堀川商店街協同組合

内容概要

加茂川の元々の流れだった堀川は、平安京の造営以来、人工の水路河川として活かされてきました。その堀川の沿って商工業が発達し、中・下の立売通(中立売通・下立売通)、上の魚の棚(椹木町通)、長者町筋とあいまって都の商工業地帯を形成するに至りました。明治時代に入り、次第に商いや職人の店が軒をつらねる様になり、寄席・映画館・飲食店なども出現しさらに発展しました。昭和初期には、京都市に於ける有数の殷賑を極めた堀川京極として栄えましたが、疎開により昭和二十年に取り壊されてしまいました。戦後、昭和二十六年に全国で最初の公営店舗付住宅として今の堀川商店街が再建され、永年にわたる歴史を秘めて、市民に愛される商店街として現在に至っています。
春と秋には恒例の「堀川まつり」を開催しています。

【正式名称】
堀川商店街協同組合(ほりかわしょうてんがいきょうどうくみあい)
【住所】
西堀川通上長者町~西堀川通下立売
地図表示
交通案内 市バス堀川中立売下車南へ徒歩すぐ/市バス堀川下長者町バス停前/市バス堀川下立売北へすぐ
駐車場情報 中立売堀川西駐車場(中信)
商店街中央駐車場(有料)
車椅子による見学 できます。
料金 無料

関連情報

伊藤仁斎 江戸前期の儒者。京都生まれで、生家は材木商。幼いころから儒学への道を歩み、孔子、孟子の原典を本旨とする古義学に到達。堀川通下立売上ルに塾「古義堂」を開き、全国から門弟3000余が参...
晴明神社 平安中期の天文学者安倍晴明公を祭る。晴明は6代の天皇に仕え、当時の天文暦学から独特の‘陰陽道’を確立。朝廷の祭政に貢献した。1007年(寛弘4)一条天皇がその功績をしのび創祀したという...
堀川 京都市街のほぼ中央部を北区から上京・中京・下京・南区へと南北に貫流する。全長8.2キロ。堀河とも記す。現在、北区から暗渠になり、上京区一条戻橋北より御池通まで姿を現わすが、一直線に...
京都御苑 京都御所と仙洞御所、大宮御所、京都迎賓館を包含する東西700メートル、南北1300メートルの広大な緑地で、環境省の管理する国民公園。禁門の変で有名な蛤御門など四方から自由に出入りでき、...

