下鴨福助

内容概要

◎料理種別-京料理・会席料理・ふぐ・寿司
●おすすめコース
・京会席 7,000円~15,000円(税・サ別)
・葵御膳 3,700円(お昼のみ)(税・サ別)
 ●サービスメニュー(平日昼のみ)
  ・ミニ会席 5,000円、6,000円(税・サ別)
●その他
・名物 青板昆布仕立て鯖姿寿司 3,500円(1本 税別)
*座敷ご利用の場合には、奉仕料がかかります(15%)
◎営業時間 AM11:00~PM8:00Lo
◎休日 年中無休(元旦を除く)

ホームページ http://www.shimogamo-fukusuke.co.jp

【正式名称】
下鴨福助(しもがもふくすけ)
【住所】
京都市左京区下鴨西高木町37
【電話番号】
075-781-8274
【FAX】
075-722-5988
地図表示
交通案内 市バス 高木町下車 
バス停より一筋目西南入ル50M
地下鉄 北大路駅、京阪出町柳駅より車で5分
駐車場情報 完備 自家用車10台
中型バス1台可(要事前連絡)
拝観・開館時間 11:00~20:00
休日・休館 元日を除き年中無休
予約方法 ホームページもしくは電話にてお問合せ下さい
備考 大広間80名様まで
個室大小各種ございます
イス席もご用意できます

周辺情報

蹴鞠始め 正月4日午後2時、下鴨神社。けまりは平安初期、すでに宮中で儀式化され、以後、御所の伝統芸能として伝承されてきた。その後、京都蹴鞠保存会が皇室とゆかりが深い下鴨神社で復活した。見学...
御蔭祭 5月12日、下鴨神社。比叡山西麓の御蔭神社から葵祭の神霊を迎える神事。第2代・綏靖(すいぜい)天皇の御代に始まった、わが国最古の神幸列といわれる。神霊を乗せた神馬の前で優雅な東遊が...
御手洗祭 7月土用の丑の日、下鴨神社ほか。平安朝のころ、節の変わり目に貴族がみそぎをして罪・けがれを祓った。これが民衆に伝わり、この日に御手洗川に足をひたし、1年の無病息災を祈る祭り。参加...
流鏑馬神事 5月3日、下鴨神社。葵祭(5月15日)の前の儀式として最初に行われる古式神事。武官束帯姿(ぶかんそくたいすがた)の射手が馬を馳せながら3ヵ所の菱形の的を矢継ぎ早に鏑矢(かぶらや)で射...
京の流しびな 3月3日、下鴨神社。日本古来の伝統行事を再現伝承し、節句行事への関心を高め、日本の良き美風と子女の成長を願う。御手洗川前の井上社で神事があり、その後に流しびな(参加可)が行われる...
賀茂御祖神社 平安期以前の創祀で京最古の社の一つで山城国一の宮と崇められ、国事を祈願し、国民の平安を祈る神社として「賀茂斎院の制」「式年遷宮の制」等が定められた。祭神は賀茂建角身命と玉依媛命...
印章祈願祭 10月1日または10月1日前後の日曜日、下鴨神社。全国の印章業者の祈願祭。印章の神様を祀る下鴨神社には、古い印鑑を埋納する神事が行われる。この神事は関係者のみだが、13時30分・15時から...
繁昌大国秋祭 10月9日、下鴨神社。五穀豊饒の秋の稔と、商売繁盛を感謝する秋祭り。祭典、園遊会と古典芸能観賞会が催され、邦楽や舞楽の奉納も終日催される。軒を並べた多数の露店の活気とともに、秋の一...
蛍火の茶会 6月日時未定、下鴨神社。蛍を眺めながらお茶を味わう行事。奉告祭が行われた後、8時頃に400匹の蛍を放つ。橋殿と細殿には茶席(申込み要)が設けられ、境内では琴の演奏や十二単の舞が神服...
出雲井於神社 下鴨神社の境内摂社。式内社。建速須佐乃男命を祀る。社名は、旧山城国愛宕郡「出雲」郷の総社であること、「井於」(川=鴨川の辺)に社が鎮座することに由来する。この神社の周囲には植え...
井上社 下鴨神社の境内末社。祭神、瀬織津姫命。社名は、社が井戸の上に建てられていることに由来する。社前の池は御手洗池、下流の川を御手洗川と称する。土用丑の日に行なわれる足つけ神事(御手...
言社 下鴨神社拝殿前の同神社摂社。大国主命はその働き毎に異なる7つの名前を持ち、その名前毎に7つの社が鎮座する。それぞれが十二支の守護神であり、1月成人の日、初大国えとまつり、10月9日の...
中国料理 蕪庵 ◎料理種別-中国料理(京風味) ●おすすめコース ・6,0000円,8,000円,10,000円,15,000円,20,000円(フルコースのみ)*税・サ別◎営業時間 PM0:00~PM9:00◎休日 毎水曜日