三ノ宮神社

内容概要

樫原地区の総鎮守で境内には、地名の樫の古木がある。スサノオノミコト、オオヤマグイ(山の神)、サカトケ(酒の神)の3柱をまつる。源頼光伝説の鬼の話が伝わる。拝殿の天井に「酒呑童子の鬼」と「禁門の変」「素戔嗚尊」の絵は有名、だるま商店の作品。神社の前には国指定の樫原廃寺跡公園がある。樫原は宿場町として栄え、この一帯は町並保存地区の指定がある。幕末の禁門の変の戦いで闘死した3柱の志士の墓、その足跡もあり散策すると約1時間あまりかかる。

【正式名称】
三ノ宮神社(さんのみやじんじゃ)
【住所】
京都市西京区樫原杉原町12-1
【電話番号】
075-381-5230
【FAX】
075-381-5230
地図表示
交通案内 阪急桂駅西口市バス、三ノ宮街道下車徒歩2分
駐車場情報 不可
車椅子による見学 不可
見学所要時間 約20分
休日・休館 なし
料金 なし
予約方法 なし

周辺情報

樫原札の辻 三士殉難の地  この樫原の地(元葛野郡岡村。のち川島村と合併して川岡村)は、江戸時代には交通の要衝として、本陣や旅宿が設けられていた所である。

 元治元年(1864)7月19日早朝より始まっ...
大妙寺  妙音山(みょうおんざん)と号する日蓮宗の寺である。

 当寺は、暦応3年(1340)、日朗(にちろう)門下の九老僧の一人である妙音阿闍梨日行(みょうおんあじゃりにちぎょう)を開...
樫原廃寺跡 古代寺院の遺跡。1967年(昭和42)宅地造成に際し発掘調査を行った結果その遺構がわかる。寺名不詳で土地名を冠し樫原廃寺とよぶ。遺構の中心は八角形の瓦積基壇をもつ塔。四天王寺式伽藍で...
樫原札の辻 三士殉難の地 この樫原の地は、江戸時代には交通の要衝として、本陣や旅宿が設けられていたところである。元治元年(1864)7月19日の蛤御門(はまぐりごもん)の変で、長州藩は、会津・薩摩の両藩を中心...