霊石の一つ。法然上人が念仏弘通の聖地を求めてこの地に着き、大石に腰をおろし念仏を称えながら回想観をすると、たちまち紫雲が棚引き、芳香が四方に薫じたという。この奇瑞によってこの大...
安楽寺庭園 安楽寺の侘びた風情の茅葺きの山門をくぐると、庭いっぱいに皐月の刈込が施されている。ピンクと緑の鮮やかなコントラストに息をのむ。
法然院庭園 法然院の前庭にある白砂壇上には水の紋様が描かれている。本堂北側の方丈庭園には京の名水として名高い清水「善気水」が湧出。
霊鑑寺庭園 霊鑑寺の庭園は杉苔が地面を覆い、立石を多く用いた大胆な石組の庭に、多種に及ぶ珍しい椿の花が優雅な風情を。般若寺形燈籠も目を引く。
叶匠壽庵 京都茶室棟 銀閣寺へと続く哲学の道沿いにある、和菓子「叶匠壽庵」の茶室で、格式ある裏千家のお抹茶を体験。簡単なお抹茶の作法を教えてもらえる。抹茶の飲み方などは教えますが、お点前は見ていただ...
上島鳳山と近代大阪の画家たち-大阪の美人画は濃い! 明治から大正時代にかけて、独特の雰囲気を漂わせた美人画で人気を博した上島鳳山。鳳山の未公開作品を含め、同時代に大阪で活躍した画家たちを紹介します。