北嵯峨王朝の道

内容概要

右京区嵐山・渡月橋から広沢池に至る約3キロの道。源氏物語に登場する野宮神社、光源氏のモデル・左大臣源融山荘跡の清凉寺、嵯峨天皇離宮跡の大覚寺、嵯峨天皇陵、大沢池などが連なり、平安王朝の雅やかな情緒がしのばれる。田園や竹林の中を道が続いている。

【正式名称】
北嵯峨王朝の道(きたさがおうちょうのみち)
地図表示
交通案内 阪急電鉄 嵐山
京福電鉄 嵐山
市バス 嵐山
市バス 広沢御所ノ内町

周辺情報

大沢池(名勝)  ここはもと嵯峨天皇が弘仁年間(810~824)に造営された離宮「嵯峨」の苑池の一部で、現在大覚寺境内に属している。中国の洞庭湖(どうていこ)になぞらえて「庭湖」ともいい、作庭...
大覚寺(旧嵯峨御所)  嵯嵯峨山と号する真言宗大覚寺派の大本山である。

 当山は、嵯峨天皇の離宮嵯峨院の一部で、天皇崩御の後の貞観18年(876)に寺に改められ、大覚寺と名付けられた。その後一時荒廃...
直指庵  祥鳳山(しょうおうざん)と号する浄土宗の寺である。  もとは黄檗宗に属し、正保3年(1646)日本黄檗宗の開祖隠元(いんげん)禅師の法燈を継ぐ独照(どくしょう)禅師が、この地...
観月の夕べ 日本三大名月観賞地の一つ大覚寺大沢池。大沢池に龍頭舟、鷁首(げきす)舟を浮かべ、観月を楽しむことが出来る。有料。交通案内:市バス・京都バス 大覚寺下車、JR山陰本線嵯峨嵐山駅北口...
直指庵 1646年(正保3)隠元禅師の高弟独照性円禅師が草庵を結んだのが起こり。直指人心の黄檗の正統を守り寺号をつけず直指庵とした。その後、法嗣が衰え独照の墓堂を存するだけとなったが、幕末の...
旧嵯峨御所 大本山 大覚寺 真言宗大覚寺派の本山。876年(貞観18年)、嵯峨天皇の離宮嵯峨院を寺院に改め、歴代の天皇や皇族が住持された門跡寺院であり、嵯峨御所として知られる。境内に書院造の正寝殿(重文)には、...
華道祭 大覚寺は「いけばな嵯峨御流」の総司所(家元)。数多くのいけばなを展示する華展をはじめ、年に2回しか行われない大沢池の「龍頭鷁首舟」、平安絵巻さながらの献華式やお茶席、各種法会など...
大覚寺嵯峨菊展 毎年大覚寺の境内にて11月1日~11月30日の1ヶ月間開催され、大覚寺の嵯峨菊会会員により栽培されている門外不出の嵯峨菊、約800鉢が公開される。嵯峨菊は明治中期に品種改良が進んだ古典菊の...
名勝 名古曽滝跡 名古曽滝は、離宮嵯峨院の滝殿庭園に設けられたもので、「今昔物語」では百済河成が作庭したものと伝える。水は早くから枯れ、石組みだけが残った。大正11年国定指定名称に指定され、平成6年...
名勝 大沢池 大覚寺の名勝大沢池。庭湖とも呼ばれ、平安前期の様式を伝える日本最古の人工林泉。堰堤には楓、桜、松が植えられ、心経宝塔を水面に映す。「滝の音は絶えて久しくなりぬれど 名こそ流れて...
大覚寺五大堂<写経> 平安時代、疫病退散を願った大覚寺のご始祖である嵯峨天皇が一字三礼の誠をこめ、般若心経を写経浄書、弘法大師は嵯峨院持仏堂の五覚院で五大明王に祈願すると、たちまちのうちに疫病が治ま...