周辺情報

大峰寺跡  一条戻橋に近いこの地は、古くは大峰野(おおみねの)と呼ばれ、平安時代には、大峰寺と称する寺院があったところである。  大峰寺は、大峰殿とも呼ばれ、大和国(奈良県)吉野の大峰山...
京都所司代上屋敷跡  ここより西方大宮通り辺まで(北は丸太町通り、南は竹屋町通り)の一帯の地で、現在そのほとんどが待賢小学校用地となっている。  所司代の名称・役職は、室町幕府の侍所(さむらいどこ...
戻橋  延喜18年(918)、文章(もんじょう)博士・三善清行(みよしきよつら)が亡くなった時、父の死を聞いた子の浄蔵が紀州熊野から京都に馳せ帰ってみると、その葬列は丁度この橋の上を...
萬亀楼 ◎料理種別-京料理・有職料理 ●おすすめコース(PM0:00~PM9:30) ・昼 京料理 10,000円~・有職料理 30,000円~ ・夜 京料理 15,000円~ ●サービスメニュー ・竹籠弁当 5,500...
因州鳥取藩京都藩邸跡 この一帯は,江戸時代を通して三十二万石の外様(ざま)大名として因幡(いなば)・伯耆(ほうき)二国を支配した因州鳥取藩の京都藩邸があった所である。   
京都藩邸は,古くは油小路下立売(...
伊藤仁斎宅(古義堂)跡並びに書斎(史跡)  江戸初期の漢学者、伊藤仁斎の住宅で、仁斎の学問にちなみ古義堂と称する。現在の建物は明治23年に遺構をもって再建したもので、二階建、土蔵造りの書庫は仁斎在世当時のものである。 ...
勝福寺(親鸞聖人旧蹟) 寺伝によれば,当寺はもと「清水(しみず)庵(あん)」、「一條坊(いちじょうぼう)」と呼ばれ、浄土真宗の宗祖、親鸞聖人(一一七三~一二六二)が一時期住居とした旧蹟である。親鸞聖人は布教...
一条通 京都市街地中央部の東西路。東の烏丸通から西の右京区宇多野まで。西大路通から西へ延び、一条街道と称されたが、現在は西大路通から東と同じように一条通と称する。平安京の北端を東西に走...
一条戻橋 一条通の堀川に架かる橋。橋名は「源氏物語」や918年(延喜18)文章博士・三善清行が一時蘇生した説話、渡辺綱と鬼女の物語などの歴史を秘める。縁談ごとには避ける風習がある。
大宮通 京都市街地中央部の南北幹線路。北は竹殿北通から南は十条通まで。平安京の東大宮大路に当たる。二条城の築造で竹屋町通と押小路通間、所司代屋敷の拡築で丸太町通と竹屋町通間が閉塞した。...
堀川通 京都市街地中央部の南北幹線路。北は鴨川堤から南は下京区橋橘町までだが、五条通から南も堀川通と呼んで延び、油小路通とつながる。平安京の堀川小路に当たる。堀川をはさみ、東、西堀川通...
京都府庁 京都府庁旧本館は1904年(明治37)に建設された煉瓦造2階建築、後期ルネッサンス様式を採り入れたロの字形で各府県庁舎では現存最古。建築史的な価値も高く国の重要文化財に指定されている。...
樂美術館 樂焼窯元、樂家に隣接してたてられている。初代長次郎以来450余年、樂家歴代の作品を中心に、樂家に伝わった茶道具工芸品、関係古文書など所蔵品は1200点を超える。設立:1978(昭和53)年樂...
中信美術館 丸みを帯びたうすい橙色の壁面や銅板葺の屋根、渦巻きの連鎖モチーフの門扉、花や虫がデザインされたイタリア製の鉄扉など、南欧風の瀟洒な外観も魅力的な美術館。特別企画展のほか、(公財...
京都守護職屋敷跡 幕末の政治・治安の維持に対処するため1862年(文久2)江戸幕府が設置した職名の一つ。会津藩主松平容保が就任。翌3年、今の京都府庁・第二日赤病院・梅屋校におよぶ広い地域の民有地99,000...
京屋敷跡 江戸時代、全国の諸大名が京都に持った邸宅で、都での儀礼・式典の連絡拠点や京都産の美術工芸品購入の場となった。1650年(慶安3)ごろには68ヵ所、1670年(寛文10)にかけては83ヵ所と邸宅...
所司代屋敷跡 1600年(慶長5)関ケ原合戦後、徳川家康が設けた江戸幕府の重要な監視職。板倉勝重が初代所司代、幕末に廃止するまで58人が就任。その中屋敷跡は、現在の侍賢小学校にあたる。
名和長年戦死の地 南朝の忠臣名和長年は、隠岐島を脱出した後醍醐天皇を鳥取県の船上山に迎え、建武新政権で重んじられたが、1336年(建武3)6月、九州から再度上洛してきた足利尊氏の軍勢を迎え撃ち、敗れて...
山崎闇斎邸跡 1655年(明暦1)この地に儒学を説く闇斎塾を開講した。ここは伊藤仁斎が堀川を隔て東側に開いた古義堂と相対していた。晩年は儒家神道を説き著述に専念した。
伊藤仁斎宅(古義堂)跡、並びに書庫 江戸初期の漢学者・伊藤仁斎の住宅で、仁斎の学問にちなみ古義堂と称する。現在の建物は明治23年に遺構をもって再建したもので、二階建、土蔵造りの書庫は仁斎在世当時のものである。仁斎は...
京都所司代上屋敷跡 ここより西方大宮通り辺まで(北は丸太町通、南は竹屋町通)の一帯の地で、現在大半が待賢小学校用地となっている。所司代の名称・役職は、室町幕府の侍所(さむらいどころ)にはじまり、徳...
並河天民講学所跡 この地は、江戸時代中期の儒医並河天民の私塾、堀木之舎(ほりきのや)があったところである。天民は延宝7年(1679)京都郊外、横大路村の生まれで、性豪放、終生官に仕えず、赤貧に甘んじ、...
NTT西日本 西陣ビル 1921年(大正10)京都中央電話局西陣分局として開局。鉄筋コンクリート造三階建。設計は逓信省技師岩元禄で、唯一の現存作品。正面の二階部分まで半楕円形にレリーフを並べ、出入口の中央と...
樂美術館(体験・見学) 初代長次郎から現在の15代まで、450年もの間作り伝えられた樂家歴代の作品を収蔵。樂茶碗を中心に茶道工芸品・古文書等を収蔵し、年に4回テーマを変えて展覧会を開いている。樂歴代作品によ...
京都ブライトンホテル ・室数182室(洋室182室)・宿泊料金 ※料金は税金まで含んだ総額を表示しております  お1人様当り12000円~(1室2名利用の場合)*宿泊料金は、客室の設備・広さ・料理、人数、シーズン・...
ルビノ京都堀川 ・室数94室(シングル26室・ツイン31室・和室他37室)・宿泊料金(税・サービス料込)   シングル   4,104円より  ツイン・和室 4,212円より(1名様)  朝食付    5,605円よ...
開館40周年記念特別展 能と樂茶碗 幽玄と侘び - 形の奥にある美意識 能と茶の湯、特に能面と樂茶碗に焦点を当て、作品を通じて幽玄美と侘びの共演、共通する美意識を探ります。