不思議不動院

内容概要

五山の送り火の一つである左大文字の麓にたたずむ「大北山 大宝寺 不思議不動院」は、初代酒井圓心師が戦後まもない昭和20年頃、「難渋苦労している人々を救済せん」「救いを求め訪ね来た人たちに不思議な利益を進ぜよう」と此の地に開いた聖地である。
境内には、本堂の不思議不動明王を中心として、右に弘法大師(かぼちゃ大師)、左に宇賀の神を祀り、護摩堂、天龍天神、子授け地蔵など多くの祠堂が安置され、「不思議之谷のお不動さん」と呼ばれ、親しまれている。

【正式名称】
不思議不動院(ふしぎふどういん)
【住所】
京都市北区衣笠赤阪町1-1
【電話番号】
075-462-6628
【FAX】
075-406-5879
地図表示
交通案内 ①市バス「わら天神前」下車、M1号系統「原谷行き」に乗り換え、「衣笠氷室町」下車すぐ。
②市バス「金閣寺道」下車、徒歩20分。
駐車場情報 あり(10台程度)
車椅子による見学 階段があるため困難
拝観・開館時間 10:00~15:00
見学所要時間 約60分
休日・休館 年中無休
料金 無料(護摩木1本 200円)
予約方法 電話かFAXで

今月のイベント情報

南瓜大師供養 平成28年12月22日(木)10時~
かぼちゃ大師と呼ばれる弘法大師木像を本堂に移し、冬至の日に行います。中風除けや、ぼけ封じにご利益があるといわれています。
かぼちゃの煮物/一膳500円(護摩木付)

周辺情報

かぼちゃ大師供養 毎年冬至の日に本院にて開催。かぼちゃ大師と呼ばれる弘法大師像に3ヶ月供え、祈祷を施したかぼちゃの炊き出し供養が行われる。中風除けやぼけ封じにご利益があるといわれている。
秋季大護摩大祭 11月第2日曜、不思議不動院。同院は、金閣寺西一帯の衣笠氷室から原谷・蓮華谷へと続く高大な狐山の山域を霊地とする真言宗根本道場。初代貫主・酒井圓心師が不動明王の夢を見て「難渋苦労し...
春季・秋季奉納護摩供 毎年5月第二日曜日と11月第二日曜日に本院護摩道場にて開催。
ギャラリー雅堂 四季折々に美しい京都の風景を、日本の伝統技術である木版画で国内外に多くのファンを獲得している井堂雅夫のオフィシャルギャラリーです。井堂雅夫の木版画をはじめ、肉筆画を含めた作品の...