西蓮寺(西市屋道場)

内容概要

時宗。松尾山。939年(天慶2)空也上人が、市で布教し、また、松尾の神に法施したことから、松尾大社西七条御旅所社頭の地に創建したと伝えられる。本尊地蔵菩薩。住職は西蓮寺創建以後御旅所の供僧をつとめ、松尾神社の神幸祭には踊念仏を行ったと伝わる。七条堀川にあった市屋道場(金光寺)に対し西市屋道場ともよび市屋派に属した。市屋とは平安京の東の市・西の市の、屋舎の意。共に市神が祀られ、東市には市姫社(現、市比売神社)、西市には松尾神の内の宗像社(現、松尾大社西七条御旅所)が、それぞれ相当した。『源平盛衰記』に、平清盛に切られた西光が京の七道の辻に地蔵尊を祀ったとあり、寺地の西七条もその地の一つである。本尊が地蔵菩薩(平安末期、鎌倉期の二体)であるのは、六地蔵信仰の固定化以前に遡る信仰を伝えている。中世には、祈祷寺院としての東寺の葬儀に関与した。寺宝として中・近世文書、書跡等があり、派祖(時宗)作阿上人像は国立京都博物館に寄託されている。

【正式名称】
西蓮寺(さいれんじ)
【通称名称】
西市屋道場(にしのいちやどうじょう)
【住所】
下京区西七条南中野町55
【電話番号】
075-313-2261
【FAX】
075-313-6625
地図表示
交通案内 阪急京都線西院駅より市バス205(七条御前)202(西大路七条)/ JR京都駅より市バス208・205・33(七条御前)
駐車場情報 表に2台、裏に4台。無料
車椅子による見学 不可
見学所要時間 約40分
休日・休館 年末年始、法要中は不可。
料金 料金不要
予約方法 前もって見学の可否・都合をたづねてほしい

周辺情報

若一神社 平安末期平清盛がここに別邸を建て「西八条殿」と称し、紀州熊野の若一王子の御霊を祭ったのが始まり。以後清盛の勢威がのびたというので開運出世の神として崇められる。社前の清盛手植の大...
綱敷行衛天満宮 もともとこのあたりにあった「綱敷天満宮」と西にあった「行衛天満宮」が合併され「綱敷行衛天満宮」と呼ぶようになりました。「綱敷天満宮」は道真が筑紫に左遷され博多仁上陸されたとき船...
若一神社若一講社大祭ならびに火焚祭 11月10日、於 若一神社。本殿での祭典の後、石垣上にて800余年の歴史がある火焚神事が斎行されます。午後2時からの火焚神事では神職の大祓詞奉唱が行われる中、願いのこめられた火焚串を焚...
朱雀松尾總神社 松尾大社の神輿が還幸祭の巡幸途中に立ち寄られる社。
松尾大社西七条御旅所 御祭神は松尾大神。松尾祭の神輿の御旅所。平安時代末期の史料にすでに記されているが、創建の詳細は不明。江戸時代までは二百余石の朱印地が与えられていたという。かつては西七条地区に三...
水薬師寺 真言宗の単立寺院。洛陽十二薬師・名薬師の一。塩通山医王院。902年(延喜2)大池の中から薬師如来が出現したので、醍醐天皇が理源大師に命じて是を本尊として寺を開かせたという。元弘の兵...
西大路通 京都市街地西部の南北幹線路。北は北大路通から南は十条通まで。市西部の市街化に伴い都市計画でつくられ、九条通以北は1939年(昭和14)に開通。1943年(昭和18)に市電が九条通から北に全...
七西甲子会 商店街の草分け的存在として、京都の旧西国街道と丹波街道の合流点で市場として発展。昭和25年の結成。加盟店名入りの街路灯を設置し、その後に統一看板も新設・歩道整備。有志14店で七...
七条中央サービス会 丹波街道沿いに発展、戦後まもなく七栄会を結成。その後、立地条件などにより分かれた商店街の一つ。昭和36年、全国に先駆けて京都中央卸売り市場ができ、生鮮食品を扱う商店が増えた。新...
西七繁栄会 旧丹波街道筋にあたり、中央市場に近いところから次第に発展。戦後いちはやく組織化し、昭和55年に街路灯を16基、昭和59年には統一看板をつくっている。付近には、梅小路蒸気機関車館...