千代の古道

内容概要

平安貴族が北嵯峨に遊行の折、通った道。雙ケ岡―常盤―鳴滝―広沢池を結び、新古今集の藤原定家の歌など、多くの歌にも詠まれている。しかし、道筋は地元自称など諸説があり、定かではない。なかには歌の上だけの道とする説もある。地名に「嵯峨野千代の道町」がある。

【正式名称】
千代の古道(ちよのふるみち)
地図表示

観光ルート情報

王朝人も歩いた「千代の古道」をたどる 平安京ができる前から宇多野・嵯峨野へと通じた古道。都人たちがこの道を通ってお月見に出かけたともいわれ、観月の名勝地、大沢池を眺めながら、いにしえ人を偲んでみたい。

関連情報

藤原定家 鎌倉初期の歌人・公家。藤原俊成の子。和歌所寄人として『新古今集』の撰者となり、また『新勅撰集』を撰集。『源氏物語』など多くの古典の書写も成した。貴重な資料の日記『明月記』が冷泉...
嵯峨野 右京区太秦の西、桂川の北付近に広がる広い住宅地域の名。優れた風物が好まれ、平安時代には天皇、大宮人たちの絶好の遊猟、行楽地だった。1931年(昭和6)京都市に編入。さらに1970年(昭和...
常盤 右京区・双岡の西方にある住宅地域の名。嵯峨天皇の子・源常(みなもとのときわ)の山荘があったのが地名になった。その後も多くの山荘や寺院が建ち寺侍が住んで村となった。歌枕としても知...
鳴滝 右京区の北部、御室の西にある近郊住宅地の名。地域を流れる御室川の渓流がこのあたりで滝のようになり、水音が遠くまで鳴り響いたので地名となった。天然の鳴滝砥石の産地として全国的に有...
広沢池 大覚寺・大沢池の東にある。東西・南北各300メートルの灌漑用の溜池。989年(永祚1)寛朝僧正が朝原山に寺を建立した時に開削した池で、別名遍照寺池とも。しかし秦氏が造成の説も。平安期は...

周辺情報

斎宮神社 天照大神を祭神とする。伊勢神宮に奉仕する斎宮が有栖川の辺に野宮を建て、精進潔斎をした旧跡と伝わる。こじんまりとした神社で、厄除け開運・婦女子の血の道の守護などに御利益がある。
正定院 浄土宗。本尊歯仏阿弥陀如来。天文年間(1532~55)称念上人を開基とし、下嵯峨村在住の材木商、福田・大八木両家が建立。幕末の勤皇家、福田理兵衛の墓がある。