鞍馬口商店連盟会(鞍馬口商店街)

内容概要

地下鉄鞍馬口駅を区内に持ち、近くの大型店と連携したイベントを開催したこともある。地域住民と旅行や鮎釣りに行くなど、交流が盛んだった商店街。近くの上御霊神社で夜店をしたり、くじ引きなども催している。

【正式名称】
鞍馬口商店連盟会(くらまぐちしょうてんれんめいかい)
【通称名称】
鞍馬口商店街(くらまぐちしょうてんがい)
【住所】
北区烏丸通紫明通~上御霊前、鞍馬口通寺町西入ル~室町
地図表示
交通案内 地下鉄烏丸線鞍馬口徒歩3分 市バス烏丸鞍馬口下車徒歩3分

関連情報

鞍馬口 北区鞍馬口町として名が現在残る京の七口の一つ。鴨川の出雲路橋西の鞍馬口通付近を称し、出雲口とも。京都から鞍馬街道(丹波街道)の入口にあたりこの名がある。南北朝期から、ここに関を...

周辺情報

曙寺  山号を瑞芝山(ずいしざん)という黄檗宗(おうばくしゅう)の寺である。

 後水尾上皇が鎮宅霊符神(ちんたくれいふじん)を貴船の奥の院より勧請せられ、隠元禅師(いんげんぜんし)の...
西園寺  宝樹山竹林院(ほうじゅざんちくりんいん)と号する浄土宗の寺である。

 元仁元年(1224)、藤原公経(きんつね)が、衣笠山の麓に、山を背にして苑池を造り、その池畔に、本堂、寝...
慈照院  臨済宗相国寺派に属し、もとは大徳院と称した。延徳2年(1490)足利義政の塔所影堂となり、その法号より慈照院とした。

 当院第七世の仏性本源国師(きん叔顕たく(きんしゅくけん...
宝慈院  樹下山(じゅげざん)と号し、「千代野御所」と称する尼門跡寺院の一つで、無外如(むげにょ)大尼によって創建された景愛尼寺の支院である。寺号は、はじめ資樹院と称したが、応仁の乱の...
妙顕寺  貝足山と号し、龍華院ともいう日蓮宗の大本山の一つである。

 日像上人が日蓮聖人の遺命を受け、永仁2年春より長年の忍難弘通(ぐつう)の末、元享元年(1321)京都における日蓮宗...
禁門変長州藩殉職者墓所  この墓地の中に、元治元年(1864)の禁門の変(蛤御門(はまぐりごもん)の変、甲子(かつし)の変ともいう)ご戦死した長州藩士の墓がある。  攘夷派の先鋒であった長州藩は、この...
上善寺  千松山遍照院(せんしょうざんへんしょういん)と号する浄土宗の寺院である。  寺伝によれば、貞観5年(863)に、僧円仁により、天台密教の道場として、千本今出川(上京区)に創建...
御霊神社(上御霊神社)  祭神として崇道天皇(早良(さわら)親王)、吉備真備(きびのまきび)、橘逸勢(たちばなのはやなり)はじめ十三柱の神霊を祀る。  この地には、はじめ付近住民の氏寺として創建された...
天寧寺  山号は萬松山(ばんしょうざん)と号し、曹洞宗に属する。  当寺は、もと会津(福島県)城下にあったが、天正年間(1573~1592)に、天台宗松陰坊の遺跡といわれるこの地に移転...
応仁の乱勃発地  文正2年(1467)正月18日早朝、この付近、すなわち上御霊神社の森の合戦から、応仁の乱ははじまった。17日深夜、畠山政長は自邸を焼いて一族や奈良の成身院光宣らと兵約二千を率...
御霊神社 794年(延暦13)崇道天皇を祀ったのが始まり。その後仁明、清和天皇時代をへて7柱が合祀され、863年(貞観5)悪疫退散の御霊会が勅命で催された。国家、皇室、都民守護の社として朝野の崇敬...
相国寺 臨済宗相国寺派大本山。足利義満が創建を発願、1392年(明徳3)に完成、夢窓国師を開山とした。山内に禅宗寺院を統制管理する僧録司を置き、禅宗行政の中心的存在であったが、失火で炎上、5...
御霊祭 5月1日~5月18日、御霊神社。初日に社頭の儀が、最終日に渡御の儀が行なわれる。その後、牛車と3基の神輿が氏子域を巡行し、神輿渡御が見られる。17日からは夕方に露店も出ている。期間中、...
例祭・小山郷六斎念仏 8月18日、御霊神社。9:30から祭典が行なわれ、茂山社中による狂言が奉納される。19:30以降、和太鼓の奉納があり、境内では小山郷六斎念仏保存会の念仏踊が賑やかに催される。地下鉄烏丸線/...
上善寺 貞観5年(863)円仁が天台密教の道場として創建する。文明年間、寺門を再興した春谷盛信は、後土御門天皇・後柏原天皇 両帝の戒師をつとめる。また、後柏原天皇は当寺に行幸して「善光寺如来...
閑臥庵 黄檗宗。後水尾法皇が御信仰篤く、もと梶井常修院の宮の院邸を献上されたものである。初代隠元禅師から六代目の黄檗山萬福寺管長千呆禅師を招いて1671年に開山した。法皇より「閑臥庵」の勅...
羽休山飛行院 西林寺  延暦(えんりゃく)年間(781~806)に、慶俊僧都(けいしゅんそうず)によって開かれた天台宗(てんだいしゅう)の寺院。僧都がこの地で朝露に乱れ咲く木槿の草むらから地蔵尊を感得された...
天寧寺 曹洞宗。本尊は釈迦如来像。山門を一に「額縁門」とも称する。天正年間(1573~92)会津城下より移ったと伝える。境内観音堂には、後水尾天皇念持仏と伝える聖観音像と、東福門院念持仏と伝...
室町通 京都市街地中央部の南北路。北は北山通から南は十条通南までだが、東本願寺、京都駅で中断。平安京の室町小路に当たる。通り名の由来は室があったためとか、室町川が流れていたからともいう...
相国寺承天閣美術館 相国寺創建600年記念事業の一環として1984年(昭和59)年4月に建設され、相国寺と鹿苑寺(金閣寺)・慈照寺(銀閣寺)・他塔頭寺院に伝わる美術品を受託し、国宝5点、重要文化財144点を含む...
大谷大学博物館 真宗・仏教・歴史・文学・芸術など広範囲にわたる貴重な資料約1万2千点を収蔵する当博物館は、これらの文化資産を広く公開するために、2003年10月より一般公開している。真宗・仏教文化財の...
臨済禅師1150年・白隠禅師250年遠忌記念「禅林美術展」