田中京極商店街振興組合(ユニティーTANAKA)

内容概要

昭和24年に田中京極繁栄会として発足、昭和57年に法人化する。毎年恒例の納涼まつりには、地域消費者を中心に大勢の人出で賑わう。中元・歳末の売出しには特賞として一泊旅行に招待するなど、集客に努めている。この商店街の南には京都大学があり商店街周辺にも学生の下宿やマンションが多い。また百万遍知恩寺、吉田神社もある。さらに南下すると熊野神社や聖護院が控えている。

【正式名称】
田中京極商店街振興組合(たなかきょうごくしょうてんがいしんこうくみあい)
【通称名称】
ユニティーTANAKA(ゆにてぃーたなか)
【住所】
左京区東大路通田中南大久保町~田中飛鳥井町
地図表示
交通案内 叡山電鉄叡山本線 元田中駅下車徒歩約3分
市バス 百万遍下車 徒歩約7分

関連情報

熊野神社 811年(弘仁2)修験道の日円上人がこの地に紀州熊野大神を勧請したのが始まり。京都三熊野(当社・新熊野・若王子社)の最古社。聖護院の守護神でもある。応仁の乱で荒廃したが再建し、江戸...
聖護院 本山修験宗の総本山。1090年(寛治4)白河上皇の熊野参詣の折、増誉僧正が先達を務め、賞として寺を賜わり、聖体護持の意味で聖護院と名づけた。1788年の内裏炎上の際、仮皇居ともなり、光格...
吉田神社 859年(貞観元)藤原山蔭卿が春日の神を勧請し、平安京の鎮守神にしたのが起こり。室町期吉田兼倶卿が吉田神道を唱え権威を高めた。本殿は慶安年間(1648-52)再建の春日造。境内に重文の「...
田中 左京区の西部、高野川下流の川東一帯の地域の名。周囲を吉田、北白川、一乗寺、高野各地域と接する。中世の記録にすでに「田中」の地名が出てくる。地域の南東に知恩寺、京都大学がある。

周辺情報

田中神社  祭神として大国主命(おおくにぬしのみこと)を祀る。

 この付近はもと田中村と呼ばれる村があったが、その産土神(うぶすながみ)として、村民の信仰をあつめてきた神社である。

 社...
百萬遍知恩寺 浄土宗大本山の一つ。法然上人の弟子 源智上人が師の遺跡であり下賀茂神社の神宮寺であった『功徳院』(今出川釈迦堂または賀茂のかわら屋とも)を師の恩徳を偲び『知恩寺』とした。元弘元年(...
百萬遍知恩寺 十夜法要 秋の集い 毎年11月1日に開催される十夜法要では大殿(御影堂)内にて午後1時から法話があり、午後1時半より声明による古式法要が勤修され、回向師による諷誦回向もされます。また外陣にて百萬遍大念珠...
百萬遍知恩寺除夜法要 毎年12月31日には除夜の鐘を撞きます、京都市内の寺院では珍しく、どなたでも梵鐘を自分で撞けるのが特色です。午後10時15分からの開扉のあと、午後10時30分より堂内にて108番までの整理券を...