印空寺

内容概要

その昔、俳人松尾芭蕉が「名月や 池をめぐりて 夜もすがら」と詠んだといわれる広沢池の東200m、「一条山越通」交差点より西へ2軒目にあります。
元禄元年(1688)に印空上人が時の仁和寺門跡覚隆法親王より土地を賜り開山し、明治維新後の荒廃の時期を経て、平成3年(1991)に本堂、山門、庫裡の全てを一新、北山杉、桜、梅、幣辛夷(しでこぶし)、紅葉などが植えられ、作家の冨永航平氏が「二河白道」と名付けられた石庭を取り囲んでいます。また、「葉書」の語源とされる樹齢300年、高さ15mの多羅葉(たらよう)の樹は京都市保存樹に指定されています。

【正式名称】
印空寺(いんくうじ)
【住所】
京都市右京区山越西町8
【電話番号】
075-872-4625
【FAX】
075-872-4635
地図表示
交通案内 市バス26系統(京都駅発)市バス10、59系統(三条京阪発)「山越」下車、交差点直進右側、市バス11、75系統「山越中町」下車「一条山越通」交差点左折右
駐車場情報 乗用車5台分
車椅子による見学 山内段差あり、介助者が必要です
拝観・開館時間 7:00~17:00
見学所要時間 約30分
休日・休館 ありません
料金 ありません
予約方法 本堂拝観ご希望の方は声をかけてください。(電話予約可)
備考 通常本堂は施錠しています。
庭の通り抜けは自由です。

周辺情報

遍照寺  廣澤山(ひろさわざん)と号する真言宗御室派の準別格本山である。

 当寺は、永祚元年(989)宇多(うた)天皇の孫にあたる寛朝(かんちょう)僧正が円融上皇の御願により広沢池北...
京都市宇多野ユースホステル ・客室41室(和室4室、洋室37室)・定員170人・休館なし・宿泊料金(素泊まり・税込) 3、4、6人部屋 3,390円 2人部屋(バス、トイレ付) 4,110円(2名で利用時の1名分) ※ 19...